MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CATS EYE

2018.02.06UPDATE

2018年02月号掲載

CATS EYE

メンバー:Ryo(Vo/Ba) Yuu(Gt/Cho) Kenshiro(Gt/Cho) Lenju(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

CATS EYEの最新ミニ・アルバム『キョウダイゲンカ』は、バンドのアイデンティティをさらに突き詰めた内容に仕上がった。Ryo&Yuu兄弟でリード・ヴォーカルと作詞作曲の役割分担をきっぱり分けることで、音楽性に新たな彩りと広がりをもたらしている。"日本語パンク"の系譜に位置しながら、その流れからはみ出したユニークな曲調を揃え、一筋縄ではいかない曲展開にもドキドキさせられっぱなし。1曲1曲に確固たる個性を確立させた今作について、メンバー4人に話を訊いた。

-いきなりですが、"CATS EYE"というバンド名は世代的に漫画"シティーハンター"が思い浮かんで......(※"シティーハンター"内で"キャッツアイ"という喫茶店が登場する)。

Kenshiro:よく言われますね。(由来は)絶対そっち系だと思われます(笑)。

Ryo:もともとはTAKEさん(SHACHI/Gt/Vo)のサングラスの(型の)名前が"キャッツアイ"と言うんで......。

-あっ、そこから取ったんですね!

Kenshiro:SHACHIは大好きですからね。

Ryo:初期は実際にキャッツアイをかけてライヴもやってたんですよ。

-マジですか(笑)。

Ryo:あのサングラスをかけたらわかるんですけど、まったく前が見えなくて。何もできないから、すぐにやめました。

-(笑)そうなんですね。バンド自体は今年で結成16年目に入りますよね?

Ryo:そうですね。結成時はコピバンで、学生のころからずっとやってますからね。

Kenshiro:オリジナルをやり始めたのは上京(2004年)してからなんですよ。

-当時はどんなコピーをやってました?

Ryo:Hi-STANDARD、MONGOL800、SHACHIとか。僕の実家の車庫にドラムを置いて、特にSHACHIはずっとコピーしてました。あと、SABOTENだったり。

Kenshiro:10-FEETとかね。

-そして結成から12年の時を経て、デビュー・ミニ・アルバム『My owner is CATS』(2014年リリース)を発表してますが、ずいぶんリリースまで時間を要してますね。

Ryo:その前がふたり(Yuu、Lenju)が入ったタイミングでしたからね。

Kenshiro:その作品から今と同じTAKEさんのレーベル("DUSTBOX RECORDS")から出すようになったんですよ。

-今のメンバー4人になって変わったところは?

Yuu:作詞作曲を僕と兄ちゃん(Ryo/※YuuとRyoは実の兄弟)でやることになったことが大きいですね。僕は結構ワガママを言うので......もともとRyoのカラーが強かったんですけど、それが半々になりましたからね。今回の音源から交互に歌ってます。

Ryo:俺はすげぇ助かってます。弟が曲を作ることで煽られるというか、やらなきゃ! と思いますからね。

Yuu:アルバム名もそういう意味合いがあって。俺が作ってくると、負けじと作ってくるし。兄ちゃんが作ると、俺もやらなきゃと思えますからね。今回はあえて色分けをはっきりして、アルバム名を見て、"兄弟なのかな?"と思ってもらえるようにしました。

-パンチのあるアルバム名ですよね。おふたり(Kenshiro、Lenju)はどうですか?

Kenshiro:俺も最初にアルバム名を聞いたときは、どんな感じなんだろ? と思ったんですけど。今まではYuuが作った曲をRyoが歌うこともあったので、そういう感じかなと思ったら、Yuuが作った曲はYuuが歌うという。最初はビックリしたけど、アルバム名どおりにいいアルバムができたなと思います。

Lenju:僕はドラムのパターンだけふたり(Ryo、Yuu)の要望どおりにして、どっちが歌うにしてもいい形になるように考えました。

-今作から棲み分けをはっきりしようと?

Yuu:あえてパキッと分けた感じはありますね。兄ちゃんの曲に歌詞を書くパターンもあったけど、はっきりと3曲ずつに分けて、最後の曲(「LETTER」)だけは兄ちゃんが作曲、俺が作詞みたいな感じにしました。

Ryo:曲を作るけど、歌詞は苦手でなかなかできなくて、(Yuuの方が)歌詞にこだわる方だから、やってもらいました。

Yuu:曲のメロディは兄ちゃんの方がいいなと思ったりして。僕が大枠を決めているんですけど、内容はアルバム名から先行した部分もあるんですよ。まだまだバンドを広める段階なので、兄弟でやってること、ふたりの作詞作曲者がいることが伝わればいいかなと。CATS EYEとしての新しさを出したかったし、SHACHIっぽさを出したかったのもあります。