MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DAZZLE VISION

2012.05.02UPDATE

2012年05月号掲載

DAZZLE VISION

メンバー:Maiko (Vo) John (Gt) Takuro (Ba) Haru (Dr)

インタビュアー:インタビュアー:米沢 彰 原稿制作:ムラオカ

-初めてのインタビューですので基本的なことになりますが、バンド名の由来を教えてください。

Maiko(以下M):直訳すると“目を奪う映像”になるんですけど……。上手く言えないな……。由来はなかったことにして下さい。

一同:(笑)

-なかったことにしますか(笑)。

M:じゃあ、ちょっと話は飛びますが、バンド名は花の“椿”とリンクしていて、花言葉(気取らない優美さ、申し分のない魅力など)や英語名(Camellia Japonica)から“日本的な美しさ”を意識しています。初期の頃からバンドのモチーフに椿を使っていますが、花を使うことで女性ヴォーカルということも上手く表せているかな、と。そういった“日本発の美しさ”を意識したバンド名になっていますね。決めたときはそこまで深くは考えていませんでしたが。

-今のメンバーに固まってから1年半が経ちましたが、バンドの今現在の雰囲気はいかがですか?

Haru(以下H):雰囲気は良いですね。ここの3人(Maiko、Takuro、Haru)は付き合いも長くて、高校生の頃からの付き合いです。JohnもTakuroと同い年ということもあって4人でいい雰囲気でやれています。

-Johnさんも同い年ということは元々知り合いだったのですか?

H:いや、知りませんでした。たまたま同い年だったということですね。

-ではJohnさんとはどこで出会ったのでしょうか?

John:with9というサイト上での募集ですね。

T:前ギタリストが活動を続けられなくなってしまって、with9で大々的にオーディションをしたんです。DAZZLE VISIONは曲数も多いので腕のあり、且つ、かなり耳が良いギタリストじゃないと務まらなくて、周りにはできるギタリストがいなかったんです。

M:たくさん応募があったんですけど、唯一完璧にできたのがJohnだったという。

H :中々ハードルの高いオーディションだったんですよ。まず音だけ渡してこれコピーしてきて、ってチューニングも何のヒントもなしにやってもらいました。

M:そして一緒にスタジオに入って、その2曲をいきなり半音下げてやってと無茶振りしたり……。

一同:(笑)

H:後ろにまだ何人も控えていましたけど、Johnが来て弾いてもらった時に“コレだ!”と思いましたね。

-Johnさんは加入前はどういった活動をしていたのですか?

J:実は直前まで名古屋にいて、それまでもずっとバンドをやっていたんですが、バンドをやっていない瞬間がないってぐらいでした。東京に出て来た時はバンドをやる気は全然なかったんですが、たまたまwith9で募集のバナーがでっかく出てるのを見つけて、それからバンドのサイトを見て、格好良いバンドだなと思って、受けてみたら受かりました(笑)。元々はこういうラウドロックには馴染みがなかったんですけど。

-元々はどういうジャンルのバンドをやっていたんですか?

J:下北系のギター・ロックでした。

-随分違いますね。

J:今でも試行錯誤の連続ですけど、楽しくやれてます。

H:新しい曲ができてきて、Johnの新しい要素が入ってきて非常に良い影響を与えていると思います。

-EVANESCENCEの東京、名古屋各公演オープニングに起用されたのにはビックリしました。私自身はお伺いできなかったのですが、EVANESCENCEとの共演はいかがでしたか?

Haru(以下H):マジで凄かったです。EVANESCENCEのライヴにかなり釘付けになっていました。メンバーもみんな凄くフレンドリーで、ドラムのWillはリハの時に俺のドラムのところに来て叩いて“俺のと違う音がする!”とか言って話したりしていました。

John(以下J):メンバーにライヴ後に“とりあえず飲めよ!”ってビールを渡されて乾杯しましたね。

H:あと、CDくれって言われて。

Maiko(以下M): 1日目のライヴ後にCDをAmyに渡したんですけど、その翌日にはAmyから“サインが欲しい”って言われたことがすごく嬉しかった。もちろん、私たちもサインをもらいました!もっと驚いたのは、後日には他のメンバー分も欲しいって海外から連絡があって、メンバー全員分のサインを入れて送りました。

-素晴らしい交流ですね。

M:好きだと聞いていたので、Amyには私とお揃いのマイメロディのキー・ホルダーをプレゼントしたりもしたんですよ(笑)。