MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRAVE

2017.11.15UPDATE

2017年11月号掲載

TRAVE

メンバー:kabu(Vo) yoshiken(Gt) 4v8(Gt) kayuki(Ba) ryo(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-すごく王道的になるっていうことですよね。

ryo:そこに抵抗があったんですよね。

kayuki:そういうのが今まではうまく合わなかったんですよね。でも今回は、しっくりきたというか。yoshikenの曲とかね。

kabu:「NO LIMIT」ですね。

-「NO LIMIT」は、いろいろな要素全部が詰め込まれたような曲ですね。

kabu:これまで実はあまりなかったタイプの曲だよね。

ryo:まずテンポを変えるのが新たな挑戦でしたし。

4v8:でも、うまく混ざったんじゃないですかね。

kabu:今回のミニ・アルバムは『FIVE LOW』ということで、5人のそれぞれの"LOW=重低音"という意味合いもあるので。5人の持つそれぞれのバックボーンからなる重低音がひとつになった、というところで結びついてくれたのかなっていうのはありますね。自分の中でも、一番インパクトがあったのは、「NO LIMIT」だったし。あとは「EQUALITY」も結構キャッチーな面を持ってたりとか、表情豊かな感じだったりで、全体的にもまとめられたのかなという感じはしているんですけど。

-「EQUALITY」はキャッチーでもあり、最後には高揚感というかカタルシスもあってアルバムのラストにはまっています。ちなみに先ほどの禁じ手の話で、今作には入ってないですが、ギター・ソロは入れたくはならないんですか。METALLICAだったりSLAYERだったり、メタル・バンドのルーツの話を聞くと、そのあたりはどうなんだろうというのがありますが。

yoshiken:これも暗黙のルールみたいな感じで。ギター・ソロはダサい的な風潮がこの中にあるんですよ。

-一時は世の中的にもギター・ソロはダサいものっていう流れがありましたが、最近ではわりと復権してきている感じもありますよね。

kabu:入れちゃうか(笑)?

ryo:SLIPKNOTも3rdアルバム『Vol.3 : (The Subliminal Verses)』で入れたのでね(笑)。

yoshiken:入れたい感じはあって、みんなかっこよければいいよとは思っているので、何回かチャレンジはしているんですけど、ハードルが高いんですよね。

ryo:ギター・ソロを弾くと、ヴォーカルのkabuさんが暇そうな感じだしね(笑)。

kabu:飽きちゃうからね。

-またラウド・シーンの隆盛としてはどうでしょう。今はちょっとおとなしくなってきたんじゃないかと言われてますが、肌感覚的にどうですか。

kabu:感じてはいますけど、その音楽が好きだし、そういう流れだから、じゃあ軽くしようかというのもないですしね。みんな根底にヘヴィなのが好きっていうのがあるので。まして今回は、チューニングも前よりも下がってるし。より、自分らのいいと思うことをやればいいんじゃないですかね。時代を見るのも大事だとは思いますけど。でも"LOUD PARK"(※ヘヴィメタル・フェスティバル)とかが毎年開催されているくらい、確実にそれが好きな人たちはいるわけだから。その人たちに、ちょっとでも届けばいいのかなと思いますけどね。