MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Jin-Machine

2017.12.13UPDATE

2017年12月号掲載

Jin-Machine

メンバー:featuring16(MC) マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(ギタ―――(゚∀゚)―――!!) ルーベラ・木村・カエレ(ドラミ)

インタビュアー:杉江 由紀

-あはは(笑)。まぁ、特殊な文化形態ですからね。ヴィジュアル系というのは。

featuring16:彼らは、たとえ相手がたった何十人でも、さも武道館でやっているみたいなステージングをするわけですよ。普通に考えたら、そんなの"こりゃイカれちゃってるな"で終わりなんですけど、でもそこを逆手に取れば面白いことができるんじゃないかと思ったし、そのアプローチであればきっと一般の人が観ても楽しめるだろうなと思ったんです。切り口としては、そういうところが始まりでした。いろいろとやりすぎて途中でお客さんが帰っちゃうことも、昔はたまにありましたよ(笑)。

-独特にして唯一無二のスタンスでの活動を着実に続けてきたJin-Machineですが、つい先日には新ベーシストならぬパート名"ていおん!"として、レジデンス涼羽−178さんが加入されたのだとか。

featuring16:彼、6弦ベースを弾くんですよ。なんか、それしか楽器を持っていないみたいなんです(笑)。

-リズム隊の一翼を担う木村さんからすると、涼羽さんはどんなタイプのプレイヤーであると受け止めていらっしゃいますか。

木村:前任は5弦をピックで弾くタイプだったんですけど、涼羽さんは6弦を指で弾く人なんですよ。彼が入ったことで、バンドとしての音はいい方向にガラっと変わりました。今回のシングル『売れたくて』も、すべて涼羽さんが弾いてます。

-そんな『売れたくて』は、このタイトルからして仕掛けを感じる作りになっているところが、なんともJin-Machineならではの洒落がきいた部分ですよね。

featuring16:ん? なんのことでしょう(笑)。

-つまり、どこか響きとしては「女々しくて」(※ゴールデンボンバーが2009年にリリースしたシングル『女々しくて』表題曲)を彷彿させるところがあるのかなと。あちらもあちらで、V系界の異端児ではあるのですけれど。

featuring16:そこはもう、間違いなく意識してますよ。包み隠す気はないです。ただ、あの曲もなんだかんだ10年近く前の話ですから。今さら感がはなはだしいという(笑)。

-そこはおそらく、あえてのことなのでしょうね。それにしても、新体制での初音源を出すとなった際、Jin-Machineはどんなことを軸に戦略を立てたのでしょうか。

featuring16:共通認識として、うちのメンバーみんなが思っていることを基盤にして制作を進めたいというのは念頭にありました。そこを具体的に表した言葉が、まさに"売れたくて"だったんです。早くこの現状を脱したいですからねぇ。

-なるほど(笑)。では、曲調やサウンドメイクの点では「売れたくて」をどのような方向性でまとめていくことになりましたか。作曲者であるひもりさん、教えてください。

ひもり:今回は最初に"売れたくて"というタイトルやテーマがあったうえで、曲作りを始めたんですよ。だから、逆に"こんなことをしちゃったら、売れないだろうなぁ"という要素をこの曲には詰め込んでいくようにしました。

-大胆な逆説的手法を取られたのですね。

ひもり:そこは結局、うちらはコミック・バンドですから。売れたいからっていきなりラヴ・ソングなんかを作るよりも、逆張りして初期衝動を表に出した方が"らしい"ものになるだろう、と考えたんです。おかげさまで、ひたすら速くて、変な展開で、誰も真っ向からは言わないような歌詞で"他にはこんなのない!"っていう曲になりました(笑)。ただし、Aメロに入るまでのイントロだけは意図して"カッコよく"作ってます。最初だけ騙せれば、作り手側としてはそれでいいかなと思ったんですよ。そういう意味では、僕にとっては歌に入るまでがサビですね!

featuring16:逆張りしての初期衝動、っていうのは僕もこの曲から強く感じたところですね。できあがってきたときに、"原点回帰したな"というふうに感じたんですよ。要は、聴いたときの"何これ!?"感がすごくあるのがいいなと思ったんです。でも、同時にわかりやすさもちゃんとあって、そこがまたポイントというか。それに、やっぱりこの曲の速さがとってもいい。

木村:わかる。純粋に速いのはカッケー(笑)。

featuring16:"速い=カッコいい=でもバカ"なんですよね。偏差値低い(笑)。

-なんと。それを言い出すと、激ロック掲載のバンドは軒並み偏差値が低いことになってしまいそうですが......(笑)。

featuring16:あぁ、ほんとだ。こんなことを言ってたら怒られちゃいますかね(苦笑)。でも、そこはみんなして速さを競っている的なところさえあるくらいじゃないですか。そういうおバカさが、実は大好きなんですよ。