MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.11.11UPDATE

2016年11月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) KANAMI(Gt) AKANE(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

責任や不安も大きいけど、今回は自信を持って出せる作品です

-このあたりでニュー・シングル『YOLO』の話に移りますが、今作は楽曲がとにかく素晴らしくて。バンド的にもかなり手応えがあるんじゃないですか?

小鳩:そうですね。1枚丸ごと自分たちが作詞作曲するのは初めてだから、責任や不安も大きいけど、今回は自信を持って出せる作品です。

-最初から今回は自分たちの曲を収録しようと?

小鳩:結果的に、という部分が大きいです。

KANAMI:レコーディング候補の中に自分たちが作った曲も入っていて、そのなかでどれを入れるかという話になったときに、自分たちの曲が選ばれました。

-そういう意味でも今作は重要な1枚ですね。

小鳩:前作もそうだけど、自分たちで作詞作曲した楽曲を多く入れたいと思ってましたからね。

-曲を作るうえで考えたことは?

小鳩:強い女性像はもともとBAND-MAIDにあったものだけど、それとはまた違う雰囲気も出したくて。世の中のことや人生について歌っている曲も増えました。

彩姫:表題曲の「YOLO」(Track.1)は今までにない新しい曲だし、シングルというのもあって、それほど従来の形にとらわれなくてもいいんじゃないかと。"もっと枠組みから外れてもいいんじゃない?"って、ちょっとウケを狙った感じです(笑)。キャッチーさも入れていこうって。

-いいことじゃないですか!

彩姫:歌詞は暗くなりすぎないよう、小鳩に伝えました。「Unfair game」(Track.2)は今までっぽい感じも欲しくて作った曲です。

小鳩:大まかに"「YOLO」は明るい、「Unfair game」は暗い"みたいな(笑)。私が歌詞を書くときに彩ちゃん(彩姫)がイメージを伝えてくれることが多くて。それで、"「YOLO」は明るい雰囲気で言葉を詰めてほしい"って言われたんです。

KANAMI:基本は私が曲を作って、みんなに相談するんですよ。で、"もっと重い方がいい"、"もっとキャッチーなメロを入れて"と言われる感じですね。彩ちゃんは曲展開に関しても感覚が優れているんです。大雑把だけど、的確なことを言ってくれるから。

-表題曲はどんなイメージから広げたんですか?

KANAMI:私は、BAND-MAIDを始める前はソングライターをやっていたんですけど。そのころ使っていたコード進行をそのまま使ったり、この曲ではその時代に使っていたイントロをサビに持ってきたりしました。

-それでポップな仕上がりになったんですかね?

KANAMI:今はみんなで音が作れている気がするから。作家さんだとイントロ然り、全部決まっているじゃないですか。私が曲を作って、みんなで作り上げていく感じがバンドっぽいし、それをやれたことが嬉しかったです。

AKANE:やりたいことをやれてる感じは出てるんじゃないかな。フレーズにしても自分の手癖が出ちゃうんで、それもBAND-MAIDの新しい一面になるだろうなと思います。

-自分の好きなフレーズの方が気持ちや熱量が自然と入りますよね。

AKANE:そうなんですよ!

KANAMI:より気持ちを込めて演奏できますからね。最初はSANTANAが好きだったり、ポップスだとaikoさん、いきものがかりさんとかも好きだったりしたんですけど、最近はハードコアも聴くようになったので、作る曲は変わってきましたね。

-特に表題曲は、彩姫さんの歌声が持つ歌謡性がすごく活きているなと。

小鳩:ここまで言葉数が多いメロはなかったですからね。彩ちゃんの持ってる良さが歌詞やメロディに出てると思います。

彩姫:自分の歌いやすいメロディがわかるようになってきたんですよ。特にサビはメロディアスなので、語尾が伸びている方が私は歌いやすくて。だから、レコーディングにも気持ちが乗りました。

-ノリノリで歌ってる感じが伝わってきますよ。

彩姫:ははは(笑)、今回のレコーディングはめっちゃ楽しかったです。バンドのやりたいことと曲が一致したので、バンドの形がもう一段階固まった気がしますね。それが楽曲の良さにも繋がっているんだと思います。

MISA:この曲はヴォーカルに寄せたアレンジを心掛けたし、形にできたのが嬉しかったです。ライヴで披露したときも手応えを感じましたからね。

-それは自分の好きなようにプレイができているから?

MISA:そうですね。

-演奏だけを追っても、聴き応えがありますもんね。

小鳩:「alone」が自分たちの初めて作った曲だけど、そのときの自分らしさを活かしつつ、ちょっと上を目指そうと意識していたんです。

KANAMI:レコード会社の方やディレクターにも"もっと難しいフレーズを入れて"と言われるので、ぐぬぬ! となるんですよ。

-ぐぬぬ(笑)?

小鳩:KANAMIの気持ちを擬音で表現すると、そうなるんです。

KANAMI:そこはあまり気にしないでください(笑)!