MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

21g

2018.04.17UPDATE

2018年04月号掲載

21g

メンバー:Geno(Vo) NATCHIN(Ba) MIYAKO(Gt) yoshi(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作のバラエティ感はメンバー全員がソングライティングを手掛けていることも大きいんですね。最初の作品像はどんなものでした?

NATCHIN:配信の曲も入れてるから、ほかに足りないものは何かなって考えて。じゃあ、ライヴで盛り上がるものを作ろうと考えて、その映像を浮かべながら曲を作りました。

-配信音源も攻めたものから聴かせるものまで、ものすごい振れ幅だなと思いました。

Geno:MIYAKOが女性なので、それで作ったのが「情熱SUMMER DAY」ですからね。

NATCHIN:あと、MIYAKOはピアノが弾けるのでそれで「HEAVY RAIN」みたいな曲もできました。

-「情熱SUMMER DAY」はMIYAKOさんが歌やコーラスでも大活躍してますよね?

Geno:ほかのバンドと差を出すためにはそういう部分が必要なのかなと。

NATCHIN:今回も急遽歌わされたもんね(笑)?

MIYAKO:以前からコーラスはやっていたけど、まさかメインを歌わされるとは思わなくて。意外と楽しくやってます。自分の声って聴き慣れないし、"もっとかっこいい太い声が出せたらなぁ!"とか思っちゃうんですけどね。でもGenoの声と対比があってそれも面白いのかな。

-「情熱SUMMER DAY」はツイン・ヴォーカルと言ってもいい仕上がりで、曲調はミクスチャー・ロックっぽいなと。

Geno:そうですね。それは俺がeversetというバンドでミクスチャーをやっていたから、それが出てるのかもしれない。今回はyoshiもNATCHINさんもコーラスしているし、音楽をやる前提として、みんなでワイワイやりたいという気持ちが強くて。楽しく録って、みんなが聴いて楽しくなってくれたらいいなと思いますね。

-では、今作でそれぞれ書いた曲について教えてもらえますか?

NATCHIN:MIYAKOが書いた曲が「サイコパス」で、ライヴ映えする曲を書いてみて? と言って書いてもらったのがそれですね。

MIYAKO:リフから考えて、チューニングはドロップDだなと思って。ちょっとメタルすぎたかなと思ったけど、いい感じになりましたね。初見のお客さんでも盛り上がれる曲を意識しました。

-この曲に限らず、シンセも随所に入れてますよね。

NATCHIN:今までは友人にお願いしてたんですけど、せっかくMIYAKOが弾けるし、今回は丸投げしました。

MIYAKO:同期の入れ方はLOVEBITESだったり、仲のいいプログラマーのやり方を見たりして、自分でできた方がかっこいいと思うので。ちゃんとやれますよ! って見せられたらいいなと思ってやってみました。

Geno:ギターを弾いて、プログラミングまでやるのはキツいと思うけど、それでも頑張ってくれるんですよ。

-同期の入れ方で参考にしているアーティストは?

MIYAKO:影響を結構受けたのがDEAD BY APRIL。一時期ずっと聴いてましたね。EDM系ならISSUESとか。シンフォニック系なら自分が聴いてきたクラシック音楽がベースかな。曲を良くする要因にシンセがだいぶ絡んでるので大切だと思います。

-「アルマ座」はLINKIN PARKっぽいニュアンスも出てますね。

Geno:その曲は俺が打ち込んだんですよ。(LINKIN PARKから)モロに影響を受けてますからね。

-あと、「HEAVY RAIN」もMIYAKOさんが書いた曲ですよね?

MIYAKO:そうですね。メンバーみんなで高尾山に行ったときに、途中の休憩所の掲示板に地元の小学生のコーナーがあって。そこに"明日雨が降らないって約束したじゃない"と書いてあるのを見て、これは子供ならではの発想だなって思ったんです。言葉が引っ掛かったので歌詞にも引用して。曲的にはバラードが合いそうだなと思ったから、ピアノで作り始めて、いい曲ができましたね。