MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

3style

2013.07.12UPDATE

2013年07月号掲載

3style

メンバー:Ryotin (Vo/Gt) Hino(Ba/Vo) Naoki(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-ちょうど1年ぶりのインタビューになりますが、取材には慣れました?

Ryotin:全く慣れてないです(笑)。

Naoki:まあ、前よりはちょっと喋れるかなと。

-では前作以降、バンド的に何か変化はありました?

Naoki:僕らにとって、この1年はいままでの中でいちばん充実してましたね。初めて前作をリリースしたことも分岐点になったし、レコ発ツアーも回って、各地の先輩後輩といろいろ喋って、毎日がすごく新鮮だったんですよ。だから、メンバーそれぞれ成長できた1年だと思います。

-Naokiさんが成長できたポイントと言うと?

Naoki:ちょっと大人になりました。

全員:ははははは。

-大人の階段を上り始めた?

Naoki:そうですね、1歩上りました。ちゃんと人の意見を取り入れるようになりました。いままではたくさん話を聞いても、自分の中でパンクしていたけど、それをうまく吸収して処理をするというか......。大人の階段上りました、たぶん(笑)。

-Ryotinはどうですか?

Ryotin:僕は1人暮らしを始めたことですね。

-なぜ1人暮らしをしようと?

Ryotin:いい歳だし、説得力がないかなと思って。自分の好きなバンドの人が実家暮らしだったら、残念だから。自分もいい歳だし、かっこ悪いなと思って。

-それで音楽との向き合い方も変わってきました?

Ryotin:そうですね。1人暮らしすることで、千葉の友達やバンドマンと飲みに行く機会がほんとに多くなって。めちゃくちゃ人との繋がりが増えたし、それでみんなの有難味もわかったし、今は楽しいですね。

-そこが以前とは大きく違うところ?

Ryotin:はい、CD出す前とは全然変わりましたね。それまではあまり人と関わりたくなかったから。

-(笑)

Ryotin:俺のことはほっといてくれ、みたいな人間だったけど。ツアーを終えて、いろんな人に助けてもらってることを実感して、気持ち的には変わりましたね。感謝の気持ちを持って、日々生きてます。