MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

mildrage

2018.12.13UPDATE

2018年12月号掲載

mildrage

メンバー:t.e.p.p.e.i(Vo) MEG(Vo) Jun(Gt) Kaz Nakamura(Ba) Kengo(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-歌詞はかなり怒ってますよね?

MEG:はははは(笑)。たしかにかなり口調は強めですね(笑)。実際は誰かに怒っているというより、自分の中の葛藤を書きました。サビのメロディがきれいなので、サビは柔らかい歌詞になるよう、シャウトの部分とのギャップはすごく意識しました。

-歌詞も"mildrage"になってると。

MEG:そうですね(笑)。

t.e.p.p.e.i:彼女は詩的な言葉で書くので、読んでる自分がこそばゆくなって。"剥がれていく一枚一枚のウロコが私を解き放っていく"みたいな。日常でそんなことを考えているのかなって(笑)。

MEG:最後になるにつれて曲調が明るくなるので、自分の汚い部分が剥がれていくイメージを書きたかったんですけど、ちょっとキラキラしすぎてたみたいです(笑)。全体的に抽象的な歌詞で、読み手によって感じ方も変わってくると思うので、そういった部分も楽しんでもらえたらと思います。

t.e.p.p.e.i:僕には書けない歌詞なので、それはいいなと思いました。MEGらしいクールな曲になったなって。

Kaz:個人的には大きな会場でやりたい気持ちが強くて、今回の曲はそれも意識しながら書きました。BRING ME THE HORIZONも初期はデスコアでしたけど、どんどん曲調もスケール感も変化して"すげぇな"と思ったから。それにインスパイアされた部分もありますね。こういうジャンルを聴く人は日本では少ないからポピュラーにしていきたいなと。

-もっと広めていきたい気持ちがあるんですね。今作のリード曲を「hatelove」にした理由は?

Kaz:『Armeria EP』の次の曲を書こうと思って、最初に書いた曲なんですよ。「Farewell」はエモーショナルだけど、こっちはゴリゴリな感じに仕上げられたから。

t.e.p.p.e.i:モダン・ポスト・ハードコア寄りで、リフの中では今作で一番好きかも。サビはメロディアスだし、男女ヴォーカルの掛け合いもわかりやすいですからね。

-あと、「Armeria」(『Armeria EP』収録曲)も再録してますよね。

t.e.p.p.e.i:まだ僕らを知らない人もいるので、"この曲のバンドか!"と思ってほしくて。今、自分たちがいるのも『Armeria EP』という作品があったからだし、改めて名刺的な意味合いで入れました。

Kaz:この曲のMVを観て知ってくれる人も多いので、前作を持ってない人でも聴ける状態にしたくて。

-今作のレコ発ツアー"mildrage 1st mini Album 「INSIDE」Release Tour"(2019年1月から3月にかけて開催)はどんな気持ちで回ろうと思っていますか?

t.e.p.p.e.i:『Armeria EP』を出したあとに全国いろいろ回らせてもらったんですけど、何度も行かないと、僕らのことを好きになってくれる人もできないし。かといって、一度来てくれても次に来てくれるとは限らないから、観に来てくれたお客さんを一発で掴めるようなライヴをやりたいですね。お客さんにもかっこ良さが伝わるような曲を作ったつもりなので、その意味では大事なツアーになるんじゃないかと。

Kaz:今回はスケールの大きな曲を作ったので、数年先にアリーナとかデカい会場でもやってみたいし、ゆくゆくは海外でライヴをやってみたいですね。