MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

A Barking Dog Never Bites

2015.07.10UPDATE

2015年07月号掲載

A Barking Dog Never Bites

メンバー:Ryo (Vo) Wataru (Vo) Sow (Gt) Aki (Ba) Kizuki (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-初のフル・アルバムが完成しました。紙資料に"ダンスコア"と書かれているので、エレクトロが入ったその手の音なのかと思いきや、サウンドは人力で押し通した男臭いサウンドですね。やはり、生楽器に対するこだわりは強いんですか?

Ryo:なんか、人間の限界に挑戦したくて。

Wataru:アスリートみたいだね(笑)。

Ryo:今の便利な時代だからこそ、生音の良さが活きるというか、生音を突き詰めたい。それがバンドの共通認識としてありますね。

-結成当時にはどんな話し合いをしました?

Ryo:ポンポン、各々のやりたいことを言い合いました。

Kizuki:音をすり合わせるようになったときに、ピコピコした音楽が流行り始めたから、俺らはそういうのはいらないよねって。それは得意な人たちに任せて......ただ、そういう音は耳にたくさん入ってくるから、できる限り人力で闘ってみたいなと。

-なるほど。

Kizuki:SowやAkiのタッピングがちょっとダンス・ロックぽくない?とか、ヴォーカルもヘンな声を出すし、最初からダンスさせようとは考えてなかったけど、お客さんは踊ってくれるし、それなら"ダンスコア"と呼ぼうかなって。もともとそういうジャンルをつけたのは、打ち込みがなくて、生音でそういうことをやってる意識が強かったからだと思います。生音で踊らせてやる、揺らせてやるって。最初は冗談半分というか、やってみたらやれたから、やっちゃおうと。

Sow:気づいたら、同期を使わないというこだわりができました。

-基本的な質問ですけど、バンドのHPを見ても結成年が書かれてなくて、いつごろに始まったんですか?

Ryo:5年前に僕とKizukiとSowで始めて、それからメンバー・チェンジがあり、AkiとWataruが入りました。Wataruが入ってまだ2年ぐらいですね。

-3人でやっていたころはどんな音楽を?

Ryo:もうひとり別のギターがいて、ツイン・ギター編成で、また違う雰囲気の音楽でした。

Kizuki:もっとエグい感じでした。カオティックというか、複雑な曲をやってました。今考えたら、ものすごく聴きづらいだろうなって。

-PROTEST THE HERO、THE DILLINGER ESCAPE PLANみたいな音ですか?

Ryo:そのへんも影響は受けてますね。

Kizuki:今、よくこういう音になったよね(笑)。

-以前はテクニカルな側面が強かったと。

Ryo:そうですね。それからメンバーも替わって、ツアーでいろんなことを経験したので、今回は自分たちなりの音を詰められたと思います。

Kizuki:今もテクニカルな音は好きだけど、ステージとお客さんの垣根を越えて、お互いの気持ちにどうアクセスできるかを考えたときに、もう少しシンプルさが欲しいなと。聴きやすくというより、ヘンなところはよりヘンだなと感じてもらえるために、余計なものを削ぎ落としました。

Ryo:そうだね。まあ、お客さんのことを意識するようになりました。楽曲の変化はそこが大きいですね。ライヴでお客さんが楽しめる曲を作ろうと。それで今の音になってきたんじゃないかな。

-その意識が芽生えてきたのはいつごろですか?

Ryo:Wataruが加入する前後ですね。

-現5人編成になって、バンド内に変化はありました?

Kizuki:今まではRyoがずっとシャウトとクリーンを歌っていたけど、そうじゃなくなったことが大きくて。

Ryo:うん、Wataruはメロディ・センスが抜群にいいし、今後バンドが次のステップに行くためには彼の力が大事だなと。自分もそうだけど、メロディがいいものは、みんな口ずさむと思うから。お客さんに口ずさんでもらうことを考えて、楽曲を作るようになりました。

-曲作りも方法も変わりました?

Ryo:メンバー全員がメロディを重要視するようになりました。

Sow:今まではオケを作って、あとからメロディを乗せていたけど、Wataruが入ったことで、メロディから派生した形で曲を作るようになりました。

Aki:楽器隊はいろんなテクニックを持ってるから、弾きすぎてしまうこともあって。前作はそれでもヴォーカルはうまいこと乗せていたけど、今回は歌が入ることを考えて弾いた部分が大きいですね。歌が際立ってこそ、テクニックが活きるのかなと。押し引きというか、押すところは絶対コピーさせないぐらいの勢いでやってます。