MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID®

2015.11.13UPDATE

2015年11月号掲載

BAND-MAID®

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-激ロック初登場なので、バンドの成り立ちから教えてもらえますか?

小鳩:私がもともと秋葉原のメイド喫茶で働いていたんですけど、バンドをやりたいと思い、今のメンバーを集めました。

-別に疑うわけではないんですが、本当にメイド喫茶で働いていたんですか?

小鳩:はい、本当です(笑)!

一同:はははは。

小鳩:でもよく言われますね。地元が熊本で、初めてやったバイトがメイドで、"コンセプト・カフェ"という名前でした(笑)。もうなくなっちゃったんですけどね。それから東京でもやっていたので計3年間ぐらいメイドをやってました。音楽的にはかわいい曲よりもロックをやりたかったので、そのふたつを合わせたら面白いんじゃないかと。それでバンドをやりたいと思ったときに、(遠乃)歌波がソングライター時代の動画をアップしていたので、それで声をかけました。

遠乃:私が入ったときにベースとドラムがいなくて、シンガーソングライター時代にサポートをやってもらった(廣瀬)茜に声をかけて。

廣瀬:はい。で、私と一緒にサポートの仕事をしていたMISAを誘って、楽器隊は横の繋がりですね。

小鳩:それでツイン・ヴォーカルの方が面白いんじゃないかと思い、サイちゃん(彩姫)が入りました。

-結成時は4人編成だったんですよね?

小鳩:はい、4人時代は2回ぐらいしかライヴやってなくて(笑)。

廣瀬:そうだね。ギター2本の方がいろんなことができるから、(小鳩に)ギターを持ってもらいました。

-当時は今に通じるような音楽性でした?

廣瀬:そこまでゴリゴリではなく、ポップ・ロックみたいな感じでした。だから、まだかわいさは残ってましたね。でもそれじゃつまらないから、同期を入れたり、ツイン・ペダルになったり、どんどん音の厚みが増していきました。

-ツイン・ヴォーカル体制にした理由は?

小鳩:私の声が明るいから、もっとハードにしたい、もっとロックにしたいと思って。彩姫の声は低めで......パッと見の印象も真逆なので。

-たしかに完全に陰と陽ですね(笑)。

廣瀬:ステージの見た目の面白さもあるし、パフォーマンスを含め、ツイン・ヴォーカルならではの演出もしてますからね。

-彩姫さんは声をかけられたときはどう思いました?

彩姫:もともとひとりで歌っていたんですよ。で、最初はメイド服とは知らなくて(笑)。今は真っ黒な衣装ですけど、最初はエプロンしたり、チョーカーを付けたりしていたけど、どんどんなくなりました。

小鳩:MISAに関してはよくわからない衣装ですからね。確実にメイド服ではない。

-これは何系になるんですか?

小鳩:チャイナ系? ある人は殺し屋系メイドと言う人もいますけど(笑)。新しいジャンルです。

彩姫:中国のメイド服みたいだよね。

-メンバーそれぞれ衣装は違うんですね。

小鳩:そうですね。最初はみんな似通っていたけど、個性が出た方が面白いかなと。

-メンバーのキャラと衣装はリンクしているんですか?

小鳩:はい。ドラムは激しいプレイをするからロックっぽくて。

廣瀬:そうですね。スタッズを付けたり、私だけカチューシャではなく、帽子を被ってます。

小鳩:衣装の話ではないけど、歌波は性格的に不思議ちゃんだし、MISAはステージドリンクがお酒なんですよ。