MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MERRY

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

MERRY

メンバー:ガラ(Vo) ネロ(Dr)

インタビュアー:TETU★KID

-昨日(※この取材は2015年7月7日に行いました)のshibuya duo MUSIC EXCHANGEでのライヴは去年に引き続いての誕生日ライヴでしたね。改めてお誕生日おめでとうございます!

ガラ:ありがとうございます! 今年はツアーの中の一環で、"浅田地獄"というタイトルでやらせてもらいました。ツアーのセットリストでもない特別な仕様でお客さんに楽しんでもらえたみたいで。みなさんのおかげで良い誕生日が迎えられました。

-その"浅田地獄"に共演者としてストロベリーソングオーケストラが選ばれていましたが、出演を決めた経緯を教えていただけますか?

ガラ:ファンの人が"ガラさんたぶん好きだと思うので"といってCDをプレゼントしてくれたのがキッカケだったんです。それで、CDを聴いたら僕の好きな寺山修司さんとか丸尾末広さんの世界観に近くて、一発で好きになりました。そのことをブログで書いたらストロベリーソングオーケストラの座長さん(宮悪戦車)がコメントをくれて(笑)。"浅田地獄"ってタイトルに"これはもうストロベリーソングオーケストラに頼むしかないな!"と思ってオファーさせてもらいました。

-現在ツアー中ですが、ツアーはいかがですか?

ガラ:ハズしてるライヴはないと思います。

ネロ:大変刺激的なツアーになってますね。今までと違って相手がいてもMERRYの冠を立ててできている。対バン相手がMERRYの曲をやってくれたり、いい感じで今までの横の繋がりが活かせてますし、いい意味で僕らにもイヤラしさが出ていますね。ステージの上ではガチで、ステージを降りたら仲間といういい温度差もちゃんと出せている気がします。

ガラ:対バン相手のみんなも楽屋にいると和気あいあいと喋っているんだけど、本番になるとスイッチを入れてくるんですよね。それが伝わってくるんで、俺らも刺激になります。やっぱりワンマンのときとは全然違いますよね。気持ちの乗り方とか、"カマしてやろう!"って俺も思いますからね。先ほども言いましたが、今のMERRYはハズしてるライヴがないって自分たちでも思いますからね。いつ観ても、どこで観ても、恥ずかしくないライヴができていると思っています。それになんかファンの子の感じが変わったってネロ言ってたよね?

ネロ:これはどんなジャンルのバンド相手でもスタンスを変えずにやってきた結果がお客さんにも出てきた感じはありますね。昨日はMERRYのファンが大半でしたけど、ファンが会場をあたためてくれてる。いろんな対バンに対して正直というか、良いバンドならすごく良い反応してるし、と言っても悪いバンドはいないんですけど(笑)。良い感じでファンも一緒に成長できてる感はありますね。数年前はジャンルの壁がって言ってたバンドもいたし、俺らも感じてたけど、それが恥ずかしくなってきたというか。別にもうカッコよければありでしょってスタンスになってきてる。そこの気持ちの共有ができている感覚はすごく嬉しいことです。

-そしてツアーの後半戦でもある[Grateful Year 2015"NOnsenSe MARkeT 2F"]も発表されましたが、こちらで共演するバンドについても教えてください。

ガラ:今メンバーが刺激を受けているバンド、共演して面白いことになるだろうバンド、純粋に対バンしたいバンドを選びました。QUATTROシリーズで対バンする人間椅子なんてただのファンです(笑)。自分らも楽しみだし、ファンの方もどうなるか楽しみにしてて欲しいです。その他もガガガSPも好きで聴いてましたし、a flood of circleもずっと前から好きで、いつかずっとやりたかったバンドでしたね。今回さらに今までの望みが叶って、四星球やザ50回転ズ、LIPHLICHとも共演できることになりました。四星球に関してはROTTENGRAFFTYのNOBUYAさんと"なんか面白いバンドいないですか?"って話をしてると絶対名前が挙がるんですよ。あと夜の本気ダンスとか。ガガガSPもNOBUYAさんが"MERRYとやったら面白いんじゃない?"って言ってくれたんです。いろんなバンドにも"最近どんなバンドがかっこいいと思いますか?"って聞いて、なるべくアンテナ張るようにしてて、ツアー前半よりまたぶっ飛んだバンドがたくさん出てくれます。

ネロ:四星球に関しては気になりすぎて僕、ワンマン行きましたからね。久しぶりにバンドのライヴで腹抱えて笑いました。まさに"ナンセンス"なところが共通してるというか。他の人たちにとってどうでもいいことを一生懸命やってる人たちというか。そこに価値を求めている人たちが集まってくれて、見せ方は違えど近いものがあって。こんなまじめなことを言うよりも、生で観るとマジで面白いので(笑)。

ガラ:大人になるとなかなかそういうことできないですからね。