MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRAVE

2017.11.15UPDATE

2017年11月号掲載

TRAVE

メンバー:kabu(Vo) yoshiken(Gt) 4v8(Gt) kayuki(Ba) ryo(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

2008年に千葉で結成された5ピース、TRAVEが初の全国流通となる1stミニ・アルバム『FIVE LOW』をリリースした。ヘヴィでメタリックな、マッチョさも感じるサウンドでありつつ、哀愁感やパーティー感までも生むエレクトロも導入した重厚な音で攻め、ラップにシャウト、メロディ・パートも駆使する縦横無尽なヴォーカルで掴むスタイルは、かなりアグレッシヴ。初のミニ・アルバムということで、TRAVE史上最も重く、最も低音であり、しかしキャッチーさもあるという武器を磨いた作品で、インパクト大の名刺代わりの内容だ。それぞれのルーツや、今作の制作についてメンバー5人に話を訊いた。

-バンドは2008年結成ということで、これまでにデモ・シングルなどはリリースしていますが、全国流通としての音源はこのミニ・アルバム『FIVE LOW』が初となるんですね。

kabu:そうですね。これまでなかなかメンバーが固定しなかったのもあるし、自分らの中で納得できるものをというのが、クオリティとかバンドの演奏面とかでも大事だったので。今回はそういう面が、いい感じにタイミング的にも全部集まったので、作品を出そうかという流れになりました。

-TRAVEは、最初はどういうバンドをやろうと思って集まったんですか。

kabu:このバンドはryoが立ち上げたんですけど。

ryo:最初はコピー・バンドだったんです。ちょうど前のバンドが終わったあとだったのもあって、遊びでバンドをやろうかと集めたら、思いの外ちゃんとしたメンバーが集まっちゃって。それなら、何かオリジナルをやろうかという感じで。ただ、1年くらいはなかなかメンバーが揃わなかったので、オリジナルを作り始めたのは結成1年後とかでしたね。

-当時、オリジナルとしてはどういうサウンドをやろうと?

ryo:とりあえず、チューニングの低いバンドがやりたいねっていう感じだったよね。どこまでチューニングを下げられるか、みたいな。

yoshiken:今ほどゴリゴリじゃなかったけどね。

kabu:今はギターとかがメタリックな感じなんですけど、もうちょっとラウドというかヘヴィ・ロック的な、ノリの大きな感じだったんじゃないですかね。自分は彼(yoshiken)よりもあとに入ったんですけど、スタジオに行かせてもらったりしたときは、そんな印象を受けました。当時、ラウドとか、ニュー・メタルとかがきてたので。そういう感じの音楽っていう印象で。

-ちなみにみなさんは、TRAVE以前はどういうバンドをやっていたんですか。

ryo:僕はメロコアです。ミクスチャー・バンドだからって誘われたら、騙されてメロコア・バンドで(笑)。それをずっとやってましたね。

kabu:俺は前のバンドはミクスチャーみたいな感じでしたね。そんなにゴリゴリではなかったんですけど。ラップとか歌もあって。シャウトとか叫ぶものは、TRAVEに入ってからやった感じですかね。

yoshiken:僕はハードコア寄りな、とにかく激しいバンドでしたね。

-kayukiさんや4v8さんはこれ以前のキャリアではどういうバンドを?

kayuki:加入寸前まではヘヴィ・ロックみたいなバンドでしたね。その前はヴィジュアル系です。ここ(yoshiken)ももとはヴィジュアル系で。

yoshiken:もともとはそうですね(笑)。

4v8:僕が一番新しく入ったんですけども、それまではヘヴィ・メタルですね。エモかな?メタリックな感じではありました。

-TRAVEのいろいろな要素が入り混じった音楽性は、それぞれが持っているものをぶつけると、この形になるというものですかね。

kabu:たぶん、そうじゃないですかね。それぞれのバックグラウンドの、最大公約数というか。それが、うまく混ざり合っている感じですね。

-最初に目標としていた"チューニングの低いバンド"も実現していますしね。

kabu:最初はバカみたいに"重ければいいんだよ"とか言ってたもんね。

ryo:ギターにすげぇ太い弦張ったりね。でも、あとあと気づくんだよね、重い音っていうのはチューニングだけではないっていうことに。

yoshiken:そうね(笑)。

kayuki:でも、今回の作品でこれまでで一番下げてますけどね(笑)。