MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

#000000has_it_all.

2018.06.05UPDATE

2018年06月号掲載

#000000has_it_all.

メンバー:草太(Vo) 寛人(Gt) RAGUCCI(Gt/Prog) 遼真(Ba) 翔(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-ちなみに、今回収録された曲でヘヴィな曲というと「LOSE ONE」ですが、全体的にはそこまでヘヴィな曲は少ないですよね。

RAGUCCI:今回は、そんなに多くはないですね。1枚目なので、あまりゴリゴリなことをするよりは聴きやすいアルバムに仕上げようというコンセプトがありました。

-他のストックの曲にはもっとゴリゴリの曲も?

RAGUCCI:全然あります。でも、逆に振り切った曲もあるんです。もともとポップスが好きやったので、生のギターもベースもドラムも入ってないEDMをやっていたりもするし。

-このミニ・アルバムのリリース後に配信リリースされる「パラレルホリック」がまさにそうですね。

RAGUCCI:「パラレルホリック」は、もともと僕が"今、こんな曲書いてんねんけど"ってデモを出したときに、みんなが"いいじゃん。これはこのままいこうよ"って言ってくれて、ノリでできちゃった曲で。ライヴでどうしようかっていうのは、まだ全然考えてないんですけど(笑)。

-メンバー的にも、全然OKな曲だと。

翔:まぁ、ギリギリ?

遼真:ギリギリっすね。

RAGUCCI:いや、みんながやりたいって言うからでしょ(笑)。

-みなさんは、考え方としては自由で、好きな曲、やりたい曲をやろうという感覚ですか。

RAGUCCI:基本的にはそうですね。俺らっぽくないとかは考えずに、"いい曲やから出そうよ"みたいな。


音楽性の違いが僕らの曲を良くしてると思う


-普段のアレンジについては、どのようにやっているんですか?

RAGUCCI:基本的には全部僕が作って、歌録りも僕が家でやっていて。ミックス、マスタリングまでやっていますね。基本的には、ラフミックスくらいまで――曲を7割くらいまで完成した状態でメンバーに送って。あとは各自アレンジして持ってきてもらう感じにしてますね。

寛人:アレンジでめっちゃ困るのが、RAGUCCIの持ってくるものが最初からできあがっているんですよね。

翔:そうやね。

寛人:そこに、僕らしいフレーズも入れたいけど、どう入れるかが難しいところでもあるし、楽しいところでもあるなと思いますね。

草太:RAGUCCIもギターだしね。

寛人:しかもRAGUCCIはめっちゃギター弾けるから(笑)。

RAGUCCI:シンセとかも入っているので、ギターについてはアレンジは難しいとも思いますね。ほんまに苦労かけてるなと思います。

遼真:僕は、L'Arc~en~Cielのベースのtetsuyaさんが好きなんです。#000000has_it_all.のようなラウドなバンドのベースって、結構ルート弾きの曲が多いんですけど、僕はルート弾きがあまり好きではなくて。こういう曲でむちゃくちゃ左手動かしたろうと思って、フレーズを考えていますね。

-ベーシストとして、よりメロディアスなところを担おうと。

遼真:今回の「WORLD is MINE」のラストのサビは、メロディに沿ったベース・ラインを作って弾いていますね。

RAGUCCI:こういう音楽好きじゃなくて、ベースもルート弾きじゃないとか、やめた方がいいよね(笑)。

遼真:じゃあ、脱退か(笑)。

翔:アー写にモザイク入れておこう(笑)。

-音楽性の違い、というやつですね(笑)。

草太:でもこういう音楽性の違いが僕らの曲を良くしてると思うんですよね。

RAGUCCI:たしかに。しかも、僕らはレコーディング・スタジオでレコーディングするわけじゃなく、全部宅録でやっているから、言い換えれば、時間はいくらでも使えるんですよね。だからみんな無理をしたがるんですよ。

-その曲でやりたいことは、とにかくやり切っていこうと。

RAGUCCI:"このフレーズは難しいから変える"っていうこととかが、正直ないんですよね。みんな意地でもやるので。あとのことは作ってから考えようっていう。

遼真:みんな1曲に平均7時間くらいかけてる(笑)。

翔:ドラムもデモにはあるんですけど、RAGUCCI君のデモではフィルがほぼひとつのパターンで入っているんです。

RAGUCCI:そこは"あえて"ですよ。

翔:それを1個ずつ変えていって、みんなに聴いてもらうと"いい"とは言ってくれるんですけど。ただ、自分でもその曲にそれが合っているのかわからないんですよ。

寛人:わかるわぁ~。

翔:作ってあるものを変えるっていう感覚になってしまうのは、悩むときはありますね。これで合ってるのかな? って。でも、自分がやりたいことは入れているしなっていう。RAGUCCIが曲を完成させてくれているぶん、自分らも考えやすくもあり、難しくもあるんです。求めているもの以上を出せるのかなっていうのは、常に悩みますね。