MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

REVOKER

2012.01.10UPDATE

2012年01月号掲載

REVOKER

メンバー:Chris Green(Gt)

インタビュアー:米沢 彰  Translator : Yuga

-デビュー・アルバム『Revenge For The Ruthless』のリリースおめでとうございます。本国では一足先にリリースされていますが、UKでの反応は如何ですか?

UKからは素晴らしい反応をもらっているよ。ROB ZOMBIEやOZZY OSBOURNE、SEPULTURAなどの俺たちがこれまでにサポートしたバンドからすごく良いフィードバックをもらってね。そういうヘッドライナー・バンドのファンたちが俺たちのライヴでも楽しんでくれているところを見るとすごく嬉しいよ。俺たちのラッドライン・ショウもソールド・アウトしたしね。素晴らしいことだよ。昨年はUKの大きなフェスティバルにもいくつか出演したんだ。Sonisphereでは、最高のサークルピットを作ってくれたファンのために演奏したよ。ヨーロッパでもショウをやって、Graspop Metal Meetingなんかでは朝の11時だったのに定員4,000人のテントがいっぱいだったんだ…やばいだろ!ヨーロッパのファンはみんなクレイジーで、ショウは大盛況だったよ。ヨーロッパではいつもクレイジーなメタル・ヘッドたちと素晴らしい時間を過ごせるんだ。ツアーの回数を重ねる度に、演奏する会場はどんどん大きくなるし、ファン・ベースを増やしていけてると思うととても嬉しいよ。俺たちのアルバムをリリースした最初の週では、UKロックチャートでトップ20入りしたんだ。

-アーティスト写真を見ると、相当若く見えますが、皆さんおいくつですか?

それよく言われるよ。俺たちはだいたい21~25才だよ。俺たちがギターを始めたのは10才のときなんだけど、でも年齢って技術には関係ないと思うんだ。俺たちは確かに若いかもしれないけれど才能だってあるし、自分の作る音楽を聴いてもらいたいんだよ!

-今回のプロデューサーはあのSKINDREDのBenji Webbe(Vo)と聞いています。SKINDREDとREVOKERは異なるジャンルになるかと思いますが、どういった経緯でBenjiからプロデュースされることになったのでしょうか?

俺たちが彼と仕事すると決めたのは、彼が良い友達だったからだよ。音楽のスタイルが違うのは分かっているけれど、彼が才能に溢れていることはよく知っている。彼がとんでもない才能を持っていることを理解しなきゃいけないよ。俺たちが前にニューポートのNot In Pillスタジオでデモをレコーディングしていたときに、彼はよく顔を出しに来て俺たちの音楽を聴いてたんだ。そのときも彼は俺たちの音楽が好きみたいだったし、彼とやろうって決めるのに十分な理由だったよ。それに彼は俺たちがこのアルバムで達成したいスタイルや方向性を良く理解してくれていたから、その点では彼と一緒に仕事する上で良いボーナス・ポイントになったよね。

-Benjiとの制作プロセスはいかがでしたか?

俺たちはこのアルバムのために16曲書いてレコーディングしたんだ。プロデュースという視点からいうと、Benjiはとても良いアドバイスをくれたし、素晴らしいアイデアを共有してくれたよ。彼みたいに才能に溢れた人間と一緒に仕事できたのは素晴らしい経験だったし、ヴォーカリストとしても俺は個人的にとてもたくさんのことを彼から学んだよ。俺とは違った種類のテクニックや、曲の書き方までね。レコーディング中にも良い友達にたくさん会えて、とても良い雰囲気の中で収録することができたと思うよ。スタジオに閉じ込められていた息苦しい時間を、みんなの笑い声が打ち消してくれたんだ!

-サウンドが非常にまとまっていて、とてもデビュー・アルバムとは思えないぐらいに完成系に近いサウンドを既に獲得しているように感じられます。あなた方はこれまでどのように活動し、キャリアを積んできたのでしょうか?

俺たちはバンドとしてこの5年間を共にして来たんだ。それにサウス・ウェールズの地元のシーンで違った名前でバンドを始めたりしていたよ。ファン・ベースを広げるために出来る限りたくさんのライヴをやって、自分たちの音楽を広めようとしたんだ。それにしょっちゅうジャムをしていたよ。早い時期に音楽を始めるというのは、バンドとしても一緒に成長しているという意味だからね。だからバンドとしてどうしたら一番上手くいくとかがよく分かるし、自分たちの音を早く見つけることができるから、そのまま成長し続けて確立していくことができるんだよ。

-REVOKERというバンド名に込められた意味を教えて下さい。

REVOKERという名前は、Chris(Gt)が「Revoke(カードゲームでわざとルールを破って別の札を出す反則のこと)」という言葉を出したときにできたんだ。カードゲームにおいてリヴォーカーは、本来札の柄に従わなければいけないときも無視するんだ。そういう意味で俺たちに似ていると思ってね。俺たちも音楽のシーンの柄や流行には従いたくないと思っているから。俺たちはただ自分の信じる音楽を演奏して楽しみたいんだ。それに個人レベルでも、やっぱり“やらなくてはいけないこと”はやりたくないんだ!