MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.11.11UPDATE

2016年11月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) KANAMI(Gt) AKANE(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-ははは(笑)、わかりました。"抗う自分を誇れ"という歌詞も力強いですね。

小鳩:そう、やりたいことをやるんだぜ! って。基本、BAND-MAIDは闘いの曲が多いですからね(笑)。「YOLO」は"YOU ONLY LIVE ONCE"の略で、"人生一度きり"という意味なんですけど、一度きり、1回きりというものを大切にしたいから、私が勝手に付けました。

-では、「Unfair game」の方は?

AKANE:この曲は少し重めにして演奏も詰め込みました。「YOLO」はヴォーカルが目立つので、「Unfair game」はもう少し演奏面で暴れようと。Aメロではグルーヴ感を出して、オンオフを切り替えた構成になってます。

-躍動感溢れる曲調に仕上がってますもんね。

MISA:ベースとドラムはこれ以上動いたことがないというくらい常に動いてますからね。ベースはこの曲が一番攻めてます。

AKANE:ベースとドラムの呼吸が少しでもズレると、コケちゃいますからね。

KANAMI:すごくかっこいい曲になったと思います。最初のデモよりも、ベースとドラムのアレンジは良くなったし、この曲が一番変わりましたね。

小鳩:ベースがバリバリに鳴ってる曲だもんね?

MISA:音色もバリバリですからね。

彩姫:楽器はもっと派手にすればいいじゃんと思ったから、歌はおまけでもいいかなって。

小鳩:でも、レコーディングでは一番歌ってたでしょ?

彩姫:すごく歌いやすかったし、楽しかったんですよ。歌詞は漢字が多くて、難しかったけど(笑)。

小鳩:"読めない!"って、怒られました。

彩姫:メロディの進行が好きで。BAND-MAIDは"強い女性像"みたいなイメージがあるけど、この曲は闇を抱えてる感じも出てるかなって思います。

小鳩:彩ちゃんが歌った瞬間、すごくハマッたんですよ。本人の声質的にもワルい感じが合ったのかなと。

彩姫:「Unfair game」みたいな曲は歌いやすいですね。

-山口百恵さんの曲みたいに、陰りがある曲調の方がいい?

彩姫:あぁ、そっち系の方が好きです!

-Track.3「matchless GUM」はロック色の強い楽曲ですね。

小鳩:これはわかりやすいロックですね。

彩姫:シンセの音を多くしているので、それも違う印象を与えてるかなって。

KANAMI:最初はギターのフレーズが多かったけど、もう少し聴きやすくしたんですよ。シンセは自分にとって新しかったですね。

小鳩:メロディはシンプルだけど、それをシンセで補ってるんです。

AKANE:私は音を詰め込む方が多かったから、この曲は逆に難しかったです。音数を減らすことも大事なんだなって。

KANAMI:いざバンドで合わせると勢いでいけないから、その難しさはありましたね。

-メタル度高めのギター・ソロもいいフックになってますね。

KANAMI:どういうふうに弾いたのか、自分でもあまり覚えてないんですけど(笑)。

-ははは。ベースもかなり主張してます。

MISA:シンプルだけど、渋さを出したいと思って。ベース1音1音の輪郭がよく聴こえるんじゃないかな。

彩姫:今回はミックスもめっちゃこだわったもんね。ギターとベースの切り替えをうまく出したかったんですよ。

小鳩:音像も自分たちの好みにさらに寄せることができたと思います。サウンドに重さとワルさが欲しくて、そこに重点を置きました。メロディと重い音色とのギャップは、自分たちの中で意識していることだから。

彩姫:メロを考えてくれるKANAMIちゃんはポップなものが好きだけど、他のメンバー4人は重めの曲が好きだから。そのふたつがいい形で合わさったのが良かったと思います。

AKANE:お互いに持ってないものを出し合って、それがちゃんと重なってるからね。

MISA:好きな音楽もメンバーによって全然違うからね(笑)。

小鳩:今回はそれがある意味、活きているのかなって。

彩姫:本当に、ようやくバンドになれた感覚が強いですね。