MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

PEANUTS FOR A PARTY BOY

2013.09.12UPDATE

2013年09月号掲載

PEANUTS FOR A PARTY BOY

メンバー:Kai(Vo) Hiro(Gt)

インタビュアー:篠崎 祐介

-まずは自己紹介をお願いします。

Hiro:見た目は爽やかだけど、肉食系。みんなの王子様、ギターのHiroです。

Kai:眼鏡がトレードマークのシャイ・ボーイ、PEANUTSの眼鏡っ子担当、ヴォーカルのKaiです。

-そういう紹介があるんですね(笑)。

Kai:はい!アイドルなんで!

-ではPEANUTS FOR A PARTY BOYというバンド名の由来を教えてください。

Hiro:元々僕とギターのVinnyが高校の同級生で、一緒に音楽をやろうって始めたのがきっかけです。高校卒業して僕がアメリカに行ってる間にVinnyは日本にいて、Skypeでバンド名を考えてたんですけど、とりあえず好きな単語1つ挙げて、でPEANUTSって単語が思い浮かんだんです。響きが凄いかわいくて気に入って。で、NUTSがアメリカで負け犬っていうような意味があって"You're Nuts"みたいな。そういうのも面白いかなと思って。で、当時激しい音楽をやろうとしてて。その頃長いバンド名が流行ってて、実際にあるバンド名にPEANUTSって単語を当てはめて遊んでたんです。

Kai:PEANUTSTHEFALL(BLESSTHEFALL)とかPEANUTS PEANUTS!(ATTACK ATTACK!)とか(笑)。

Hiro:で、自分がA BULLET FOR PRETTY BOYに当てはめて、でPRETTY BOYをPARTY BOYに変えて、PEANUTS FOR A PARTY BOYと。そこが始まりです(笑)。

Kai:みんなA BULLET FOR PRETTY BOYも好きだしね。で、Hiroがアメリカで住んでたところがバンドの地元だったんだよね?

Hiro:いや、住んでた近くによくバンドがツアーに来るライヴハウスがあって、そこにA BULLET FOR PRETTY BOYが来てて。でライヴ見に行って彼らと話して"俺らこんなバンド名付けちゃった"って話したら"お前らいいね!"ってなって(笑)。

Kai:本人公認です(笑)。

-PEANUTSってスラングで貧しい人とか小さいことというような意味があるみたいですが、そういう意味も含まれてるのですか?

Hiro:そうですね。まぁちょっとバカにしたような意味があるんですよね。腰抜けとか。そういうヒネリも入れてます。あとVinnyと僕が千葉県出身だったので、まぁ千葉県の名産が落花生で(笑)。

Kai:後付けなんですけどね(笑)。メンバーの過半数が千葉なので。

-5人中何人が千葉ですか?

Kai:3人です。あ、6人中3人です、ぴぃちゃんがいるので!

-あぁ(笑)。ぴぃちゃんも千葉出身ですか?

Kai:ぴぃちゃんは某おもちゃ屋のトイザ○スですね(笑)。5人が2012年に集まって、最初に集まった時に池袋で捕獲しました。パートはモッシュです(笑)。ライヴの時もモッシュしてます(笑)。一応まだ解明されてない情報があるので、今後に期待ということで(笑)。

-で、HiroさんとVinnyさんが一緒にやりだしたのが2012年ということですよね?

Hiro:本格的にバンドとして動き出したのが2012年ですね。その前から2人で曲を作ったりしてaudioleafにアップしたりしてて、2012年に僕がアメリカから帰ってきて、バンドをできることになったので、メンバーを集めだした感じですね。

Kai:メンバーが集まったのが2012年なので、まだ1年ちょっとですね。

-メンバーはどうやって集まったのでしょう?

Kai:最初はHiroとVinnyのユニットで、Hiroがアメリカから帰ってきたからバンドにしたくなって、audioleafで募集をかけてたんです。その募集を僕がたまたま見つけて、曲を聴いて"竜巻旋風脚!"とか言ってるから、こいつらヤバいと思って(笑)。

Hiro:すぐメール来ました(笑)。募集をアップして1日か2日ぐらいで来ましたね。で、即会って。あとベースのYuyaがVinnyの大学の友達です。

Kai:なので僕が行った時にはもう3人いて。あとはドラムだけいない状態で、前に僕が一緒にやっていたドラムのTetsucoが合いそうだから連れてきたんです。だから募集かけて1週間経たないで5人集まっちゃいました。

-みなさん他にもバンドをやっていますよね?

Kai:僕とドラムのTetsucoがDEAR ELEGANCEというバンドで、HiroとベースのYuyaがTRANSLATIONSをやってます。で、最初PEANUTSは5人集まったんですけど、全然活動してなかったんですよ。ちゃんとバンドらしい活動をしだしたのは今年の4月ぐらいからなんです。それまでは本当にスタジオも1回も入ったことなかったし、これ言っていいのかな(笑)。

Hiro:初めてメンバー全員で会った日に1回スタジオに入ったんです。

Kai:それが2012年で、それ以降1年以上ずっとスタジオ入ってなくて。みんなで遊びに行ったりしてて(笑)。

Hiro:DEAR ELEGANCEとTRANSLATIONSもあったし、それぞれのバンドで重点的に活動してました。