MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIRFLIP

2017.04.04UPDATE

AIRFLIP

メンバー:Satoshi(Gt/Vo) GUCCI(Gt/Cho) Fujimon(Ba/Cho) Ritsuya(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-その他の3曲についても聴きどころを教えてもらってもいいですか? まずは「Call Me David」(Track.2)。

Fujimon:楽しい曲をやりたいという気持ちからできた曲です。90~00年代のポップ・パンクってこういう縦ノリの曲が多かったじゃないですか。いまは複雑な曲をやっているバンドが多いけど、こういうシンプルな縦ノリの曲が欲しかったんですよ。"こんなのどう?"って提案して、みんなで練っていきました。

Satoshi:Fujimon的な聴きどころは(笑)?

Fujimon:全部(笑)。強いて言うなら、最後のサビの展開が個人的には気に入っていて、4ビートから縦ノリになって、コードが下っていくところが好きです。

-歌とコーラスの掛け合いはライヴでやったら盛り上がりそうですね?

Fujimon:お客さんに歌ってもらえるところをいっぱい作りたかったんです。それで最初、"HEY!!"はずっと入れてたんですけど――

GUCCI:何回言うねん。そんな言わんやろって(笑)。

Fujimon:減らそうと言われました(笑)。それでも一緒に歌えるところがたくさんある曲なので、覚えてもらって、手を上げてもらったり、一緒に歌ってもらったりしながら楽しめたらいいですね。

-この曲もギター・ソロが入ってますね?

GUCCI:これも結構長めですね。

Fujimon:「Brand New Day」のあとに作ったんですよ。だから、"GUCCI君、やっちゃおうぜ"って(笑)。ギター・ソロを弾いているとき、めっちゃ気持ちよさそうだから、こっちも気持ちよくなるんですよ。

-ギタリストとして、新たに開眼したところもある?

GUCCI:そうですね。今回、新しいことに挑戦することがEP全体のコンセプトなんですけど、ギタリストとしても新しいことにチャレンジできたと思います。

Satoshi:新しいことと言えば、3曲目の「Over Nostalgia」は「Brand New Day」の前に作ったんですけども、何か新しいことを入れたいと思って、サビだけ日本語の歌詞を入れて、どんなもんだろうって試してみたんです。

-これはRitsuyaさんが得意としている――

Ritsuya:はい、速いやつです(笑)。

-4曲目の「Days In Avenue」は印象的なベースのフレーズから始まりますね。

Fujimon:僕が作った曲なんですけど、イントロのベースはかなり昔からあったフレーズで、それを使った違う曲もあったんですよ。結局、それはやらなかったんですけど、「Days In Avenue」は僕がどうしてもやりたいと言って――

GUCCI:ライヴ前の音出しで、いつもそのフレーズを弾いてたんですよ(笑)。

Fujimon:めっちゃ気持ちいいんですよ(笑)。

GUCCI:何のフレーズだろうなと思ったら、新曲のアイディアだったっていう(笑)。

Fujimon:AIRFLIPに入ったころから弾いてたかもしれないです。それがやっと曲になりました(笑)。とにかく気持ちいい。あれ弾いていると、頭に浜辺の景色が浮かぶんです。それで、Satoshi君に"夏の終わりのイメージで"と伝えて、そういう歌詞を書いてもらいました。

-そんなふうにイメージを指定されないときは、歌詞はどんなところからインスピレーションを得ているんですか?

Satoshi:特にテーマは決めずに、曲のメロディのイメージに合わせてとにかくいっぱい書いて、その中から言葉を繋ぎ合わせていくんです。

-無意識のうちに、そこにそのときの自分の気持ちが表れるわけですか?

Satoshi:そういうときもあります。書いて書いて、そういうものが見えてきたら、一気にそっちに寄せて書き上げるんですよ。

-今回、日本語の歌詞にしたことで、そういう自分の内面がはっきりと伝わるじゃないですか?

Satoshi:めっちゃ照れくさいです(笑)。自分で言葉を選んで作った歌詞を、そのままの意味で聴いてもらうことに慣れてないから恥ずかしいですね。

-でも、飾ってはいない?

Satoshi:ちょっと飾りました(笑)。でも、そのままの意味を書いたつもりです。

-日本語の歌詞の曲は、今後増えていきそうですか?

Satoshi:曲に合う合わないを考えながらですけど、増えていくと思います。

-バンドのオフィシャル・サイトに"EPは序章です!!"と書いてありましたが。

Fujimon:意味深ですよね(笑)。

Satoshi:今年は動きを止めずに、がっつり活動していきたいんですよ。今ツアーのファイナルとかで、次の動きについても発表できたらいいなと考えてます。

-早くも新曲の制作に取り掛かっているんですか?

Satoshi:はい、1曲録り終わりました。

Fujimon:来週もレコーディングなんです。

Satoshi:ずっと同じことをやっていても仕方ないので、AIRFLIPらしさは残したまま、"こんなAIRFLIP初めて!"と思ってもらえるものをどんどんやっていくつもりです。