MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LAST MAY JAGUAR

2018.06.13UPDATE

2018年06月号掲載

LAST MAY JAGUAR

メンバー:yurica(Vo) Yukihisa(Gt) BAN(Gt/Mani) Suguty(Dr)

インタビュアー:杉江 由紀

バンド壊滅の危機を乗り越えたからこそ完成した、覚悟のロック・サウンド


-こうして制作過程のお話をうかがっていると、なんとなくyuricaさんは女王様気質があるといいますか、楽器隊に対してややスパルタ気味なところもあるようにも感じるのですが、やはりいい作品を仕上げていくためにその点は肝要だったのでしょうか?

yurica:私、超スパルタなんです(笑)。

Yukihisa:ギター録りに関しても、ちゃんと弾いたつもりなのに"まだまだ!"って言われたことが何度もありましたもん(笑)。

yurica:でも、できたときはちゃんとみんなのことを褒めてます。

-飴とムチの使い分けをされていたということなのですね。

yurica:割合で言うと、ムチ9に対して飴1くらいですけど(笑)。プロフェッショナルに音を追求していくには、どうしてもそのくらい厳しくやらないとダメなんです。

-もちろん、yuricaさんの場合は、オケを監修したうえでできあがった音に対して歌っていくという、大きな仕事も担われています。ヴォーカリストとしてのyuricaさんが、今作において最もこだわったのはどんなことだったのでしょうか。

yurica:前作(『Ready for ...』)は少し勢いに任せてしまったところがあったなという反省があるので、今作では曲ごとや場面ごとの表情づけをしっかりしていくようにしました。中でも、表題曲の「Reloaded」については歌詞も10回くらい書き直して完成させましたし、それぞれの歌詞が持っているメッセージや感情を、できるだけダイレクトに自分の声と歌で聴き手に伝えられるようにしていったんです。普段の私は、いつも"ウェーイ!"っていうノリの人間なんですけど、今回のレコーディングの間はすべてに対してバキバキにシビアなモードで取り組んでいましたね。

-せっかくですから、表題曲「Reloaded」の歌詞の内容についても少し解説をいただいてよろしいでしょうか。

yurica:ちょっと暗い話ですけど、第1期でメンバーがふたりもいなくなっちゃって、一時的にLMJは私とSugutyだけになってしまいました。たぶん、あのころはいろんな人たちから"解散するんでしょ"くらいに思われていたと思うんですよ。だけど、それでも私の中には音楽をやめるなんていう選択肢は一切浮かばなかったし、この「Reloaded」の歌詞の最初にある"これしかない"という言葉は、まさにあのときの自分の中にあった気持ちそのものなんです。だから、最初はイントロから始まるアレンジだったのを、最終的にはこういう歌から始まるかたちに変えました。

-そういうことでしたか。その試みは間違いなく吉と出ましたね。

yurica:一番伝えたかったことを最初にぶつける。この曲でそれができて良かったです。だからこそ、今回はアルバムのタイトルも"Reloaded"にしました。1期は1期で良かったことがたくさんあったし、そのあと私とSugutyは少しつらい思いもしましたけど、2期を始めるにあたってYukihisaとBANに出会えたのは本当に良かったなと思っているので、これはとてもポジティヴな意味での"Reloaded"なんです。いろんなことを経験しながら成長してきて、今だからこそ作れるものをやっとかたちにできたのが、今作ということです。LMJの持っている情熱を、改めて弾丸に込められたんですよ。そのせいか、入っている6曲が全部シングル曲みたいなすごく濃い作品になっちゃいました(笑)。

-これだけの充実度を誇るアルバムとなりましたから、ライヴの方もどうなっていくかが実に楽しみです。

yurica:アルバムのリリース後、6月20日にレコ発ライヴ([LAST MAY JAGUARレコ発!"Reloaded"])が渋谷GUILTYであります。今回はワンマンではなくて、いろんなバンドさんにも出ていただくイベント形式なんですが、きっと盛り上がると思います。昔は、私もクールなテクニカル系のバンドに見せようとあんまりMCで喋らなかったんですが、今はもう言いたいことが溢れてくるまま好きに喋りまくってますね(笑)。

Suguty:今のLMJは発してる熱量がとにかくすごいよね。メンバー全員が、会場の奥の方にいる人たちのところまで、音を思いっきりぶつけていくような気持ちでやっているので、ぜひ来て楽しんでいってほしいです。

BAN:時々、僕はライヴ中に楽しくなりすぎて、ギターを弾かないで勝手にバーっと盛り上がって、お客さんたちと夢中でハイタッチとかしちゃうこともあるんですけど(笑)、そのくらい最高に楽しくやっているということなんですよ。

yurica:ちょっとー、ちゃんと仕事はしてよ(笑)。

Yukihisa:長いしな、やってる時間も(笑)。

BAN:僕はこんな感じでよくライヴのあととかにも怒られるんですよー。でも、楽しいからしょうがない!

yurica:まぁ、そういうのも含めてメンバーみんなが素直に音楽やライヴを楽しんでるっていうことなのかな。第2期LAST MAY JAGUARは、今とっても楽しいです(笑)。