MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GREELEY ESTATES

2010.03.10UPDATE

2010年03月号掲載

GREELEY ESTATES

メンバー:Brandon Hackenson(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-『No Rain, No Rainbow』リリースおめでとうございます。 今作で4枚目になりますね。今の気持ちを教えてください。

最高な気分だよ!俺たちはみんな過去最高なアルバムが出来たと思ってるよ。

-日本でのデビュー作となります。日本でリリースされることになりました今の気持ちを教えてください。

ただ感激してるよ!日本でリリースするってことは長い間、俺たち全員の夢だったからね。みんなすごくテンションが上がってるよ!

-今作を制作する上で意識したことを教えてください。

一番頑張ったのは、とにかく自分たちの持っている創造力を100パーセント活かせるように努力したことかな。過去にやったことのないアプローチを試すことはとにかく楽しかったよ。このアルバムはダークで、陰鬱で、へヴィなものにしたかったんだ。

-完成した今、満足している点、また反省すべき点がありましたらそれも教えていただけますか?

後悔は一切ないね。みんな出来上がったものに自信もあるし、満足しているよ。
俺たちってライヴではヘヴィな曲をする方が楽しいんだ。だからこういうヘヴィなアルバムが完成したのは自然なことだったんだ。自分が楽しいと思える事をするべきだとは思わないか(笑)

-非常にヘヴィでアグレッシヴなサウンドながらも、キャッチーな部分が共存しているのがあなたがたのサウンドの特徴の一つだと感じましたが、あなたがたは自身の特筆すべき個性はどこにあると思いますか?

君の言う通りさ。俺たちはキャッチーな部分は絶対必要だと思っている反面、すさまじくヘヴィにしたいって気持ちでいるからね。

-今作からPVは作らないのでしょうか?作る予定でしたらどのようなものになるか教えてください。

近々、 「Friends Are Friends For Never」のPVを録る予定だよ。きっと楽しいことになるから、今から楽しみだよ。

-今までの作品で一番気に入っている曲とその理由を教えてください。

みんなそれぞれ違うお気に入りの曲があるんだけど、俺は「I Shot The Maid」が一番気に入っているよ。歌詞が暗くて映画のような内容だし、曲がスピーディーだからね。きっとライヴでは盛り上がる曲になると思っているよ。

-あなたがたはTRAGIC HEROの代表格のバンドですが、あなたたちから見たTRAGIC HEROとはどのようなレーベルですか?

素晴らしいレーベルさ。俺たちは家族のようにも感じているし、それって素晴らしいことじゃない?TRAGIC HEROに所属できてとても幸せに思っているよ。

-結成から8年と、このシーンでは結構長く活動しているバンドですね。長い間ファンから支持を得続けることは難しいと思いますが、秘訣はありますか?

俺たちがこんなに長くバンドを続けられた理由は、俺たちが常に新しい自分たちを開拓しようとしてきたからだと思う。その証拠に俺たちのアルバムは全部違うサウンドに仕上がっているんだ。俺たちにとって毎回リリースの度に新しいファンや、繋がりが広がっていくのが楽しくてしかたないよ。それに毎回新しい事をするのってとっても難しいけど、やりがいがあるからね。

-ライヴ・パフォーマンスにかなり定評がありますが、みなさんは練習熱心な方ですか?

俺たちはそんなに練習しないほうだよ。そのかわり死ぬほどツアーするから、それが練習みたいなもんさ。楽器を演奏するのはみんな大好きだけどね。

-ライヴをファンに楽しんでもらうために、あなたがたならではの手法がありましたら教えてください。

俺たちは精一杯楽しんでいるだけなんだけど、それがみんなに伝染する感じなんだよね。俺たちが楽しいと思っていたら、大抵はみんなも楽しいと思ってくれているみたいだしね。

-2009年には日本のFACTとツアーをしていますが、一緒にツアーをして印象に残っていることはありますか?

彼らとは、本当に楽しい時間を過ごしたよ。言葉の壁は思ったよりもあって、乗り越えないといけなかったけど、それでも俺たちは仲良くやってたさ。面白い話はたくさんありすぎて困るな。暇さえあればサイコロでシーロ(日本で言うチンチロリン)をずっとやってたよ(笑)。本当に楽しかったなぁ。