MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CORONA

2016.05.18UPDATE

2016年05月号掲載

CORONA

メンバー:嶋田(Vo/Ba) 坂本(Vo/Gt) 鈴川(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-10年以上前、新宿ACB HALL出身の"ACB系"と呼ばれる英語詞のメロディック・パンク・バンドが多く出てきた時期がありましたけど、今作を聴いてそのへんのバンドを思い出しました。

全員:はははは。

嶋田:好きなのがその時代のバンドなんですよ。特にHAWAIIAN6が大好きで、音楽的にも影響を受けてます。

-CORONAも拠点は新宿ACB HALLなんですよね?

嶋田:昨日ACBでライヴやったばかりです(笑)。でも、最近はいろんなライヴハウスに出るようになりました。その前はACBがホームみたいな形でやらせてもらっていたんですけど。あと、周りのバンドにも刺激を受けてますね。周りにいいバンドが多くて、ウチらはかなりプレッシャーを感じてます。

-例えば誰ですか?

坂本:WANIMAはACBで出会って、お互いにライヴ活動を始めたばかりのころに対バンしてたんですよ。それで気づいたら、"テレビに出てる!"みたいな(笑)。

嶋田:"どこに行っちゃったんだ!"って思いましたね。CORONAは音源すらなかなか作れない状態でずっとライヴをやってたから。で、活動2年目ぐらいに初めてデモを作りました。

-デモ音源を作るのに時間がかかった理由は?

嶋田:う~ん、単純に演奏の技術が足りてなくて、録れるレベルに到達していなかったからですね。

鈴川:いろいろ足りてなかったんですよ。

坂本:それでPAの方に"とりあえず録ってみろ"と言われて録ったのが最初のデモで、そこから勉強し始めました。みんなバンドをガチで組んだのはCORONAが初めてで、わからないことだらけでしたからね。

-バンドの始まりは?

嶋田:僕と鈴川は地元が一緒なんですよ。

鈴川:バイト先が一緒で、話したら好きな音楽が共通してたんです。ただ、ふたりとも楽器はやったことがなくて。

-それは何歳ごろの話ですか?

嶋田:鈴川が19歳で、僕が20か21歳ぐらいのときですね。

-すでに楽器に触れていても、おかしくない年齢ですよね?

嶋田:はい。僕たち楽器を始めたのが遅かったんです。

坂本:もともとは聴く方が専門でしょ(笑)?

-ふたりで意気投合したときにはどんな話を?

嶋田:HAWAIIAN6はもともと知ってたけど、locofrankとdustboxは鈴川に教えてもらいました。それでテンションが上がって、"何かやりたくない?"って話になったんです。翌日にはベースの入門セットを買いました。イチから独学で始めたので、弾き方すらわからなくて苦労しました。

鈴川:高校生のころにHi-STANDARDが流行ってて、その流れでELLEGARDENを聴いて、特にハマッたのがlocofrankとdustboxだったんですよ。初めて聴いたときに2バンドともドラムがやばいなと。こんなにすごいフレーズを叩ける人がいるんだってびっくりしました。ライヴもめちゃくちゃ熱くて。

-嶋田さんがHAWAIIAN6に惹かれた理由は?

嶋田:HAWAIIAN6の元ベーシストのTORUさんが大好きで。

-見た目もちょっと似てますよね?

嶋田:バンド仲間にもちょいちょい言われます(笑)。ああいうメロディックなフレーズを弾けるようになりたいと思っているので、TORUさんの影響は大きいですね。で、当初は自分がヴォーカルで、坂本はコーラスをやる予定だったんですよ。前作(2014年リリースの1stミニ・アルバム『Open The Mind』)では僕が2曲ぐらいヴォーカルを担当してたんですけど、徐々に逆転して、今回リリースする2ndミニ・アルバム『Before Daylight』は坂本がメイン・ヴォーカルをやるようになりました。僕はコーラスとベースに徹しようと。