MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAHATMA

2017.10.24UPDATE

2017年10月号掲載

MAHATMA

メンバー:NaNa(Vo) Hideki(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-録りにも時間をかけるんですか。

Hideki:かけますね。タイミング補正とか大嫌いなので(笑)。そのときに出た音がすべてだろうと思うんです。あとで補正するという概念はなく、そのときに完パケできる音でちゃんと録るようにしてますね。

-時代の逆を行くような(笑)。

Hideki:修羅の道ですよ(笑)。

-歌に関しては、どうなんでしょう。エモーションや勢いというのも大事にしているんですか。

NaNa:かなり(ディレクションが)厳しいので(笑)。その厳しい部分が面白いんですよ。言葉のニュアンスというか、発音や発声とかの流れが厳しい感じなんです。"ここはもうちょっと、この言葉にヤケクソ感を出してほしい"、"ここはもっと切なさを出してほしい"、"想像してみて。NaNaちゃんのお母さんのお墓の前で歌ってるように歌って"とか。そういう感じなので。

-演技指導のような感じですね。

NaNa:監督で、女優みたいな。MAHATMAにはそんな気持ちでいつも臨んでいますね。

Hideki:福山雅治みたいに歌ってっていう箇所もあったよね(笑)。「WITH LOVE IN MY HEART ~君と共に~」の後半に"そうさひとりじゃない"という歌詞が出てくるんです。自分で曲を作っていたときに、福山雅治が"そうさひとりじゃない"っていうと、なんかひとりじゃないような気持ちになるなと思って。優しい、低いトーンでっていう。

NaNa:なので、NaNa風福山雅治になっていると思います。

-意識して聴いてみます(笑)。また「Departure」は、語りのような面白いヴォーカルになっていますね。これは、曲を作ったTsubasaさんからのディレクションですか。

NaNa:そうですね。曲が、日本の政治に対してみたいな曲らしくて。

Hideki:たしかに、反社会的な感じがね(笑)。空耳でもあるんですけど、サビの"A brave story"が、"安倍総理"に聞こえるらしいです。

NaNa:結構前の曲なんですけどね。今までこういうタイプの曲は歌ったことがなかったんですけど、当時TsubasaがUVERworldにハマっていて。ちょっと語りのような曲調が多いじゃないですか、ああいう感じで歌ってみてって参考の曲がいっぱい送られてきました(笑)。それで練習した覚えもありますね。

-そういうところからもインスパイアされるんですね。

Hideki:Tsubasaの方が、外部からの吸収力がすごくありますね。

NaNa:Hidekiは直球、超ストレートみたいな感じなんですけど、Tsubasaは変化球を投げてくる感じで。中には、これはバカになってとか、アイドルっぽく歌ってとか、そういう指定がくることもあって。そこが対照的で面白いし、バンドの個性になっているなと思いますね。

-Hidekiさんの曲は短調が多いということでしたが、Tsubasaさんの曲は逆のことも多いですよね。そこもソングライターのふたりの違いでもありますが、性格の違いなどもあるんですかね。

Hideki:Tsubasaの方が、見ているとネガティヴなんですよ。自分の方がポジティヴなんですよね。だけどなんでか、曲は逆なんですよ。不思議なんですけどね。