MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ONE OK ROCK

2012.08.09UPDATE

2012年08月号掲載

ONE OK ROCK

メンバー:Taka (Vo) Toru (Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-今回は新しいシングルの話を伺いたいと思っています。が、その前に5月に発売されたライヴ映像(『“残響リファレンス”TOUR in YOKOHAMA ARENA』)について、どうしても聞きたいことがあって。ライヴの後半にプレイされた「Nobody’s Home」でTakaが目頭を押さえ、突然歌えなくなり、Toruがニヤッと笑顔を浮かべるシーンがありましたよね。あれはどういう状況だったんですか?

Taka:まあ、あの、普通に歌詞が飛んでしまった、というシーンですね(笑)。

-ははははは、そうですか。

Taka:あの曲は家族に向けて書いたものなんで、僕の中では武道館で歌ったときとはまた違う感覚があったんですよ……。特定の人に向けた曲が、あの瞬間にすごくみんなの歌になった気がして。“あっ、この曲を普通にみんなが歌ってる!”と思ったときに歌詞が飛んじゃって、そういうシーンですね(笑)。

-歌詞が飛んで、目頭を押さえたと?

Taka:そうですねぇ。

-そうじゃないでしょ(笑)?

Taka: (笑)。気持ち的には、あれだけ多くの人が自分たちの曲を歌ってくれているんだなと。ましてや、ファンのためではなく、自分の家族に向けて作った曲を歌ってくれてると思うと、なんだか感慨深い気持ちになって。

-パーソナルな感情を託した楽曲を、多くのオーディエンスが歌ってくれた。それがTakaの中でどう感慨深かったんですか?

Taka:いままで自分たちの原動力になっていたものは、悔しい、負けたくない、バカにされたくない、という気持ちで。一見ネガティヴなようで、実はバンドにとってパワーの源になっていたものなんですよ。でも武道館公演ぐらいから、そういう感情が少しずつ違うものになっている気がして。もう、あれだけの人が自分たちのことを受け入れてくれているんだから……それは怒りという感情だけでパフォーマンスできる次元ではなくて、むしろ感謝だし、最初にあったネガティヴな気持ちが感謝に変わるって、なかなかないことだと思うんですよ。もちろん、今のバンドの勢いや流れは止めたくないし、それをいかに自分たちの中でさらに上にいけるパワーとして養っていけるか考えて。改めて確認させられる状況が、あの横浜アリーナでしたね。

-内面に凝り固まっていたものが、横浜アリーナでさらに溶けたような感覚ですか?

Taka:そうなりますよねえ、やっぱり。いままでは自分という人間がONE OK ROCKでどう生きるかばかり考えていたけど。そうではなくて、ONE OK ROCKとしてどう生きていくのか。あくまでも自分はバンドの一員なんですよ。自分がどうするかなんて、ぶっちゃけ、どうでも良くなりました。バンドとしてどうするかが今後はすごく大事になっていくなと思って。

-なるほど。Toruはあのときに何を考えてました?

Toru:本編最後で、もちろん緊張もあったけど、冷静にみんなの顔を見れたんですよ。ライヴが始まってからの流れ、バンドのこれまでの道のりとかも思い出して……(横浜アリーナの)2日間がもう終わってしまうのかという気持ちと、このステージに立てて良かったなあという思いが交錯して。単純にすごく嬉しかったですね。“来てくれて、ありがとう!”という気持ちがあの曲で爆発したのかなと。

-バンドとしては横浜アリーナ公演以降もライヴは続いているわけじゃないですか。で、6月には初めてのアジア・ツアーも行いましたよね。やってみた感触はどうですか?

Taka:本当、アジア・ツアーは驚きが大きかったですね。自分たちを知ってる人がこんなにいるんだと思って。多分、ホームページやYouTubeで自分たちの情報を仕入れるしか方法がないと思うんですけど、よく知ってるな!と思って。もうアウェイじゃないんですよ。ホームなんですよね。ちょっと見方を変えると、日本よりも盛り上がってるんじゃないかと思うほどで。“待ってたよ!”という雰囲気だったり、お客さんが1つのカタマリとなって大合唱してくれるんですよ。あれは衝撃的でした。

Toru:すごく待ってくれていた感じが伝わってきましたね。いざライヴをすると、海外も日本と同じように盛り上がってくれるし、壁ってないなと思いました。

-実際にライヴをやって、肌身に感じたと?

Toru:そうですね。初めての海外で、いきなりのワンマン・ライヴというとことで……それってなかなかない経験だと思うんですよ。向こうでCDも出してないし、どういう状態で待ってくれているのかもわからなかったですからね。だけど、本当に期待して待ってくれてたから。俺らはここに来て良かったんだなと思いました。ライヴ自体も素直に楽しめたんですよ。だから、またこれからもどんどん海外に行く必要があるなって。