MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Earthists.

2017.03.08UPDATE

2017年03月号掲載

Earthists.

メンバー:Yui(Vo) Yuta(Gt) Yuto(Gt) Shugo(Ba)

インタビュアー:今谷 重治

-今作の中でメンバーのみなさんが特にお気に入りの曲や、注目してほしい曲があればお聞かせください。

Yui:どれもお気に入りなのですが、「Cybele」と「Long Way Home」(Track.10)は特にスクリーマーとしてのキャラクターが立っているなと思います。歌詞は「Resonating Light」と「Footprints」が特にお気に入りです。

Yuta:やはりTragic Hero Recordsとの契約のきっかけになった「FLUX」、そしてTragic Hero Recordsからのデビュー・シングルとなった「Winterfell」は時間をかけて作ったので思い入れがあります。

Yuto:お気に入りは「Cybele」と「Long Way Home」です。「Radial」はEarthists.に加入するきっかけとなった曲なのでかなり思い入れがあります(笑)。

Shugo:「Radial」です。今作はあまりテクニカルな方向に振り切らずベースらしい仕事をしているのですが、それが一番色濃く出ているかなと。

-ちなみにジャケットはPLINIなどの作品を手掛けるAlex Pryleによる"Dead Crown Design"が担当していますが、彼に依頼したのはどういった経緯からでしょうか? また、ジャケットのコンセプトもお聞かせください。

Yuto:もともとPLINIが大好きでよく聴いていたのですが、アートワークもとても印象的だったので調べてみたらDead Crown Designが手掛けているとわかりました。ナチュラルな質感の作風が今作にピッタリではないかと思い、去年の秋くらいにAlexに連絡しました。コンセプトは"自然と人間行動"です。それぞれの曲の歌詞を読んでみると、自然だけではなく、人の内面や生き方に焦点を当てたものも多いと思います。それがこのアートワークによく表れているんじゃないかなと思います。見てのとおりあまり明るい色使いはしておりませんが、ネガティヴなイメージを表しているというわけではありません。あくまでも人と自然の"ありのまま"を表現したかったのでこのような色使いを依頼しました。人の横顔や大きな蝶など、デザインそのものに関してはAlexに任せました。

-日本盤には「Grey Fox」(Track.13)が収録されていますが、この曲を日本盤のみに入れたのは?

Yuta:いくら海外を視野に入れた活動をしているといってもやはり僕たちは日本のバンドなので、日本のみなさんにサービスする意味も込めて日本盤にボーナス・トラックを入れました。

-国内、海外含めて共演してみたいバンドや、目標にしているバンドを教えてください。

Yui:共演したいバンドはレーベルメイトであるINVENT, ANIMATE、あとは去年来日したNORTHLANEです。

Yuto:やはりINVENT, ANIMATEですね。レーベルメイトでもあり、普通に好きなバンドだからです(笑)。

Yuta:やはりレーベルメイトのINVENT, ANIMATE、THE AFTERIMAGE、NORTHLANEとは共演したいです。

-これまでも海外のバンドとはいくつか共演を果たしていると思いますが、その中でも印象に残っているバンドやライヴはありますか?

Yui:特に印象に残っているのはSUNQUAKEとCAPSIZEです。SUNQUAKEとは東名阪一緒に回って、そのなかでたくさん話もしました。今でもSNSで盛んに連絡を取り合っているのですが、ライヴ写真を見たら僕らのシャツを着ていたりと、今でも僕らのことを覚えてくれているんだなと実感します。CAPSIZEは大好きなバンドとの待望の対バンだったので、純粋にぶち上がりました(笑)。自分の出演しない日もCAPSIZEの公演は可能な限り観に行ってました。

Yuto:やはりSUNQUAKEとの東名阪ツアーですね。あとは去年の12月にRealising Mediaの企画で共演したDISPERSEが印象に残っております。Jakub(Zytecki/Gt)はやはりバカウマでした......(笑)。

Yuta:僕は5日間ホテルの部屋まで同じだったERRAがとても印象に残っています。ギター・ヴォーカルのJesse(Cash)のストイックさを間近で見て感動しました。

-4月2日には渋谷Cycloneにて今作のリリース・パーティーが開催されます。そこに向けての意気込みをお願いします。

Yui:結成して2年、やっとリリース・パーティーを開催できるところまでやってきました。今まで見てきた景色を背に、これからの僕たちの大切な第一歩として盛大に、そして楽しくできたらなと思います。3月にリリース・ツアーを5本してからの大一番、最高の景色を作ります。

Yuto:やっとの思いでアルバムが完成しました。必ず最高の日にします!

Shugo:来てくれた人も、僕たちも、みんなが笑顔で帰れる日になれば嬉しいです。

-Earthists.が目標に掲げるステージや、今後のバンドの展望をお聞かせください。

Yui:今後はさらにその名に恥じぬように国内外問わず活動を広められたらと思います。スタイリッシュなイメージとは裏腹に気持ちは貪欲にいきたいです。

Yuta:海外の有名フェスや欧米ツアーを展開していきたいと思っています。

Yuto:ラウドの枠に留まらず、いろいろな層の人たちにもっともっと僕たちの音楽を聴いていただきたいです。フェスとかに出られたらいいなと思っております。

-それでは最後に激ロック読者へのメッセージをお願いします。

Yuta:普段この手の音楽を聴かない人でも引っ掛かるようなフックに富んだアルバムになってると思うので、ぜひ手に取って聴いてくれると嬉しいです!

Yuto:アルバムをいっぱい聴いてライヴに遊びに来てください! お待ちしてます!!