MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

21g

2018.04.17UPDATE

2018年04月号掲載

21g

メンバー:Geno(Vo) NATCHIN(Ba) MIYAKO(Gt) yoshi(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-yoshiさんが書いたのは「Imagine~for running~」ですよね? 唯一2ビートが入っているので。

yoshi:ははは(笑)、そうです。5年前から勉強のために作曲をしてて、"今回yoshiも1曲書いてよ"と言われて、3、4曲書いた中からこの曲が選ばれたんです。何かの曲で、イントロのシンセがサビの裏でも流れてたのがかっこいいなと思って、それをやってみました。あと、仲のいいバンドの好きな曲からヒントを得ましたね。曲調はメロコアによくあるコード進行を適当に弾いただけなのに、ふたり(Geno、NATCHIN)はビックリしたみたいで。

NATCHIN:刺激的でしたね。yoshiのデモを何曲か聴いたときに、この曲はアレンジがすぐに思い浮かびましたからね。イメージ以上のものができました。

-作品全体に言えることなんですが、先の読めないフレーズや曲展開が随所に盛り込まれているのが21gの特徴だなと。

NATCHIN:それは心掛けてますね。Genoが1番を聴いて、2番も同じだと飛ばしちゃう人なんです。2番であれっ? と思わせないと嫌なんですよ。

Geno:ははは(笑)、そうですねぇ。

NATCHIN:ガチャガチャになりすぎなければ、展開が多い方が聴き飽きさせなくていいと思っています。

-NATCHINさんが書いた曲はどれですか?

NATCHIN:「We are gonna take it」という曲ですね。みんなで盛り上がれる曲が必要だと思って、以前にライヴでやったこともあるんですけど、曲が増えるにつれて封印してたんですよ。今回その曲を思い出して、アレンジを変えて入れてみようと思って。ディスコとか行ったことないけど、こういう曲があってもいいかなと。

-この曲はTWISTED SISTERのオマージュですか?

NATCHIN:そうですね(笑)。歌詞はメンバーのことを歌っているんですよ。

Geno:NATCHINさんは本名が中川だから"central river"、yoshiは青い髪だから"青い稲妻"、MIYAKOは"メトロポリス"ってまんま表現して。

-遊び心がありますね。それ以外はGenoさんが書いた曲ですね。

Geno:そうですね。作り出すと凝っちゃうんで、任せた部分もありますね。

-そういう意味で今作はバンド感もこれまでになく出せたんじゃないですか?

Geno:そうですね。「頭文字G」では能の要素を入れているんですけど、デモのときにこれいらなくね? みたいな反応があって、それをゴリ押ししたんです。「恋泥棒はじめました」は全員一致でいいねぇ! と言われて。パンチ力を中心に僕は考えちゃうんですよね。

-インパクト重視ですね。今作のレコ発ツアー(5月から9月にかけて開催する"21g ALBUM RELEASE CIRCUIT")に関してはいかがですか?

NATCHIN:イベントやツーマンとかあるんですけど、9月22日がツアー・ファイナルでワンマン(渋谷clubasiaで開催する"21g ALBUM RELEASE CIRCUIT FINAL「engagement」")をやります。今日話したことが伝わって、一緒に楽しんでもらえたらいいなと思います。

Geno:ライヴが一番楽しいですからね。みんなでワイワイやりたいです!