MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DOPEDOWN

2017.12.14UPDATE

2017年12月号掲載

DOPEDOWN

メンバー:吾龍(Vo) 大和(Gt) 三代(Gt) 雄坪(Ba) 恵大(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-MVはどんな仕上がりになりそうですか。

大和:今はまだ編集段階ですけど、結構ダークかな。あとは、この曲ではゲスト・ヴォーカルもいるので(※おはようございますの鯖、梛とSIANの中西航介)。おはようございますのふたりにもMVに出演してもらって、暴れてもらいました。

-この「PARADOXA」では、なぜゲスト・ヴォーカルを入れようとなったんですか。

吾龍:もともと、おはようございますのメンバーとは仲が良くて、何度かライヴも一緒にしているんですよね。

恵大:あとは、僕が昔、鯖君とバンドをやっていたという経緯もあって、お互いにリスペクトし合っている面もあるので。近いシーンで頑張っている同士、コラボ的なものを入れたら面白いかなと思ったんですよね。

大和:単純に、曲を作ってたら入れたくなったんですよね。この曲は、我々の中でも一番ハードな曲で。いわゆる、ハードコア・シャウト的なやつを入れたくなったんです。自分的にも、ちょっとおはようございますっぽい曲だなって思ったので、歌ってもらったらハマるかなと思って。レコーディングは一瞬で終わりましたね。1時間もかからなくて、超早かった、あのふたり(鯖、梛)。

-歌詞を手掛けているのはすべて吾龍さんですが、このバンドの曲として書くときに、ご自身ではどういう想いが強く出ていると思いますか。

吾龍:基本的には、1stアルバムも今作も、歌っていることの根幹はたぶん一緒なんですよね。反骨精神というか。ポジティヴではあるんですけど、自分の中にある葛藤や、ちょっとダークな気持ちを吐き出すというか。ひとつの表現としては、このバンドでやっていきたいことや表現したことが、自分の中でのかっこいい"像"を描くことというか。なりたい自分だったり、こんな自分になっていくんだっていうことを歌っていきたいというのがあるので、そこをどういうアプローチで、言葉として表現していこうか、その曲に当てはめていく感じなんです。「Against All Odds」は、前のアルバムの「不退転」とかと結構共通している歌詞ですね、不屈というか。

-そういうふうに自分を掘り下げていくような歌詞が、声にも反映されています。自分の想いや信念を託して歌えるのは、それだけバンドの音への信頼感だったり、かっこいいものを出してるからっていうのはありますか。

吾龍:絶対的にそれは信頼してますね。僕が好きに書けるのは、そういう音があってこそなので。逆に歌詞だけを書いておくということがないんですよね。貰った音源で、有り体に言えば、降りてくるというか。そういう面で、楽曲だったり音だったりに対しての信頼は、絶対的にありますね。

-三代さんは、オメでたい頭でなによりでも同時に活動をしていますが、このバンドでの自分の表現はどういうものだと思いますか。

三代:なんだろうなぁ。オメでた(オメでたい頭でなにより)はバンドとして大きなコンセプトがあるので。DOPEDOWNでやっていることに関しては、僕が僕として表現したい自分のアーティスト性というか、自分の音楽に対する、こういうものが好きで、こういうものを作りたいという、素直な欲求が出ていると思いますね。逆にオメでたでは僕の作家としての側面が大きく出ているかなと。リスナーに楽しんでもらうことを第一にするっていう、そういう部分にも別の哲学があると思います。

大和:俺もその考え方に近いかもしれないな。わりと好き勝手やってるもんね。前回のアルバムは、このメンバーならこうかなっていうのを考えながら作ったんですけど、曲を作るごとにそういうのがなくなってきて、好きに作っちゃっても大丈夫だなって思うようになったので。今回は、曲の難易度も上がっちゃったけど(笑)。このメンバーならやって大丈夫だろうという。そういうところは同じかな。

-"PARADOXA"はEPのタイトルにもなりましたが、もともとはどういう意味合いでこのタイトルにしようとなったのでしょう。

吾龍:"PARADOXA"は、"PARADOX"の語源になった言葉なんですけど、意味的には、あまり日本語で訳せない感じの意味合いで。平たく言うと、定説に逆らうもの、定石に逆らっていくものという意味合いなんですね。それは僕個人の、DOPEDOWNのソングライターとしての根幹に近いものがあるので。最初にフレーズを書いていったときに、大きな流れに流されるのではなくて、逆らっていくということを歌いたかったこともあって、そこで、どんな言葉で表現しようか探していたときに行き着いたのが、"PARADOX"で。でも、そのまま付けるのもどうかなと思って、語源となった"PARADOXA"にしたら、いい感じだぞっていうのもあって(笑)。そこで最初は、仮のタイトルとして付けたんですけど、それがうまくハマっていって。

大和:このジャケットの写真も、海の波の写真を暗くして反転したもので。大きな波に逆らうというのを表現したわけなんですよ──今、思いついたんだけど、ちゃんと繋がったね。

吾龍:それ言いたかったんだね(笑)。どんなジャンルでも、流されていってしまう人はいると思うんですけど、流されないでいれるのが、このバンドだと思うので。それをフロントマンとして前面で歌っていきたいという思いはありますね。それに共感してくれる人が、もっと僕らを通じて、かっこよく変わっていってくれたらいいかな。

大和:僕の作る音楽、自分発信のものはそうなんですけど、あまり聴き手に左右されたくないというか、周りの意見は関係ないというか。自分の中のブレないところを、ドンと出すだけみたいな感じでやりたいよね。

三代:うん、自分のやりたいことをね。

大和:"俺たちは勝手にやってるから、ついてこいや"って言えるものがいいと思うんだよね。