MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MERRY

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

MERRY

メンバー:ガラ(Vo) ネロ(Dr)

インタビュアー:TETU★KID

-ツアーを経て楽曲が完成されてきたなと感じました。僕が観たのは『NOnsenSe MARkeT』リリース前の渋谷 CLUB QUATTROで披露されたときと、今回ツアーを回られたあとで。ライヴの中での爆発力がすごくて、曲が育ったのを見て感動したんです。お客さんも曲を覚えていって、お客さんとのぶつかり方でも曲が変わってきているのかなと思いました。

ガラ:アルバムがメインのツアーなんで、あんまり今回曲順と変えてないんです。アルバムを軸にやっていて。『Happy life』の初回盤に付いているDVDにライヴ映像を収録してるんですけど、そのときにやっていたのと俺らもお客さんもノリが違うし、なんかライヴやっててお互いの信頼関係が増してるなって感じます。このアルバムを作ってバンドが力強くなったなって感じますし、いいアルバムを作ったんだぁって、ライヴやりながら実感しますね。

ネロ:これだけ歌詞の世界観や楽曲の世界観をこだわっていて、なおかつ聴いた人に考える余白を与えられてよかったなって思います。この余白をちゃんと埋めてくれる、コール&レスポンスのレスポンスがあるので、そこが今までとの1番大きな違いかもしれないですね。ちゃんと答えを返してくれるような感覚でお客さんは来てくれるので、今まで以上に意味のある1本1本になっていますね。

-そしてそのツアー中にニュー・シングル『Happy life』をリリースされますが、昨日MCでも言ってましたが、アーティスト写真で笑いすぎなんじゃないか?という......(笑)。

ネロ:これも賛否両論なんですが、嬉しいことなんですけど、注目されてないと賛否も何もないので。ちゃんと見てくれてるんだって実感はありました(笑)。ただ、MERRYのイメージって人それぞれあると思うんで、これがいいって人もいれば、"MERRYどうなっちゃうんだ?"って思う人もいて。でも僕ら的には「NOnsenSe MARkeT」、「千代田線デモクラシー」でガラが笑顔でアンチテーゼをすでに歌っているので、次のMVもちゃんと意味を出したいなと思っていて。いわゆるオチになってるんですけど、もちろん歌詞もあなたたちで考えてくださいって余白の部分が残っているので、すべてを含めて、できれば「NOnsenSe MARkeT」、「千代田線デモクラシー」からこの「Happy life」のMVを観て欲しいですね。聴いた人が考えて答えを出してくれたらいいなと思ってます。

-歌詞はどのようなことを歌っていますか?

ガラ:アルバムを出してからの流れってのもあると思うんですけど、今の自分の気持ちをよりストレートに書けたかなって思います。最初にサビの"世界がどうなったって別にそれでいい"って一節が出てきたときにこの曲の方向性も決まりました。それだけ聴いちゃうと投げっ放しだったり、関係ねえよって感じに聴こえるかもしれないけど、人それぞれの幸せってあると思うし、みんなそれぞれがそれを大切にしてるんじゃないかなって。ニュースを見てても良いニュース悪いニュース、事件事故はいっぱいありますけど、俺らの生活って変わらないじゃないですか。当事者は違うけど、俺らは酒飲んでライヴしてっていつもと変わらない生活があって。なんかそこにギャップを感じてしまって、"俺なりの幸せって何なんだろう?"って考えたときにやっぱりこうやってバンドをやれて、ライヴをやれて、ファンがいてくれて、そういうところが俺の1番の幸せだなって思って。俺なりの、MERRYなりの幸福論ってこういうことなんだろうなって思って歌詞を書いたんです。自分的には80年代、90年代の丸裸なパンクのイメージなんですけど(笑)、包み隠さず書きましたね。少し恥ずかしくなるような感じもあるんですけど、今まで出せてなかった新しい自分の一面を出せてると思いますね。

ネロ:対バンでやってて初めてMERRYを観る人も多いと思うけど、今までMERRYを観てくれてたファンがライヴで聴くとまたイメージが違うと思いますね。

ガラ:今まで不幸とか悲しいとか、幸せになりたいって歌を歌ってきたんで、"Happy life"ってタイトルでみんな"えぇ!?"ってなっちゃってるんですよね。みんなそれぞれの幸せ、幸福論を見つけて欲しいし、アルバム出してツアーやりながらこの歌詞も書いてたんですけど、僕の中でアンセムな曲というか、サビはみんなで手を上げて"世界がどうなったってそれでいいんだ!"って、みんながそれぞれの幸せを思いながら歌って、みんなでひとつになるってイメージだったんです。そういう曲になってくれたらいいなって思ってます。

ネロ:MERRY流の幸福論ですね。

-そうですね、曲調も物悲しさがあって、ちゃんとMERRYの曲なんですよね。

ガラ:みんな"Happy life"ってタイトルにヤラレたんでしょうね。

-そうですね、僕も曲を聴く前にこのタイトルを見て......。

ガラ:で、このアー写でね(笑)。