MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIRFLIP

2016.06.07UPDATE

2016年06月号掲載

AIRFLIP

メンバー:Satoshi(Gt/Vo) GUCCI(Gt/Cho) Fujimon(Ba/Cho) Ritsuya(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-リード・ギター担当のGUCCIさんのプレイは、メロディアスなフレーズが多いですね。

GUCCI:だから難しいんですよ。もともと僕、ライヴで暴れたいからギターはバッキングをやってたんです。でも、このバンドではリードなんで、簡単なフレーズだけ弾いているわけにはいかないじゃないですか。

-じゃあ、今回のレコーディングを通して、ギター・プレイの引き出しも増えたんじゃないですか?

GUCCI:そうですね。ふたり(Satoshi、Fujimon)が持ってくるフレーズが自分にはないものなので、それと自分が考えるフレーズをどう融合させるかってやって、自然と自分のフレーズの幅も広がったと思います。

-Ritsuyaさんは?

Ritsuya:僕はシンプル且つタイトなドラムを目指しました。以上です(笑)。

Fujimon:僕らの無茶ぶりに結構、応えてくれるんですよ。応えることでプレイの幅が広がると考えて、全部吸収しようとしてくれる。

Ritsuya:できるようになったらカッコいいじゃないですか。

Fujimon:結構シンプルなリズムでも、Ritsuyaが叩くと彼の個性が出るんで、できるだけそれは活かしたいと思いました。

Satoshi:実は、今回初めてレコーディングの日程を延長したんです。最後の曲なんて構成とフレーズが固まったのがレコーディングの前日ですからね。

Fujimon:それも夜中の2時。

GUCCI:それでもレコーディング中も考えてましたからね。

Fujimon:妥協したくなかったんですよ。

-個人的にはTrack.6「Old Story」が一番好きかな。

Satoshi:僕が作った曲です(笑)。

-歌い上げるというか、じっくり聴かせる曲もレパートリーに持っているんですね。

Fujimon:ここまでテンポを落とした曲は初めてなんじゃない?

GUCCI:ギター(の音色)もクリーンを使ったのは初めてかもしれない。

Satoshi:いろいろ初めてのことを取り入れた曲ですね。

Fujimon:これはSatoshi君が何曲か持ってきた中の1曲だったんですよ。みんな、他のメロコアっぽい曲をやろうとしていたんですけど、僕は"これがいい"って言ったんです。

GUCCI:今、手柄を横取りしようとしたな(笑)。

Fujimon:あのとき、俺が言わんかったら今この曲はないよ(笑)。でも、言って良かったと思うよ、ほんまに。

Satoshi:ゆったりした曲は前から作りたかったんですよ。そういう曲が1曲あるとライヴの雰囲気も変わるし、そのあとにやる曲も際立つし。

Fujimon:仮歌の段階で、いい曲だって思ったもん。

Satoshi:ありがとね、ありがとね(笑)。

-バンドの"今"を印象づけると同時に今後を期待させる1枚になったんじゃないですか?

Fujimon:ありがとうございます!

Satoshi:このまま動きを止めずに、今度のツアーのファイナルで次のリリースを発表できるぐらいの勢いでやっていきたいですね。

-そうそう、リリース・ツアーがあるんですよね。

GUCCI:6月にスタートして、北は北海道から南は福岡まで、まんべんなく全国を回ります。でも、今回は1本1本集中してできるように本数は少なめにしているんです。お客さんに来てもらう以上、こっちの都合で"3連発の最後の1日はクオリティが落ちちゃう"みたいなことは避けたかったんです。と言いながら、北海道で3連発があるんですけど、なるべく詰めすぎずにそれぞれの場所で色を変えるような試みもしていきたいと考えてるんですよ。