MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AXESSORY

2017.12.06UPDATE

2017年12月号掲載

AXESSORY

メンバー:AKI(Vo/Ba)

インタビュアー:杉江 由紀

-まずはそこでしたか。ソロ・プロジェクトとなると、"バンドではできなかったことがしたい"という思考が出てきてもおかしくはないと思うのですが、AKIさんの場合そこに対する関心はあまりなかったことになりそうですね。

そうですね。Sadieでできなかったことがある、みたいな感覚はほとんどないと思っていますしね。このソロ・プロジェクトに関しては、自分の作った世界を一方的にみんなに感じてもらうとかではなく、お互いに自分の内にあるものを吐き出せるような場を作っていければいいな、と僕は思っているんですよ。なんなら、別にキャッチしなくてもいいんです。受け止め合ってもいいし、受け止め合わなくてもいいし、とにかく自分にとってもみんなにとっても投げたいものを投げられる場が欲しい、っていう温度感で僕は考えてます。

-そのせいなのでしょうか。今回のEP『CALL MY NAME』を聴かせていただいた印象としては、曲のタイプこそ個々に違えども、ここに詰まっているのはふつふつと沸き上がるような衝動そのものであるな、と感じました。

その衝動ありきの音楽であるのは、間違いないです。

-ならば、あえてこの質問もさせてください。Sadieでやってきた音楽と、AXESSORYとしての音楽。AKIさんの中での両者に対する線引きと棲み分けは、今現在どのような形になっているのでしょうか。

言葉にするのは難しいですが......いい意味で、AXESSORYの方については責任がないと思っているところがあります。いや、それだと言葉の響きがちょっと良くないですね(苦笑)。何をやろうとも、自分で自分の責任を取れるのがAXESSORYとしての活動なんだと僕は思います。その点、バンドはあくまでもチームですからね。場合によっては、ひとりのスタンド・プレイがチームのバランスを崩してしまう可能性もあるわけです。でも、逆に言うとスタンスの違いはそこくらいかもしれません。

-なおかつ、自分で自分の責任を取る腹積もりさえ固まっていれば、あとは自由になんでも思い切れるのがAXESSORYであるとも言えるのでしょうね。

そうなると思います。まぁ、実際問題となると周りでスタッフが動いてくれている以上、すべての責任を自分だけで取るなんていうのはそう簡単なことではないというのもわかっていますけど、活動していくときの根幹部分では"その曲を作ったのは誰なの?"、"それを決めたのは誰なの?"、"そのアイディアを出したのは誰なの?"と聞かれたとき、常に"それは僕です"と明確に答えられる自分でいたいんです。

-だとすると、そんなソロ・プロジェクトに"AXESSORY"なる名称を冠したのは何がきっかけでしたか。

これは自分の活動なので、Sadieがひとりの人間だとしたら、僕のソロ活動はその人が身に着けるアクセサリーでいいかな、というふうに思ったんですよ。まずは、その意味合いがひとつです。それと、洋服と違ってアクセサリーは毎日同じものをずっと着ける方も多いじゃないですか。

-たしかに。洋服以上に、個々のアクセサリーに対する愛着が強くなっているところはありますね。お守り代わりに着けていたりだとか。

もうひとつの意味合いは、そこなんです。"ファスト・ファッションではない音楽にしたい"という願いをこの名前に対して込めています。

-その際、表記を一般名詞であるACCESSORYとは違うAXESSORYとした理由も、教えていただきたいです。

そこはやっぱり、自分でアクセサリーを作るからには1点もののカッコいいやつがいいでしょ! と思って(笑)、表記にも個性と主張を入れてみたんです。

-これは存在感についてのお話になりますが、今回のEP『CALL MY NAME』に伴うAXESSORYのアートワークや写真、MVについてはどれも硬派でソリッド且つスタイリッシュな雰囲気に仕上がっている印象があります。これらもすべてがAKIさんの意向によるものだとすると、その背景にどのような意図があったのかも興味深いです。

僕自身は、もちろんAXESSORYもヴィジュアル系のつもりでやっているんですけどね(笑)。ただ、そうじゃないように見えるという意見をいただくことも最近は結構あります。そのへんの感じ方は、きっと人によっても違うのかなとは思うんですが、とにかくいつでもロックでありたいと僕が思っていることには変わりません。ジャンルどうこう以前に、音楽は音楽だしロックはロックだし、メイクをしていようが、していなかろうが、カッコいいものはカッコいいという根本的なところを、僕はこれからも信じて活動していきたいです。

-では、ここからはEP『CALL MY NAME』についての具体的なお話もうかがって参りましょう。今作にはインストを含めた全6曲が収録されていますけれど、これらは冒頭にお話のあった諸々の葛藤を経たのちの、今までに至る1年間で作ったものということになりますか。

基本的にはそうですが、葛藤しながらも作っていた曲があったので、それに関してはAXESSORYとしてやることを前提に、少し作り変えたものもありました。

-ならば、最も初期にできた楽曲はどちらになります?

「CALL MY NAME」になります。結果、この曲が今作のタイトル・チューンになりましたし、MVを作ることにもなったんですけど、自分の一番言いたいことをはっきりと具現化した曲に仕上げることができました。曲調どうこうというよりも、詞の内容的にMVを作る曲は絶対これしかないと思っていましたね。