MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIRFLIP

2017.04.04UPDATE

AIRFLIP

メンバー:Satoshi(Gt/Vo) GUCCI(Gt/Cho) Fujimon(Ba/Cho) Ritsuya(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

昨年6月にバンドにとって初の全国流通盤となる1stミニ・アルバム『MILES FLAG』をリリースし、ようやくスタート・ラインに立てたと語った大阪のポップ・パンク・バンド AIRFLIPが、スタート・ダッシュの勢いを今後の活動に繋げるため、ライヴ会場&通販限定EP『BRAND NEW DAY』をリリース。日本語詞に挑戦したタイトル曲を始め、今までにないAIRFLIPを詰め込んだという計4曲からは、バンドの成長と共にライヴでファンと一緒に楽しみながら、自分たちの音楽をさらに多くの人に届けたいという想いが窺える。

-昨年6月に『MILES FLAG』をリリース後、北海道から九州までツアーしましたが、新作の話の前に、そのツアーでどんな手応えを得られたか教えていただけますか?

Satoshi:全国流通盤のリリースが初めてだったので、僕らが足を運ぶ前から音源を持っている人がいるのが新鮮でした。

Fujimon:初めてライヴを観に来たという人が増えました。"MVを見て、ライヴに来ようと思いました"という人が多かったんですよ。

-じゃあ、自分たちの音楽が多くの人に届いているという実感もあったわけですか?

Fujimon:今までよりは(笑)。名前をちょっとずつ知ってもらえているのかなという実感はありました。

Satoshi:それと同時に、ライヴで自分たちはこういうことをしたいんだっていう流れが以前よりも明確になりました。

GUCCI:ライヴで何を伝えたいか、よく考えてステージに上がるようになりましたね。

Satoshi:全国流通盤をリリースしたことで、周りからの見られ方も変わったと思うんですよ。それに対して、自分たちも下手なライヴはできないぞというプレッシャーを感じていたこともきっかけになって、意識が変わったんだと思います。

-ツアー中、ハプニングはありました?

GUCCI:順調でした。何かトラブったかな......何か起こしておいたらよかったですね(笑)。

-いやいや、何もない方がいいんですよ(笑)。

Fujimon:エンストはツアー中だったっけ?

Ritsuya:あ、ありましたね。

Fujimon:車がエンストして、ふたりで押したんですけど、それはたぶんツアー中ではないです(笑)。

GUCCI:ツアー以外ではいろいろあったんですけどね。僕がリュックを丸々盗まれたとか(笑)。

-日本で?

GUCCI:いや、韓国で。去年の12月にライヴに呼ばれて行ったんですけど、そのときに。

Fujimon:コンセントが合わへんくて、火が出たりしたな(笑)。

Satoshi:電圧が違ったんで。

-演奏中に?

Fujimon:いや、リハだったからよかったんですけど、これはやばいって急遽、100円ショップに走って、変圧器を買ってきて。

-へぇ。それは大変でしたね。ところで、ツアー中に曲作りをしていたそうですけど、それは今回のリリースに向けて?

Satoshi:制作期間をばーんと取るのではなくて、曲ができるたびにレコーディングして、ある程度まとまったらリリースしようかって、そういうやり方でやっているんですよ。だから、他のバンドさんだったら、次はどういうアルバムにしようかというコンセプトを考えるところから始めて、それに合わせて曲を作り始めることが多いと思うんですけど、僕らはそのときそのとき、頭にあるものをまず作ってしまうんです。

-そのときやりたいことを曲にしていこう、と。

Fujimon:器用にできないんです。だから、ヒマがあったら曲を作っておこうかって(笑)。

Satoshi:ヒマはないけどな(笑)。

-じゃあ今回も、いい曲が揃ったからリリースしようかという流れだったんですね?

GUCCI:ただ、今回は録り溜めた4曲をただ出したわけではなくて、メインになる、いわゆるリード曲が欲しいというところで、全員で考えて。

Satoshi:リード曲だけは今回のEPを出すことが決まってから、最後に全員で作りました。

GUCCI:初めてスタジオでセッションしながらゼロから作っていったのが「Brand New Day」(Track.1)なんです。これまでは誰かが固めてきた曲を、スタジオでアレンジしていたんですけど、「Brand New Day」は"こんなリズムやってみよう"とか、"こんなフレーズやってみよう"とか、いろいろやりながら作っていったんです。