MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

そこに鳴る

2017.02.07UPDATE

2017年02月号掲載

そこに鳴る

メンバー:鈴木 重厚(Gt/Vo) 藤原 美咲(Ba/Vo) 真矢(Support Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-ベーシストとしては、そういった意味での変化はありましたか。

藤原:今までダダダダダっていう速いフレーズがそんなになかったので、"速さに挑戦"みたいな練習はしました。メトロノームに合わせて、どこまでいけるかみたいな。めっちゃ弦切りましたけどね。

鈴木:しょっちゅう4弦切ってたな。

藤原:速いとつい力が入ってしまって。普通はたぶん切れることのない4弦を、週1くらいで切ってましたね。1日で2回切ったこともありました。

真矢:俺、それまで4弦切ってる人は見たことなかったです(笑)。

-チューニングに関しても、今回は下げているんですか?

藤原:もともと全部半音下げなので、そのままなんです。

鈴木:さらに下げてもうたら、ちょっと極悪になりすぎるかなって。あとはライヴでやるときに困るかなというのもあって、半音下げでもまぁいけるかなと。ただ「family」(Track.4)に関してはドロップAですね。

藤原:弦がダルンダルンです。

鈴木:でも普通のジャズマスターでやるっていう。ジャズマスターでドロップAにする人はたぶん、他にいないと思います。

-この、かなり振り切っている「family」はどの段階でできた曲ですか。

鈴木:まず、「family」と「sayonara blue」(Track.7)以外の5曲はできていて、最初はその5曲で出そうっていう話になったんですけど、メタルをやるって言ってるわりに、メタルの曲が「METALIN」しかないやんと思って(笑)。じゃあ、もっとゴリゴリのやつを作ろうってことで、とりあえずドロップAにして作ったのが「family」です。

-すんなりと形に?

鈴木:たぶん、30分くらいで作った気がします。これは愛の歌なんです、一応。イントロからサビに入るまでずっとデス・ヴォイスでシャウトしてるんですけど、あれは全部、KOGA RECORDSのレーベルメイトのバンド名を言ってるんです。頭のシャウトは、"キィィトォォォク!"(KEYTALK)って(笑)。

-遊びがたっぷりですね。それはこの曲だからこそできるような。

鈴木:そうですね、この曲でそういう歌詞やったら面白いかなと思って。とりあえず2分くらいで考えました。「family」に関しては、制作時間が恐ろしく短いですね。

藤原:曲と歌詞で32分っていう(笑)。

-「sayonara blue」はどうですか。この曲は「family」とは対極ですよね。

鈴木:最後に作った曲とは思えない(笑)。

-完全なるメタル・アルバムにしようというのはなかったんですね。

鈴木:「METALIN」を作ったときは、ノクブラとかNameless Oneを聴いていたんですけど、作り終わるころにはDo As Infinityとか──

-違うブームがやってきた。

鈴木:そういうのがきてたから、そっち寄りになりました(笑)。

-素直に曲に出るんですね。

鈴木:素直に出てしまいますね。素直すぎるくらいに(笑)。

-きっと一緒に曲を作っていくメンバーは大変だろうなと思いますが(笑)。さっきまでデス・ヴォイスだったのに、今度は歌モノかっていう。

藤原:でも私は全然、違和感がなくて。他のインタビューでもそう言われるんですけど、言われてみて"あぁ、おかしいのか"って気づいたくらいなんです。なんか、いつもこうやしなって。

-「Break out!!!」(Track.1)はメタルということでは薄味かもしれませんが、パンチのある曲ですね。これはどんなふうに作っていったんですか。

鈴木:これは「METALIN」を作るよりも前にあった曲なんです。コンセプト的にはcoldrainとか、ちょっとラウド寄りのバンドを意識してます。THE UNIQUE STARがすごく好きなんですけど、そのバンドが活動休止してしまって、ヴォーカル・ギターのエバタ(ヒロカズ)さんへのリスペクトも結構入っていて。フレージングとかコード進行が、わかる人にはわかると思うんです。それプラス、ラウドというか。

-そういう個人的なリスペクトも結構練り込まれているんですね。

鈴木:たぶん、感銘を受けるものがないと曲を作れないんです。

-刺激を受けることが曲になると。

鈴木:すごく悪い言い方をすれば、うまいことパクるっていう感じだと思うんです。だからこの振り幅になっちゃうのかなって。自分の内側から出てくるものでいくと、ほぼ凛として時雨になっちゃうんですよ(笑)。

-大好きなところが出すぎてしまうと(笑)。

鈴木:そうそう(笑)。