MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

3SET-BOB

2016.07.08UPDATE

2016年08月号掲載

3SET-BOB

メンバー:KAI(Ba/Vo) YUSUKE(Vo/Gt) RUKA(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-最初に聴いたときは、女性の声かなと思いました。

YUSUKE:KAIは僕とRUKAちゃんの、ちょうど中間の声なんですよ。それを知っていたから、逆に小出しにして、おいしいところを歌ってもらう。それはRUKAちゃんも同じですね。

-「CREPE」は完全に脳内ループ曲ですね。聴けば聴くほどクセになって、歌詞が頭から離れなくなる。

YUSUKE:いろんな人からも"スルメ曲"って言われますね。

KAI:みんな口ずさんでくれるからね。

YUSUKE:僕からすると、してやったりですね(笑)。

-"気になって"と何度も繰り返す歌詞が、好きな女の子が頭から離れないという感情と見事にリンクしてます。

YUSUKE:それこそ一度聴いただけで気に入ってもらえる曲を作りたくて。言葉遊びも好きだから、"気になって"と繰り返すパートから"好きになって"に変わる歌詞にしました。"す"を足すだけで"好きになって"になりますからね。

-Track.2「WELL?」については?

YUSUKE:ショート・チューンを作りたかったんです。好きなショート・チューンもいっぱいあるし、それこそSHACHIの「シャフトロング」(2009年リリースの3rdアルバム『FINE FIELD』収録曲)もめっちゃ好きで。2番も聴きたいと思わせるものが好きなんですよ。この曲も3分ぐらいにすることもできたけど、あえてスパッと終わらせる方がいいかなと。

-ショート・チューンだけど、物語性もちゃんとありますよね。

YUSUKE:いろんなことをやってます。1分でこんなに歌詞があるのかというくらい詰め込んでますからね。

-そこもラッパーらしいです(笑)。Track.3「SUMMER DAAAY」は高校時代に作った曲と言ってましたが、アレンジはだいぶ変えたんですか?

YUSUKE:今の方がだいぶかっこよくなってます。基本的なところは変わってないですけど。

-これもいい曲ですね。

YUSUKE:ありがとうございます。僕の夏のイメージって、夜だったり、切ない印象の方が強くて。僕の家の近くに河川敷があって、当時は夜中に友達と恋バナしてたんですけど、僕の夏のイメージはそれなんですよね。Aメロやサビはすごく明るいけど、途中でラップというか、レゲエみたいな切ないパートもあって、そこが好きですね。この曲こそ当時影響を受けたものが素直に出てますね。メロコアが好きだから2ビートを入れたいし、Cメロではレゲエ、ヒップホップのリズムでラップするという。それをこの3人でうまく表現できたなと。

-歌詞もこの曲だけ切ないんですよね。

YUSUKE:切ない夏が多かったからでしょうね(笑)。夏は楽しいから、あとから思い出すと切なくなるんですよ。夏の思い出は美化されるから、楽しかった思い出を振り返ってるつもりなのに、泣きそうになる。"間違って泣き出して思い出してく"という歌詞があるけど、間違えて泣き出してしまう。その気分をうまく表現できたと思います。

RUKA:私もこの曲は好きですね。10代のころの素直だけど、素直になれないっていう矛盾してる気持ちがうまく出てると思います。それをわかりやすく伝えられるようになったのかなと。

YUSUKE:僕も26歳になるけど、ようやく説得力のある表現ができるようになったなと。文学的な歌詞は書けないので、全部話し言葉みたいなイメージで歌詞を書いてるんです。気軽に聴けるけど、なんか深いぞって。そういう表現もできるようになりました。

-あと、バンドのキャッチ・コピーに"POSITIVE VIBES FOR U AND ME"という言葉がありますけど、これは?

YUSUKE:ポジティヴに考えることが大事だなと。つらいときや悲しいときにバンドの力を感じることが多くて。学校行くのがダルいと思ったときに、好きなバンドの曲を聴いたら行けたり。おじいちゃんが死んだときも、曲を聴いたら気持ちを紛らわせることができたから。そういうバンドになりたいですね。ポジティヴな発想を持とうよって、それは曲の根底にあります。