MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Jin-Machine

2017.12.13UPDATE

2017年12月号掲載

Jin-Machine

メンバー:featuring16(MC) マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(ギタ―――(゚∀゚)―――!!) ルーベラ・木村・カエレ(ドラミ)

インタビュアー:杉江 由紀

-こうした速いタイプの楽曲を演奏していく際に、特に心掛けていることがあれば教えてください。

木村:速さに集中しすぎて、音が軽くならないようにする。これは大事ですね。速くて重いのがメタルだし、売れたい人は基本的にサビでツーバスは踏まないと思いますが、それをあえてやっているのが「売れたくて」なんです。最初にメタル系から音楽をやるようになった僕からすると、今でも速さと重さは正義です。

-そんな速くて重い表題曲「売れたくて」ですが、歌詞の中身はというと"実家のリフォーム"を始めとした、やけにリアリティのある言葉たちがキャッチーなトーンで並べられているのもJin-Machineならではの特徴ですね。

featuring16:そこはまぁ、等身大ということで(笑)。きれいな歌や、いかにもカッコいい歌は世の中に出尽くしていますから、そうではない別の可能性を追求しながら我々は勝ちにいきたいし、日の目を見たいんです。

-しかも、ただ面白いだけではなく"唯一無二を目指そうぜ"だとか"世界をひっくり返してやる"と、バンドとしての本音がさらりと託されている点も素敵です。

featuring16:僕らにとっては、たぶんそこがJin-Machineを続けている根拠なんですよ。

-"我らが世界のJin-Machine"というフレーズも入っていますし、この「売れたくて」はここからのJin-Machineにとっての代表曲となっていきそうですね。

featuring16:"新しい体制になりました"というこのタイミングで出すものとして所信表明的な曲になったのは確かですね。

-他にも、今回の『売れたくて』には和風メタルや祭り節の匂いが漂う「マグロに賭けた男たち」(TYPE-Aのみ収録)や、ベタすぎる王道V系チューンぶりが笑える「maria.」(TYPE-Bのみ収録)、タイトルどおりの酒呑み讃歌「恋してせんべろ」(TYPE-Cのみ収録)、さらにはメロコア全開な「パチンコ イェーイ!!!」(TYPE-Cのみ収録)とさまざな楽曲が収録されていますが、どれもこれもクセが強すぎます(笑)。

featuring16:「マグロに賭けた男たち」に関しては、もともと4年くらい前に会場限定で出した曲を改めてここに収録しました。

-この詞の元ネタは、やはり例のTV番組なのですよね......?

featuring16:まさに(笑)。いつだったか、家に帰ったら父親が"マグロに賭けた男たち"(※マグロ漁師にスポットを当てたドキュメンタリー番組)の振り返り放送を見ていて、なんとなく一緒に観ていたらこれがすごく面白かったんですよ。自然が相手だからうまくいかないことがあったり......かと思うとそれでもうまくいく人が中にはいたりして、大物が釣れれば1匹が何百万とかで取引される世界なわけじゃないですか。他の漁で食べていくことだってできるのに、そんなハイリスク・ハイリターンな世界に魅せられてしまっている男たちの物語はやっぱりドラマチックなんですよ。

-ある種、バンドで夢を追うこととも相通ずる点がありそうです。

featuring16:あー、そうなんですかねぇ。あの人間模様が、たまらないんですよ。

-マグロといえば大間。大間といえば津軽海峡、と連想されるせいなのか。「マグロに賭けた男たち」は和テイストの漂う激烈チューンに仕上がっていますね。

ひもり:この曲は、ほんとに"マグロ"っていう言葉から自然とできてしまった曲だったんですよ。ある意味、これはライヴで培ってきたJin-Machineらしさが凝縮されたような曲になっていると思います。くだらないテーマがあって(笑)、盛り上がりやすい曲があって、歌詞が変で、という3つの要素が揃ってます。

featuring16:ライヴでは、この曲のときはお客さんたちに向かってマグロのぬいぐるみを投げて、それをお客さんが返してくれるっていう流れがあるんですけどね。そのときのライヴハウス内では、漁場のごとくマグロが跳ねまくります(笑)。

木村:でも、マグロは打首さん(打首獄門同好会)とかもやってますよね......。

featuring16:だから、いい機会なのでここでハッキリ言っておきたいんです。打首さんのやってるマグロのルーツはあくまで私たちにあると!

ひもり:パクられました。去年、対バンしたときに"面白いですね、それ"って言われたんですよ(笑)。

木村:jealkbさんは、カツオの曲を作ってましたしね(笑)。

featuring16:なんか、世の中的にはあんまりそういう認知がされてない感じになってますけど、我々の方が全っ然先ですからね! ほんとこれは声を大にして言いたい(笑)。

-ところで(笑)、この『売れたくて』を機に、Jin-Machineが大いに売れたとして。みなさんは今、どのようなサクセス・ストーリーを描いていらっしゃるのでしょう。

木村:そうだなぁ......いずれは、ツアーでの移動を楽器と人間で分けて、新幹線とか飛行機でできるようになりたいですねぇ。

ひもり:僕は音楽学校を開きたいです。自分はいろいろな楽器ができるので、校長としてマルチ・プレイヤーとなっていくような優秀な人材をどんどん育てていきたいですね。当然、学校の広告には"あのJin-Machineのひもり先生が学長の~"というコピーを大きく入れたいです(笑)。

featuring16:夢はもうずっと前から変わらなくて、アパートを持ちたいんですよ。マンションでもいいんですけど、それよりは少し敷居が低い感じがするし、物件の一角に自分も住めば管理人のぶんのコストも浮きますからね。夢はアパート経営です!