MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FRUITPOCHETTE

2015.02.25UPDATE

2015年03月号掲載

FRUITPOCHETTE

メンバー:寺谷 美奈  東 志栞

インタビュアー:荒金 良介

-今日は愛媛から来たんですか?

寺谷:はい。ちょっと移動で疲れました(笑)。

東:今日は飛行機なんですけど、たまに夜行バスもあって、そのときはキツイですね。

-では、初登場になるので自己紹介からお願いします。

東:東志栞です。みんなからは"ずま"って呼ばれてます。

寺谷:寺谷美奈です。みんなからは"みなみん"って呼ばれてます。"ずま"と"みなみん"って、アイドル感が出てますね(笑)。

-アイドル感が出てもいいじゃないですか?

寺谷:ちょっとそんな感じはせんよね?

東:うん。

寺谷:アイドル感は薄いんですよ。

東:だって、アイドルだったら、47都道府県をふたりで回ったりしないですよ。もともとバンド中心の事務所なので、バンドマンっぽい育て方をされたので、アイドルという言葉に違和感を覚えるんです。

-47都道府県はツアーで回ったんですか?

東:全国ツアーです。3ヶ月くらいで回りました。だから、ほかのアイドルと比べたら、精神的に強いのかなって(笑)。

-このFRUITPOCHETTE(以下フルポシェ)は、"ひめキュンフルーツ缶"の研修生だったおふたりが選抜されて、結成されたそうですね。

東:ひめキュン二期生オーディションがあって、そこでめちゃくちゃ仲良くなったのが寺谷なんですよ。そのオーディションにふたりとも落ちちゃって。それから後日呼ばれて、ふたりの仲が良かった感じが伝わったのか、新しいユニットを作る話が持ち上がりました。最初にメタルの曲を渡されたときはメタルなんてまったくわからなかったので、"メタル?"って感じで。

寺谷:聴いたことがなかったもんね。

東:だから、逆に面白かったですね。周りから曲が重いねと言われたり、メタル・バンドの方とも対バンするようになって、それから自分たちでもメタルを聴くようになりました。

-フルポシェというユニット名から最初に抱いたイメージは?

東:ひめキュンもロックな感じだから、ひめキュンぽい感じなのかなと思っていたら、かっこいい感じの曲が来たなって。でもファンの人たちや対バンするバンドの方から"メタルだね!"と言われて、"あっ、メタルなんだ"って。

-周りから言われて、気づいたんですね!

東:そうですね。最近だと、ARTEMAさんやサンエル(THREE LIGHTS DOWN KINGS)さんとやらせてもらって......。

寺谷:かっこいいよね?

東:すごくかっこ良かったです。で、CDもいただいたりして。

-おふたりのメタルのイメージというと?

東:未知すぎて。メタルと言われても、"そんなジャンルの音楽があるんだ"って。もともとは普通の女子高生が聴くようなSEKAI NO OWARI、西野カナとか、そのへんが好きで。ピアノをやっていたので、クラシックやジャズも好きなんですよ。

寺谷:私も普段はSEKAI NO OWARIとか、ピコピコした音楽......きゃりーぱみゅぱみゅだったり、アップ・テンポな曲が好きですね。

-ピコピコの要素はフルポシェの音楽にも入ってますもんね。

東:はい。だから、自分たちの曲をすごく受け入れやすかったです。