MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID®

2015.11.13UPDATE

2015年11月号掲載

BAND-MAID®

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-えっ、そうなんですか?

MISA:はい(笑)。

小鳩:ウィスキーを瓶で飲んじゃうんですよ。"たまにウーロン茶なんじゃないの?"と言われるんですけど、ガチで飲んでます(笑)。

-今、男性バンドでもライヴ中にお酒を飲むバンドはあまりいませんが。

一同:はははは。

-飲むと、演奏も変わります?

MISA:テンションは上がりますね。

小鳩:飲んでないときがないからね(笑)。

廣瀬:それでヴォーカルふたりの衣装は対照的なんですよ。

彩姫:小鳩はわかりやすいメイド服なので、私はその真逆でいこうと。

小鳩:(彩姫は)サバサバしてるし、クールだから真っ黒で、かわいい要素はあまり入れたくないみたいで。ライヴ中の煽りも"てめえらー!"ぐらい言っちゃいますからね。

-現在の5人編成になって、また変わりました?

小鳩:衣装や楽曲もかわいいものが多かったけど、今回入ってるTrack.1「Thrill」という曲ができたときに、みんなしっくり来たんですよ。そこでバンドの方向性が決まりました。今作はBAND-MAID®の新しい一歩みたいな作品ですね。

廣瀬:「Thrill」からドラムもツイン・ペダルになり、今までにないくらいゴリゴリになりましたからね(笑)。ライヴでもお客さんはモッシュするようになったので。

小鳩:うん。だから、そっちに寄った方がいいんじゃないかと。

遠乃:「Thrill」でメンバーみんな同意したから、もっとハード・ロック、メタルに近いような方向性でやりたいなと。

MISA:こっちの方がいいよねってなりました。

彩姫:「Thrill」から速弾きするようになったんだっけ?

遠乃:もともとメロディアスなギター・ソロを弾いていたけど、スウィープ、タッピング、速いピッキングを取り入れるようになりました。

廣瀬:ガールズ・バンドでもポップ・ロックは多いと思うので、今の音楽の方が圧倒的なギャップを見せられるかなって。

-なるほど。

小鳩:衣装はかわいいから、楽曲はもっとゴリゴリにしようと。

-彩姫さんは「Thrill」を歌ってみて、感触は?

彩姫:こっちの方が楽しい(笑)。もともとハードな音楽が好きだったので、曲を聴いたときはキタね!みたいな。BAND-MAID®でこういう楽曲をやれば面白いに決まってるじゃんって。ギャップをテーマにしているので、まさに!という感じでした。

-今回初めてBAND-MAID®の楽曲を聴いたのですが、激しさがありながらも、サウンド全体からは切なさや哀愁感が漂っているなと。

小鳩:哀愁感ですか(笑)!

-そこは狙ってるんですか、あるいは自然に出てきたもの?

小鳩:そこは自然と出てるものかもしれない。

彩姫:みんな闇を抱えているんですよ(笑)。メンバーみんな人見知りなんです。