MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Circle Joint

2018.11.09UPDATE

2018年11月号掲載

Circle Joint

メンバー:HOWIE(Vo) 壱(Vo/Rap) NoB(Gt) Taka(Ba) U(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

HOWIE(NICOTINE)と壱(MASHRAD)が中心となって、2015年に結成されたCircle Joint。その後、U(ex-NICOTINE/GorillaAttack)、NoB(96BLOCKs/ex-ロードオブメジャー)、Taka(96BLOCKs/ex-NZC)という、キャリアある3人を迎え入れ、本格始動して今に至る。本誌初登場となる今回、リリースを控えた2ndミニ・アルバム『Variety in the box』の話はもちろん、この5人が集結した経緯まで遡って、たっぷりと訊かせてもらった。

-激ロック初登場なので、結成の経緯からうかがいたいと思います。最初は壱さんとHOWIEさんのおふたりで始まったとのことですが、何かきっかけはあったのでしょうか?

HOWIE:きっかけは......。

壱:ノリですね! お酒飲んでて。

HOWIE:ノリかい(笑)! 一緒に働いていたんですよ、土木関係で。お互いのバンドは知っていて、たまたま"仕事を紹介してくれない?"って言われて、"うちで働く?"みたいな感じから。もともと仲は良くて、バンドも"組みたいよね"みたいに言っていて。

壱:そうそう。

HOWIE:初めは、ドラムが自分の弟だったんです。でも、いろいろやらかして(笑)。それから、NICOTINEで一緒にやっていたUに"バンドやらない?"って声を掛けて、仕切り直しました。

-それが2016年だったんですね。まず、HOWIEさんと壱さんには、こんなバンドをやろう、こんな音楽をやろう、というプランはあったんでしょうか?

HOWIE:プラン......あった?

壱:ほぼほぼなかったでしょうね(笑)。

NoB:酒で流れたんじゃないかな(笑)?

壱:パンクはやりたかったんです。でも、こうなりましたねぇ。

HOWIE:まぁ、他のバンドでやっているので。

壱:違うことをしようかって相談して。

-それぞれ、キャリアがあるメンバーが揃っているじゃないですか。だから、新しいことをやる場所にしたかったのかな? とは思ったんですけど。

HOWIE:それはそうですね。

U:常に違うことをみんな探し続けていると思うので。だから来年になったら変わるかもしれないっすね(笑)。

-じゃあ、2015年結成で、現在2018年ですけど、すでにやりたいことが変わったりもしているんですか?

HOWIE:そうですね。骨太なところで、レゲエとパンクはあるんだけど、そこにラテンやメロコアが加わって、いろんな音楽で楽しんでいるっていう感じです。

-まず、パンクっていう軸は、みなさんのキャリアからもわかりますよね。でもレゲエという軸が加わったのは、どういうところからだったりするんでしょう?

壱:オシャレですもんね、レゲエって!

NoB:いや、いいんだけど、もうちょい......(笑)。

HOWIE:もともとはね、NICOTINEで、Circle(Circle Joint)を作る前の年に創立記念日があって、HAKAIHAYABUSAを呼んだんです。そこでKZ(Vo/Gt)が"もともとはメロコアをすごくやりたかった"って言っていて。そこでVDXを組んで、"メロコアこれからやるんでよろしくお願いします!"みたいな感じだったらしいんですよ。じゃあ、俺もレゲエが好きでHAKAI(HAKAIHAYABUSA)とか聴いていたから、逆にやろうかなってCircleで相談したら、みんな"全然やりましょうよ!"って言ってくれて。

壱:そういう話ですね。

-あったんじゃないですか、きっかけ(笑)。

壱:そのときベロベロだったんですよ!

-そうなると、Circle Jointの軸として、パンクとレゲエの他に"酒"ってありますよね(笑)。

U:間違いない(笑)。

Taka:最初は違うギターとベースがいて、僕とNoBがあとから入ったんです。僕とNoBとUは仲良くて、NoBとはバンド(96BLOCKs)もやっていて。Uから、"HOWIEさんはパンク以外にもいろいろ表現した方がいいヴォーカリストだから、いろいろやりたい"って誘われて、あとからふたりで入ったんです。最初は、HOWIEさんや壱がパンクとレゲエを軸にした曲を、ただアレンジしてやっていたんですけど。

U:いきなりレコーディングからスタートだったもんね(笑)。

HOWIE:Uが入ったあと"誘いたいメンバーがいるから、そいつらとガッツリやりたい"って言われて。それでこのメンバーになって、本格始動っていう。

NoB:Uから"ハードコア・バンドやんない?"って電話がかかってきて、"あぁ、いいよ"って言ったら、レゲエが入っていて、あれ、増えてるぞ? っていう(笑)。

Taka:そのとき、俺とNoBは声優やアイドルのバック・バンドもやっていて、ハードコアとかパンクに飢えていたんです。NoBなんて太ってるのに、乙女心を歌った曲とか歌ってたから、お前そんなんじゃないだろうと(笑)。