MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CATS EYE

2018.02.06UPDATE

2018年02月号掲載

CATS EYE

メンバー:Ryo(Vo/Ba) Yuu(Gt/Cho) Kenshiro(Gt/Cho) Lenju(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-「4 LIFE」はイントロがドラマチックで、それから2ビートで突っ走る曲展開も面白いですね。

Yuu:その曲はイントロから作りました。そこから広げたので、壮大さと疾走感の両方を出せたんじゃないかと思ってます。

-ベースもブンブン主張しているし、演奏も迫力がありますよね。「LEAD」は唯一ツイン・ヴォーカルで掛け合った曲調ですよね?

Ryo:僕が作ったんですけど......。

Lenju:ボツになりかけたんですけど、僕は今作の中で一番CATS EYEっぽい曲だと思ったので"これやりましょうよ?"って、Ryoさんに言いました。RyoさんとKenshiroさんが交互に歌っているので、オリジナル・メンバーふたりが前に出てるから、ファンだったら嬉しいだろうなと思って。

Ryo:僕の中でKenshiroとふたりで歌うのは、新しいことに挑戦したような感覚でした。違和感なく作れたし、すごく楽しかったですね。

Kenshiro:Ryoは新しいと言ってましたけど、僕は懐かしい感じがあって。

Lenju:僕もそっちですね(笑)。

Kenshiro:もともといなくなったドラムと3ピースでやっていたころ、自分とRyoのツイン・ヴォーカルでやっていたんですよ。ほぼRyoが歌っていたけど、たまに自分も歌ってましたからね。今回の曲ほど歌っていたわけじゃないけど、「LEAD」は新しさもありながら、懐かしい感じもしました。

-では、今作の歌詞を通して伝えたいことは?

Yuu:伝えたいというより、自分の人生を歌った歌詞が多いなと。今回は直感的に書いたものばかりで、「LONELY」はバンドや音楽に出会ったことを恋人に例えて、ラヴ・ソングっぽい感じで歌ってます。ちょっと変化球みたいなところはあるんですけどね。「4 LIFE」は高校のころにお父さんが亡くなったことを歌っていて......生まれてから今までのことを歌った歌詞になったなと思います。

-私小説っぽい歌詞ですよね。

Yuu:はい。あとは聴いてくれた人が勝手にイメージしてくれるのが正解だと思っているので、いつもそういう感じで書いてます。

-Ryoさんはどうですか?

Ryo:僕は書きながら自分に言い聞かせているところもあって。いろいろあるけど、やるしかねぇ! って感じで書いてます。前に進むしかないし......。

Yuu:兄ちゃんはほんとに思ってることをそのまま歌詞にしてますからね。それは僕にはない部分なので、面白いなと思います。


近くにいる人に支えられているなと思う。感謝を込めつつ、自分の心と向き合ったら"共に"という言葉が勝手に出てきた


-"共に歩いて行く"(「LEAD」)、"共に生きて行く"(「SURVIVE」)と似た内容の歌詞もありますが、これは?

Ryo:近くにいる人に支えられているなと思うので......4人で演奏して、一緒に頑張っていきたいなという気持ちが強くて。感謝の気持ちを込めつつ、自分の心と向き合ったら、"共に"という言葉が勝手に出てきたのかなと思います。

-ラスト曲「LETTER」はYuuさん作詞、Ryoさん作曲で、唯一のコラボ曲になりますが、今作を締めくくるのに相応しい曲調ですね。

Ryo:この曲は"ラララ~"で歌い始めて、いい感じの曲になりそうだなと思ったから、歌詞は任せました。本当に最後に相応しい曲というか......。

Yuu:最後に仲直りしてる感じが出てるし(笑)。

-そういう意図もあるんですね。

Ryo:過去の作品でも僕が曲を書いて、弟が歌詞を書くパターンがあったし。それが代表曲になってることもあるから、そういう曲があってもいいかなって。

Yuu:バンドをやめる人が周りに多くて、それをイメージして歌詞を書きました。その人たちに贈るつもりで書いたけど、誰が読んでも共感できる部分は残したくて、わざと抽象的に書いたところもあります。バンドをやめるのは寂しいけど、応援しているような内容ですね。これからはバンドの道ではないけど、自分が選んだ道で頑張ってね! という想いを込めました。

-では、今作のレコ発ツアー(3月から開催する"CATS EYE pre.「キョウダイゲンカ」tour")も控えてますが、どんなツアーにしようと思ってますか?

Yuu:そうですね。3月から6月まで全国ツアーを回ろうと思ってます。

Ryo:この作品をライヴでしっかり表現したら、また音源の価値も変わると思うんです。今回は新しいことをたくさんやったから、ライヴもまた変わるだろうし、きっちり仕上げていきたいですね。