MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRAVE

2017.11.15UPDATE

2017年11月号掲載

TRAVE

メンバー:kabu(Vo) yoshiken(Gt) 4v8(Gt) kayuki(Ba) ryo(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

ヘヴィな音に、ミクスチャー感とかパーティー感とかが乗っかったときの爆発力はすごく高ぶる


-エレクトロなども導入されているのも、最初からですか。

kabu:同期みたいのを入れるのは、オリジナルを作り出したころからありました。

ryo:結成当時(2008年ごろ)やっぱりああいう音が入ってると、音圧すげぇなっていうのがあったんですよね。

-ヘヴィで重い音もそうですが、それだけ音のインパクトが欲しかったんですね。

kabu:だから、今でもそうですけど、ギターとかベースとか、弦楽器のEQ(イコライザー)とかも気にしてますし。音量だけじゃない圧というものは、なるべく意識するようにしてますね。

-なぜ"圧"だったり"重低音"なんですか。

kabu:やっぱり、音楽的にっていうのもあるし──。

ryo:気持ちよかったんだよね。

kabu:ドーンと出した方がね。自分はミクスチャーとかが好きなんですけど、ヘヴィな音に、ミクスチャー感とかパーティー感とかが乗っかったときの爆発力っていうのはすごく高ぶるので。それを自分らでも出したいのはあったし。せっかく激しい音をやっているのにいまいち爆発しなかったら、聴いている人に物足りなさを感じさせてしまうかもしれないし。

4v8:(加入前に)対バン相手としてやっていても、TRAVEの圧は違いましたね。すごかった。

-みなさんそれぞれヘヴィ、ラウドロック、ハードコアなど聴いてきていると思いますが、一番自分にとって衝撃だったバンドはなんでしたか。

ryo:好きだったのは、LIMP BIZKITやKOЯNとかですね。

4v8:METALLICAの一択です。

kabu:だよね(笑)。

4v8:やっぱり『Master Of Puppets』は衝撃でしたね。俺がヘヴィ・メタルに目覚めたのは、千葉に"bayfm"というラジオ局があって、土曜の深夜にやってる"POWER ROCK TODAY"という番組の中で流れていたもので。

kabu:伊藤政則さんの番組ね。

4v8:1stアルバム(『Kill 'Em All』)の曲が流れたんですよ、「Motorbreath」だったっけな? それを聴いてすげぇかっこいい、男らしいっていうので、そこからメタルにハマり。で、『Master Of Puppets』を聴いてやられました。

kayuki:自分は、SLAYERですね。

ryo:一択ですか。

kayuki:一択です。

kabu:速ければいいっていうね。

kayuki:メタル・シーンでもだいぶ高いところにいっていたときのインタビューで、競ってるところが速さだったっていうのは、かっこいいなと思った。"小僧たち、俺らはお前らより速い"って書いてあって(笑)。

yoshiken:僕はBULLET FOR MY VALENTINEとか、THE USEDとか、STORY OF THE YEARとか、そのあたりの音楽は衝撃でしたね。

-ギタリストふたりだけでも違いが出るのは面白さですね。どちらがリードというのは明確にあるんですか。

yoshiken:自分の方が多いですかね。どっちというのはないんですけど。

kabu:すぐ、yoshikenに投げるもんね。

4v8:僕は刻んでいればいいんです。

yoshiken:こっちに大変な役が回ってきます(笑)。

-kabuさんは衝撃だったのはどんなバンドですか。

kabu:自分もLIMP(LIMP BIZKIT)ですかね。THE PRODIGYもそうだし。聴いたときは、なんだこれっていうのはありましたしね。THE PRODIGYはデジタルなんだけど、すごく攻撃的じゃないですか。そういうのとかLIMPに影響を受けて、同期っていう流れにもなったんだと思いますしね。