MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MERRY

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

MERRY

メンバー:ガラ(Vo) ネロ(Dr)

インタビュアー:TETU★KID

-最後の"そんなに羊は好きじゃなかった"っていうフレーズにはびっくりしました(笑)。

ガラ:まぁMERRYってバンド名ですけど、羊って実は目が怖いですし、フワフワしてるように見えますけど、近くに寄るとめっちゃ臭いし、めっちゃベタベタしてるんで(笑)。でも最後の"嗚呼 やっぱり僕は猫が好き"って一節も、僕は犬飼ってて犬派なんでこれも"嘘つき"というテーマに沿っていて。なぜこれを書いたかっていうとCDの特典のステッカーでフテネコっていう猫のキャラクターとコラボしていて、それを描いてる芦沢ムネトさんと最近知り合って飲んだりとかしてて、"いつか一緒にやれたらいいですね"って話をしていたのをここで思い出したんです。それで"今回ここでやるしかない、今だ!"って思って。今回いろいろ繋がった曲になってます。

ネロ:メガシャキのCMも狙ってたんだよね(笑)?

ガラ:ゴールデンボンバーで、今はキュウソネコカミで、その次を狙っていきたい(笑)。MERRYだから羊ってことで、眠いっていう感じを出してるから、来るといいね。

ネロ:まさかのカップリング曲で(笑)。

-そして、Track.3「絶望 feat. 増子 直純(怒髪天)」ですね。

ガラ:兄貴が(笑)。昨日もMCで言ったんですけど、前回『ZERO -ゼロ-』のときにROTTENGRAFFTYのNOBUYAさんとN∀OKIさんとこの曲でコラボさせてもらって、今回もコラボしようかって話がでたときに、また「絶望」でやってもらって、それがどんどん増えていってアルバムになったら面白いなって話になって、ライヴでも欠かせない曲ですし。それで僕が普段からお世話になってる増子さんに直接電話して、"コラボしていただきたいんですけど"って言ったら快く引き受けてくれて。素晴らしい歌を歌ってくれましたからね。

-最初のひと言入る部分から増子感がありますよね。

ガラ:あれも"何か口上が欲しいんです"ってお願いして、その場で考えて入れてくれましたからね。あと増子さんって歌のキーが高いんだなって。僕ってわりとキーが高くて、「絶望」の歌もキーが高いんですけど、怒髪天聴いてるとそんなイメージなかったんで、"もし何かあれば1オクターヴ下で歌ってください"って書いてたりしてたんですけど、コツーンって出してましたし、最初の"絶望、絶望"って歌うところも鳥肌が立つぐらいだったので。終わったあとに増子さんが"やっぱ俺、MERRYの曲合うわ。"って言ってくれて。

-候補は他にもいたのですか?

ネロ:まぁ僕らもお世話になってる人がいいねって思ってたし、あとは聴いてみたいっていう。でも人生の先輩感を感じましたね。増子さんの声が泣いてるなって。怒髪天って応援ソングじゃないですか、でも高い声になると急に切なく聴こえるなって思って。男として、人生の先輩として、説得力あるなって思いましたね。

ガラ:説得力はすごいよ、懐も広いしね。いきなりコラボしたいです、って言われていいよってやってくれるその懐の広さってすごいですよね。

ネロ:1時間で終わらせて帰るってのもかっこいいよね。

ガラ:かっこいいよ!

ネロ:"もう帰ったよ"って言われて、差し入れで買って来た今川焼を全部自分で食べましたもん(笑)。

-(笑)今後の予定は9月からまたツアー"NOnsenSe MARkeT 2F"がスタートしますね。その後はいかがですか?

ガラ:今年は"Grateful Year 2015"って冠をつけてずっとやってきていて、11月に僕らは14年目を終えて15年目に突入する年になるので、11月7日が初ライヴの日なんですけど、MERRYにとって大切な日はみなさんに空けておいて欲しいなと思います。せっかくこういうツアーをやってるんで、なんらかの形でMERRYのフェスをこの先やってみたいなって思いますし、先のこともどんどん決まってきているので、MERRYの重要な日は空けておいてもらって、期待しておいてもらいたいです。(※11月に東京と京都でMERRY主催フェス"NOnsenSe MARkeT 3F -ラムフェス-"の開催が発表されている)

-最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

ガラ:先日、激ロックのライヴハウス下北沢 LIVEHOLICで真空ホロウとやらせていただいて、またやろうと再会を約束したんですが、松本君ひとりになってしまい、寂しいMERRYなわけですが(笑)、すごく刺激的なイベントだったので、また激ロックのイベントに呼んでもらえるように俺らもかっこいいバンドになりたいなと思いますし、ぜひ今度The BONEZとやってみたいですね。激ロックでしかできない組み合わせってあると思うので、これからもよろしくお願いします。

ネロ:アー写とかいろいろこの『Happy life』のインタビューを読んで、MERRYについて考えてくれたと思うんですけど、MVも観ていただいて、まさに今が1番尖ってるってところを確認してもらいたいですね。さっきガラも言いましたけど、"Grateful Year"でマジで何が起きるかわからないですし、1番尖ってて、何をしでかすかわからないバンドってのはいついかなるときも健在なので、MERRYから目を離さないでください。