MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ANTHELION

2015.03.03UPDATE

2015年03月号掲載

ANTHELION

メンバー:Code(Vo)

インタビュアー:藤崎 実

-ニュー・アルバム『Obsidian Plume』のリリース、おめでとうございます。本作を振り返ってみてどう感じていますか?

ニュー・アルバムは、メンバーのアイディアを上手く取り入れ、バランス良く仕上がったと思っています。メンバーの創作が多くを占め、アイディアも各メンバーが提供し、多くの楽曲が"枠組み"にとらわれず、これまで以上に自由にできました。表現の自由さが格段に上がりました。また、しばらくアルバムを出していなかったこともあり、とてもワクワクしています。ぜひ各地のファンやリスナーの感想を聞きたいです。

-10年を超える活動歴を誇るANTHELIONですが、改めてバンドの紹介と結成から現在までに至るエピソードを教えていただいてもよろしいですか?

バンド結成以来、多くのいさかいや外部から受けるプレッシャーがありました。バンド結成時、Zeist(Gt)とTroy(Dr)は高校生で、Troyは日本のロックの影響を受け、ドラムを叩き始めていました。Zeistは彼に推されてギターを始めたのです。私がスタジオで彼らと会ったのはそのころでしたね。当時から彼と一緒にバンドをやれたらと思って、今に至ります。その後、私たちは大小様々な経験をし、世界各国でツアーやメディアの取材を受けました。私たちは今でも自分たちがしたいことができていますが、これは本当に幸運だと思っています。

-『Obsidian Plume』のコンセプトや歌詞についてお話いただけますか?

『Obsidian Plume(黒羽)』では、私たちのこれまでの制作モデルを変えました。僕以外のメンバーの楽曲を起用し、アルバム・スタイルについても議論を重ね、キーボードなどで特殊効果を多く取り入れました。また、その他の楽器とのアンサンブルもできるだけ少なくしました。ANTHELIONの音楽としてのオリジナル性が強化されたと思います。『Obsidian Plume』では、初めていくつかの楽曲の歌詞の一節に"台湾語"を用いる試みをしました。それぞれを全体のストーリーから切り離すとともに、情景や情緒を繋げる役割も果たし、これまで試したことのない題材にも取り組みました。前回のアルバム『Bloodshed Rebefallen(淋血再臨)』では戦争や呪い、伝承や恨み、復讐などがベースにありましたが、ニュー・アルバムとなる『Obsidian Plume』には絶望や希望、夜明け前の暗闇など、楽曲ひとつひとつがより独特で、"真実"が含まれています。それぞれ違う経験をしてきた人々を取材して作りあげました。人々はみな"Obsidian Plume"であり、それぞれの人生の主役です。このアルバムはそういった人々へ向けた作品でもあります。アルバムの世界観ですが、『Bloodshed Rebefallen』は完全なるバーチャルだったことに対し、『Obsidian Plume』は完全に現実世界がベースです。これまで実在しつつもあまり関心を持たれなかったこと、目に留まらなかったことを表現しました。

「黒羽」
傾頹的世界 橫流苦痛夢迴
退廃した世界 禍にまみれた苦痛の夢

恨曲不成調 餘音繚繞
恨み節は調子が整わず 音は脳内を駆け巡る

詩詞狂舞 編織 夜幕籠罩
詩は舞い狂い 織りなすそのさまは 夜の帳のよう

黎明將至 崩毀 等待破曉
夜明けが迫る 崩れ落ちる 朝日を待ちわびている

「鴉夢」
千年光影 日頭赤焱
千年の時 さまざまな災難

烏焦雙翼 孤飛的運命
真っ黒な翼で 一人飛ぶ定め

千年光影 獨身長夜
千年の時 一人長夜

雪白火熏 風霜透骨的罪名
純白は火に炙られ 骨身にしみる試練は罪名の如く