MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LETITOUT-lelia-

2021.08.10UPDATE

2021年08月号掲載

LETITOUT-lelia-

メンバー:Minaho(Vo/Gt) Kana(Gt) Momo(Ba) Narumi(Dr/Vo)

インタビュアー:杉江 由紀

私たちにとっては、"これ"が初めてのラブレターなんです


-ところで。「Love letter」も歌詞のクレジットがバンド名義となっているのですが、こちらはどのようにして書いていったことになるのでしょう?

Minaho:この歌詞は最初に"スタートラインに立つ"っていうイメージで書き始めたもので、ラブレターがテーマだったわけではなかったんです。最初はメンバーみんなでいろいろな言葉を紙に書いて持ち寄って、それを組み合わせながら歌詞を作っていくなかで、だんだんとこの完成形に近づいていったんですよ。

-そのような作詞方法は、なかなか時間がかかりそうですね。

Minaho:いやもう、めっちゃ時間かかりました(苦笑)。

Momo:でも、そのぶんお互いにひとりじゃ出てこなかったようなワードが出てきた感じだったよね。

Minaho:そうそう。この詞は、4人それぞれのいいところがひとつになった感じなんです。これまではみんなでアイディアを出しあうこともあれば、個人で書いたり、誰かが書いたものにつけ足していったりということをやってきてましたけど、この1st EP『L』を作ったタイミングでここまでガッツリと4人で詞を書けたのは、LETITOUT-lelia-にとってすごくいい経験になりました。

-そして、この「Love letter」というのはおそらく恋愛的な意味でのそれではなく、LETITOUT-lelia-から聴き手のみなさんへのメッセージという意味なのでしょうね。

一同:そのとおりです!

-声が見事に揃いましたね(笑)。

Minaho:「Love letter」にはバンドとしての自分たちの今のスタンスと、未来に対する想い、LETITOUT-lelia-の音を聴いてくださる方々に向けての気持ちを詰め込みました。私たちの音楽が、みんなの宝物になってくれるといいなと思っています。

-ちなみに、4人の中でこれまで、プライベートでラブレターを書いたことがあるという方はいらっしゃいます?

Kana:ないです、ないです(笑)。

Narumi:シャイなので書きません(笑)。

Momo:あげたことないですねぇ(笑)。

Minaho:私たちにとっては、"これ"が初めてのラブレターなんです。

-デジタル至上主義なご時世にあっての「Love letter」とは実に素敵です。そして、そんな「Love letter」のMVがこのたび公開されましたけれど、こちらはLETITOUT-lelia-の素顔といいますか、普段のバンド活動や、その合間のオフショットの模様などが垣間見られるような内容となっております。とても和気あいあいとした楽しい雰囲気に仕上がっておりますが、あれは演技要素なしと考えてもよろしいのでしょうか?

Minaho:まんま普段の私たちの姿ですね。レコーディングもあんなかんじでやってますし。

Momo:今回はありのままの自分たちを出したMVにしたかったんです。

-このMVを観ると"ライヴにも行ってみたいな!"と感じられる方も多いのではないかと思いますが、今後そうした場合には事前に1st EP『L』を聴いて来ていただくほうが、よりLETITOUT-lelia-の世界を楽しめるのではないかと思うのですよ。そこで、ここからは「Love letter」を除外した、1st EP『L』の中の推し曲をぜひみなさんにアピールしていただきたいです。

Minaho:たぶんメンバー全員これは同じ意見だと思うんですけど、私は1曲目に入っている「Hi-no-Tori」を推したいです。

-こちらは非常にハードでパワフルなロック・チューンですし、詞の内容もタイトル通りに情熱的で熱いですね。

Minaho:「Love letter」とはまた違った面で、この曲は今の私たちのことをよく表した曲になっていると思います。時期的にも1st EP『L』の中では最後にできた曲ですし、現体制になって2年くらいが経って2年前よりも成長して強くなった自分たちの姿や、大人の女性らしさみたいなものもようやくかたちにすることができた曲になりました。前だったら照れや恥ずかしさがあって出せなかった部分も、思い切って打ち出すことができた感じですね。

Kana:現時点でのLETITOUT-lelia-としてのチャレンジを、いろいろな面でできた曲になってます。

-かわいくてガーリーな「Love letter」に、誇り高く強いレディのイメージをたたえた「Hi-no-Tori」。どちらもが、あるいはそれ以外の曲たちも含めたすべてがLETITOUT-lelia-の持つ個性なのですね。

Narumi:私たちにとっては、これが新たなスタートなので、まだまだ100パーセントというわけではないですけど、この1st EP『L』から、LETITOUT-lelia-としての本格的な勝負が始まっていくんだなという感覚はすごくあります。

-ここからはやや余談になりますけれど、1st EP『L』の特典音源では、ANTHRAXの「Indians」のカバーや、アン・ルイスの「六本木心中」英語ver.などを演奏されていますよね。これらは世代的に言えば、みなさんの親御さん世代が聴いていた音楽なのではないかと思うのですが......なんとこれらはライヴでも演奏されているそうで。

Kana:最初は親の影響でQUEENとかを聴いてたんですけど、私も昔のロックが大好きになって、そのうちANTHRAXとかMETALLICAに行き着いたんです。

Minaho:アン・ルイスさんの「六本木心中」は、ライヴでカバーできそうな面白い曲はないかな? と探していたときに本来のバージョンとは違う英語バージョンがあるって知って、これはカバーしたら楽しそうだよね! って選んだ曲なんですよ。

-オリジナル曲以外に、意表をつくカバーでも、LETITOUT-lelia-はライヴ・バンドとしての魅力を発揮してくれているのですね。

Minaho:他にもAvril Lavigneの「Take Me Away」とかもやってますし、ライヴでは、これも特典音源にしか入れていないオリジナル曲のパワー・バラード「青い鳥」なんかもやっているので、ぜひ機会があったらLETITOUT-lelia-のライヴを観ていただきたいです。今年の夏はツアー"TOUR HYBRID L"をやってますので、ぜひ!

-すばり。ライヴ・バンド、LETITOUT-lelia-の強みとはなんですか?

Minaho:楽曲とパフォーマンスです。結構派手なほうだと思いますよ(笑)。

Kana:観てて楽しい、引きこまれるようなライヴを心懸けています。

Narumi:日々研究しつつ、音も重さをすごく重視してますね。

Momo:フロアとのコミュニケーションを大事にしながら、自分たちも全力で楽しんでいってる感じです。

Minaho:ライヴの場でも、それ以外のところでも、私たちはこれからもっといろんなものを取り入れながら、限界なく進んでいこうと思ってます。

-そのお言葉は、どこかLETITOUT-lelia-というバンド名とも重なりますね。

Momo:もともとはレリアという響き先行で付けた名前だったんですけど、そこにあとから意味を足して付けたのがLet it outという熟語だったんですよ。

Minaho:なんでも自分たちのやりたいことをやっちゃおう! という。限界なく内にあるものを吐き出していこうよって意味では現実にそうなりつつあるし。これからも、そこはもっと極めていきたいですね。

TOUR INFORMATION
[1st EP「 L 」Release Tour "~TOUR HYBRID L~"]

8月15日(日)熊本Django
8月21日(土)福岡 天神graf
9月24日(金)愛知 豊橋club KNOT
9月25日(土)愛知 名古屋HOLIDAY NEXT NAGOYA
9月26日(日)東京 吉祥寺CRESCENDO
10月1日(金)福岡 Queblick
11月13日(土)福岡 天神graf
オフィシャル・サイトはこちら