MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Circle Joint

2018.11.09UPDATE

2018年11月号掲載

Circle Joint

メンバー:HOWIE(Vo) 壱(Vo/Rap) NoB(Gt) Taka(Ba) U(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

-太ってる関係ない(笑)。

NoB:おい(笑)!

Taka:俺たちがCircleに最初会ったのは、レコーディングが――

U:明日とかだったよね。

NoB:初めて会ったのが、レコーディングの前の日のスタジオで、曲を聴いたのも1週間前。アレンジも結構したんですけど、鼻血出そうでした。

Taka:太ってるからじゃない?

NoB:おい、いい加減にしろ(笑)!

HOWIE:壱もギターをやっていたんですけど、Uの紹介だから、(NoBも壱と)同じくらいのレベルのギタリストだと思いきや、今度は余りにもレベルが高すぎて、ちょっと......。

壱:それ、遠回しに俺のレベルが低いっていうこと(笑)?

U:壱はそれでイヤになってギターやめたんだよね(笑)。

壱:そうです(笑)。

HOWIE:あと、ピン・ヴォーカルに目覚めたっていうのもあったよね。

壱:そうですね。大先輩ばっかりで、僕なんか全然売れてないバンドなんで。

NoB:おい、いい加減にしろ(笑)!

壱:なんも言ってない(笑)。

Taka:NoBがどこにツッコんでいいかわかんなくなっちゃった(笑)。

壱:こんな上手いギタリストの隣で弾くのもおこがましいなって。

Taka:絶対思ってないでしょ(笑)!

-話を戻すと(笑)、この5人になったことで、方向性も定まったっていうことですか?

HOWIE:そうですね。どっちかっていうと、スカ寄りだったんです。でも、レゲエ畑にいたTakaが入って、アレンジも変わっていったっていう。

U:顔がレゲエだもんね。

Taka:おいおい(笑)。

HOWIE:このメンバーが揃ってからは、311みたいなバンドがやりたいってなって、できあがっていったっていう。すぐにレコーディングした1枚目(2016年リリースのミニ・アルバム『CIRCLE JOINT』)は手売りだったんです。今回は、このメンバーでイチから作ったから、実質的なスタートですね。

Taka:今回のやり方としても1stに近くて、レコーディングに入ってからフレーズを作ったこともあったんです。他の現場では作り込んで録るだけっていうことが多いんですけど。

HOWIE:「Nightsong」は、レコーディングが終わって、ミックス中に、Takaが"やりたい曲がある"って書き始めて、もう1回録ろうよってなったんです。

Taka:瞬発力が必要な場面が多かったんです。"ドラムのフレーズがこうなったから、考えていたベースのあのフレーズはなし"とか。

-逆に言えば、瞬発力があるメンバーが揃っているということですよね。

HOWIE:あんま集まれないから、ライヴのときに曲を書くこともあるんです。いろいろできちゃうから、パンクとレゲエっていう軸は決めておかなきゃいけないっていう。


ジャンルではなく、Circle Jointっぽくやろうっていう


-"Variety in the box"というタイトルの作品ができあがったことも納得です。

HOWIE:方向性も決めなかったですし。

Taka:曲作りに入るときに、HOWIEさんに相談したりしましたけど、みんなアプローチが多いんですよ。Uも"こういうドラムをやりたい"とか。だから作っていても楽しいんですよね。

HOWIE:ジャンルではなく、Circle Jointっぽくやろうっていう。

-みんなアプローチが多いっていうお話がありましたけど、それをまとめるのって大変じゃないんですか?

HOWIE:大変ですよ。それをまとめる人がいないんです、このバンド。この曲に関してはこの人が軸、ライヴに関しては壱が軸、みたいな。

Taka:でも、みんな優しいんでね。

HOWIE:あと、一番大きいのは飲み(笑)。

NoB:話してて盛り上がって曲ができるみたいなことが多いから、そんなぶつかったりはないよな。

-でも、得意技は違う5人が集まっているわけですもんね。

HOWIE:Uはパーカッションを昔やっていたから、ラテンなノリが出せるし、NoBは爽やかなロックのアレンジができる。今回なら「万華鏡」とかね。

-「万華鏡」と「Nightsong」は距離感ありますよね!

HOWIE:「Nightsong」は俺とTakaで書いたんです。レゲエっていうアプローチじゃなく、コードを弾いてくれて、これに歌ってくださいって。自分が80's育ちなので、Billy Joelっぽく歌ってみようかなって思って、こうなったんですよね。

U:ドラムも結構80'sっぽいの使ってますね。

HOWIE:JOURNEYとか、TOTOとか。

U:「Matador」も、昔のTOTOのドラム。Jeff Porcaroね。