MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ENTH

2016.03.14UPDATE

2016年03月号掲載

ENTH

メンバー:daipon(Vo/Ba) MA-(Dr/Cho) Naoki(Gt/Cho)

インタビュアー:山本 真由

-Track.1の「ムーンレイカー」は、今作の冒頭を飾るに相応しく疾走感たっぷりのパワフルな楽曲で、とてもキャッチーですね。表題曲ではないのですが、この楽曲が今作の軸でもあるのではないでしょうか?

daipon:なんだか図らずも、そうなりそうですね。シンプルなぶん、ライヴ映えもしそうだなと思います。

-また、サウンドとギャップのある甘い歌詞も気になりました。ENTHの歌詞は、日本語だったり英語だったり、それがミックスされていたり、楽曲によって様々ですが、歌詞についてはどんなこだわりがありますか?

daipon:全部自分に返ってくると思っているので、ヘイトを歌うなら"力に変えられるように"、愛を歌うなら"フィクションでも素敵に"ということにこだわって作っています。日本語か英語かは、伝わり方だったり曲調やメロディにしっくりくる方を選んでます。

-Track.2「BURNOUT」は、特徴的なリフに引き込まれていくような魅力がありますね。メロディの展開も面白い楽曲ですが、この曲で苦労したポイントはありますか?

daipon:リフのネタはたくさん作ってあるので、自分が優柔不断なところ以外はそこまで苦労しませんでした。転調の仕方もいろいろ試行錯誤した結果、シンプルになったという感じです。

-Track.3「Somewhere we hope」は、シングルのタイトルにもなっている楽曲ですが、メロディにもリズムにもグルーヴ感にも、いろんなジャンルの要素が盛り込まれていて挑戦的な楽曲だと思いました。1曲として完成しながらも、また新しい楽曲への発展も感じたのですが。

daipon:ジャンルがごちゃっとした感じもひとつの"ENTHらしさ"と思ってるので、挑戦でもありましたが、自由に作りました。

-3曲3様の楽曲が揃った今回のシングルですが、今作からのミュージック・ビデオは制作されていますか?

daipon:「ムーンレイカー」のMVは先日、名古屋 CLUB DIAMOND HALLでのライヴにカメラを入れて撮影しました。そのライヴ映像や、名古屋CLUB QUATTROで開催した『Entheogen』のツアー・ファイナルでのオフショットも使われていて、かなりいい感じです!

-リリース後は、4月9日(土)に行われるMa-さんの卒業ライヴでひと区切りになりそうですが、そのワンマン・ライヴへの意気込みをどうぞ!

daipon:これからを期待してもらえるような圧倒的なかっこよさを、当日会場にいる全員の心に焼きつけたいです。ENTHにとって、初のワンマン・ライヴとなるので楽しみです。一体感やばそう(笑)!

Naoki:精一杯みんなの愛を感じようと思います。

Ma-:今のENTHの集大成を、今のENTHを愛してくれてる人に観に来てほしいです。

-その後の活動の予定は決まっていますか?

daipon:未発表なことだらけですみませんが、楽しみにしていてください。

Ma-:僕は就職です(笑)。

-バンドとしての、これからの目標を教えてください。

daipon:今までもそうですが、自分たちらしくかっこよく、そしてそれを正解にしていくことです。

-それでは最後に、激ロックの読者へメッセージをお願いします。

daipon:とにかくライヴに来てほしいですね。そして、何かビビッときたらどんどん広めてほしいです。ENTHを広めてくれたり、ENTHを大きく成長させてくれるのは、ENTHのことが好きな人にしかできないと思ってます。このインタビューを読んでくれてる、きっとENTHを好きなあなたと一緒に、大きな大きな夢を見たいです。ぜひライヴハウスで会いましょう!!