MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

#000000has_it_all.

2018.06.05UPDATE

2018年06月号掲載

#000000has_it_all.

メンバー:草太(Vo) 寛人(Gt) RAGUCCI(Gt/Prog) 遼真(Ba) 翔(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

大阪発エレクトロニコア・バンド #000000has_it_all.(読み:ブラックハズイットオール)が、6月6日にバンド初の音源となる1stミニ・アルバム『NEW WORLD ORDER』をリリース。この作品リリース日が初ライヴでもあるという、真新しいバンドだ。ラウドなサウンドとポップなエレクトロ・サウンドが絡み合い、さらに日本語詞による歌、ヴォーカル 草太のクリアなハイトーンが冴えるメロディがキャッチーで、ラウド~J-POPのリスナーにもフレンドリーな音楽になっていて、メジャー感もある。狙い澄ましたような音と、記号的なバンド名とのミスマッチが面白いこの5人は、いったいどんなバンドなのか。

-このバンドはどんなふうに始まったんですか。

RAGUCCI:最初にメンバーを探し始めて、僕と草太が一緒にやろうという話になったのが、昨年の2月くらいでした。

-そのときに、どういうバンドにしたいというイメージはあったんですか。

RAGUCCI:今やりたいことがそのままできている感じですね。激しい音楽で、シャウトは基本的には使わないバンドというか。聴きやすいハードコア・バンド、みたいなことをしたかったんです。

-ふたりはもともとこのバンド以前にも活動していたんですか。

RAGUCCI:草太との付き合いは長くて、5年くらい前から友人でもあり、一緒にバンドをやっていた時期もあったんです。解散してから1年越しくらいで、もう一度一緒にやろうか、という話になった感じでしたね。一緒にやっていたバンドは、(今のバンドと)似てはいるんですけど、ここまで激しいバンドではなかったです。ミクスチャー・ロックというか、今で言えばUVERworldみたいなバンドだったと思いますね。

-RAGUCCIさんはもともとどんな音楽やバンドが好きなんですか。

RAGUCCI:普段はJ-POPとか普通のポップスをよく聴くんです。でもギターに関しては、昔から比較的テクニカルなことをするのが好きだったので、必然的に激しい音楽を聴くことも多かったんです。聴く音楽がポップスで、弾きたいギターが激しい曲、ハードコアとかラウドとか、それこそメタルになって、今の音楽に辿り着いていった感じですね。

-では草太さんは、もともとどんな音楽が好きだったんですか。

草太:#000000has_it_all.の音楽は、英語詞だったり、シャウトやグロウルだったりが似合うと思うんですけど、僕はあまりそういう音楽を聴いて育ってこなかったんです。ルーツはORANGE RANGEです。CDもDVDも全部持っていて、ファンクラブにも入っているくらいで(笑)。だから日本語の歌詞で、みんなの耳にすんなりと入ってくるようなメロディの曲をやりたいなとずっと思っていたところに、絶対に英語詞しか合わんような音楽ができて──

RAGUCCI:(笑)

草太:でも、これにキャッチーなメロディと日本語詞を乗せたら面白いんじゃないかなと思って。RAGUCCI君と知り合ってからは、いろんな音楽を聴くようになりましたね。

-他のみなさんのルーツはどういうものですか。

寛人:僕はONE OK ROCKを聴いてから、ロックを聴くようになっていったんです。だから、RAGUCCIが作る曲がスッと入ってきたというか。自分に合うなと思いました。

-寛人さんはどういう経緯でこのバンドに加入したんですか。

寛人:RAGUCCIに誘ってもらったんです。これ以前にもバンドはやっていたんですけど、ここまで活動するようなバンドではなかったんです。それで、ネットのメンバー募集のサイト経由で出会いました。

RAGUCCI:ただ、特にメンバー募集をしてるわけじゃなかったんですけど、寛人が載せてたプロフィール写真で着ていた服とかが、単純に僕の好みやったんです。

寛人:音楽関係ない(笑)。

RAGUCCI:しかも最終的には、それ本人の写真やなかったんですよ。別のモデルの写真で。

一同:はははは(笑)。

RAGUCCI:写真と一緒に、好きな音楽とか、アーティストが上げられていて、それも僕と好みが近かったので連絡したんです。アーティスト欄とサムネイルの写真だけ見て声を掛けたっていう感じで。

寛人:詐欺ですよね。

-翔さんは、どんな音楽がルーツですか。

翔:僕も、音楽の入り口はORANGE RANGEとかポップスだったと思うんです。それで中学生のときに、周りがBUMP OF CHICKENを聴いていて、"これがロックなんだな"って思って。そこからいろいろ聴き始めた感じですね。

-ドラムを始めたきっかけも、ギター・ロックの影響ですか。

翔:ドラムのきっかけは、また全然関係ないところで。小学生のころに、学芸会で先生がドラムとギターでゆずの曲を演奏していたんですよ。そこで全然ギターには目がいかずに、ドラムかっこいいなと思って。それがきっかけだったと思いますね。音楽を始めたのは高校生になってからなんですけど。このバンドの前にも、1年くらいバンド活動をしていたんですけど、全然やりたいことが違ったというか。解散をして新しくバンドを探そうと思ったときに、RAGUCCI君がネット経由で連絡をくれて。(RAGUCCI君が)音源をネット上に上げていたので、聴いてみたら、ど真ん中で好きな音楽だったんです。

RAGUCCI:その載せていた曲は、結局やってないんですよね(笑)。今回MVを制作した「WORLD is MINE」に比較的に近いですかね。