MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIRFLIP

2017.04.04UPDATE

AIRFLIP

メンバー:Satoshi(Gt/Vo) GUCCI(Gt/Cho) Fujimon(Ba/Cho) Ritsuya(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-「Brand New Day」を作るにあたって、リード曲になり得る要素として求めたものって、どんなことだったんですか?

Satoshi:今までと違うものをどんどん見せていかないといけないと思いました。『MILES FLAG』をリリースしてから、ツアーを回りながらセンターに立って感じたんですよ。MCでも想いは伝えられるけど、MCから曲の流れに持っていくとき、もっと流れを作りやすいというか、伝わりやすくできたらと感じて、今回、初めて日本語の歌詞に挑戦してみたんです。

-これまで英語で歌っていたAIRFLIPが日本語で歌うことについては、思うところもいろいろあったんじゃないですか?

Fujimon:メンバー全員、日本語にすることに抵抗はなかったと思います。日本語の歌詞の当てはめ方を含め、不自然じゃなかったらやりたいと僕は思っていました。

Satoshi:そのぶん、作詞に一番時間がかかってしまったんですけど(笑)。はっきり聴き取れるからこそ、どういう言葉を選んだらいいかのか、レコーディングの当日まで、歌詞は詰めてました。

-曲はセッションからできたということだったんですけど、いつごろ作り始めたんですか?

Fujimon:(昨年の)11月に入ったぐらいから合わせ始めて......最初はリズムとコードだけだったんですけど、なんとなくヴォーカルを乗せながら、まずサビが決まって、そこから、"じゃあ、このリフで始めよう"とか、"Bメロはなしにしよう"とか、みんなでああだこうだ言いながら、なんだかんだ、サビが決まってから全体ができあがるまで1週間ぐらいかかりましたね。

Satoshi:今までは自分たちがやりたいことを最優先にしていたというか、自分たちがかっこいいと思うものをアウトプットしていただけなんですけど、今回は、お客さんがライヴでどう遊べるか、楽しめるかということを、最初に考えたんです。どういうメロディで、どういうリズムにしたら踊ってくれるのかイメージしながら作りました。

GUCCI:昔、ライヴハウスに足を運んだり、フェスに行ったりしていた、いちリスナーだったころに立ち返って、自分がライヴを観に行ったとき、どんな曲だったら手を上げるかなとか、一緒に歌うかなとか考えて......ポップ・パンクってスタスタスタって速いビートで、ダイヴをうわーってやるようなジャンルじゃないから、どうしたらみんなで楽しめるのか結構考えましたね。

-そういう意味では、チャレンジングな曲だったわけですね?

GUCCI:結構長い尺のギター・ソロも入ってますしね(笑)。『MILES FLAG』で初めてギター・ソロを導入したんですけど、今回はそれが長尺になりました。そんなところも新しいと思います。「Brand New Day」はギター・ソロを弾きながら、"うわっ。でかいステージが見えた!"って笑いながら作った記憶があります(笑)。

-お客さんをノせるという意味では、間奏のハネるビートも含め、ドラムのリズムも大きかったんじゃないですか?

Ritsuya:大きかったですね(笑)。今までは速いとか、激しいとか、そういうビートばかりだったんで、どうやったらいいんだろうって、まだ考えているところなんですよ。慣れていないリズムなんで難しかったですね。

GUCCI:間奏のリズムは、いろいろな人からアドバイスをもらいながら考えたんですけど、"ああいうサンバっぽいビートは、みんな好きだよね。でも、俺らのジャンルや、やっている曲には合わない"という思い込みがあったんですよ。だから初めは入れてなかったんですけど、"1回やってみる? 間奏やし大丈夫ちゃう?"ってやってみたら、意外としっくり来たんで――

Fujimon:やっちゃおうって。

-その一方で、全員でシンガロングするコーラスを加えたり、2番からは演奏の厚みが増したり......。

Fujimon:はい。そこはもともとの要素もちゃんと入れて。

GUCCI:シンガロングのアイディアはFujimonが持ってきたんですよ。

Fujimon:そういう、いいアイディアを結集しました(笑)。

-歌詞を作るうえではどんなところが大変でしたか?

Satoshi:落ち込んでいても時間が経ったら、いつか笑い話にできるという前向きなことを歌っているんですけど、英語と当てはめ方が違うというか、その言葉を使いたいと思っても、歌うときのアクセントがメロディとずれてしまうと使えないから、アクセントを合わせながら意味が通じるような言葉を選ぶのが難しかったです。と言っても、(日本語の歌詞は)Aメロとサビだけですけど。

-『MILES FLAG』をリリースするとき、老若男女が楽しめる作品と言っていましたが、「Brand New Day」をきっかけに老若男女の幅がさらに広がっていきそうですね。

Satoshi:そこは一番の目的ですよね。聴いてくれる人の幅を広げたいんです。