MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MergingMoon

2015.08.21UPDATE

2015年08月号掲載

MergingMoon

メンバー:Jun(Key/Prog) Yusuke(Gt) Tatsuya(Vo/Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-前作となる2ndアルバムもジャパニーズ・ホラーのイメージですね。この一連の流れは意図的だったのでしょうか?

Yusuke:意図的につけていますね。まさしくジャパニーズ・ホラーの世界を目指しているというところもあって、妖怪から始まるホラー要素を和風に入れていきたいな、という考えはありますね。

-エレクトロやEDM的なアプローチとメタルコアやラウドロックが混ざり合った独特のサウンドですね。今のサウンド・スタイルにはどういった変遷でたどり着いたのでしょうか?

Jun:先ほどの話と近いのですが、全員のエッセンスを混ぜていこうという発想ですね。ある特定のバンドを目指して始めたわけではなくて、いろんなジャンルが好きなメンバーが集まっているんで。

Tatsuya:コピー・バンドからオリジナルに発展するパターンが多かったりするのかもしれませんが、僕たちはただの"縁"だけで集まったメンバーで、パンク好きだったり、古き良きメタル好き、モダン・メタル好きと音楽的にいろいろ分かれていて。それぞれのメンバーが"おまけ"のメンバーにならないように、と思いながら作っていたらこんな感じになりました。

-なるほど。ではみなさんが認識している、影響を受けたアーティストと言えばどのあたりでしょうか?

Tatsuya:実は制作前に、メンバー同士で薦めたいバンドを出して、どこがいいのかを挙げあったんです。その要素を全部集めていったらまた何か見えるんじゃないかと思って。

Yusuke:僕は古き良きメタルが好きで、MEGADETHとかDREAM THEATERですね。あとはSYSTEM OF A DOWNのエンターテインメント性に優れているところがすごいと思っています。

Tatsuya:ニューメタルが好きで、MARILYN MANSONとかSLIPKNOTとかホラーなイメージが見た目と音と両方から伝わってくるようなバンドが好きですね。あとは映画音楽とか、映像のシーンがわかるような音楽が好きで、妖怪をコンセプトにするうえでそういったサウンドがバンドに対する要望を出していく参考になったのかなと思います。

Jun:楽器の世界にはピアノからではなくエレクトーンから入ったので、映画音楽を弾いていました。バンドという意味で1番好きになったのは、今と全然違いますがBUMP OF CHICKENで。それとはまた全然違うベクトルで、カッコよさとか、怖さとかを持った音楽としてSLIPKNOTとかMARILYN MANSONとかを別個の音楽として捉えてすごく好きだったんですよね。メタルもJ-POP的なものも、どちらも好きなんですよね。

-ここにいる3人のうち2人が映画音楽を挙げたのは面白いですね。みなさんの音楽性からすると納得というか。独特のサウンドやSEが目立ちますが、ああいったサウンドはどのようにして作っているのでしょうか?

Tatsuya:デモを作る担当を決めてしまって、その担当の要望をベースにしながら、各パートが協力して8割~9割方作っていくっていうやり方ですね。

Jun:今回は方向性として、ひとりだけが曲を作るというのではなく"みんなのエッセンスを入れる"っていう考えで、みんなで曲を作っていこうってなって。初めて曲作りに参加するメンバーもいて、みんながそれぞれ作ってきて、それに他のメンバーが音を足していって、そういう感じで作っていきました。

Yusuke:もともと、初期のころからこれまではTatsuyaとJunが主に曲を作ってきていたんですが、今回はそういったやり方ですね。

-かなり曲ごとにカラーが違うように感じていて、制作のアプローチはやはり曲ごとに違っていたんですね?

Tatsuya:そうですね。何かひとつのジャンルを追い求めてしまうと、そのジャンルをやりたいバンドみたいになってしまうと思って。いろんなジャンルをやっていても、"妖怪コア性"が常に共通して聴こえてくるようになればいいなと思っています。違うスタイルの曲の中から、共通したものを見つけてもらえたら嬉しいですね。

-『怨-eN-』を拝聴して、サウンド自体もそうなのですが、全体的な空気感やコンセプトからMOTIONLESS IN WHITEやBLACK VEIL BRIDESといった洋楽アーティストと近い部分があるように感じました。和風のメロディを使っていながらも洋楽的な雰囲気がすごく強いように感じるのですが、ご自身ではいかがでしょうか?

Jun:英詩にしているのもありますし、そうなるだろうとは思いますね。

Tatsuya:先ほどの話にも出た、それぞれが挙げていたアーティストも全部洋楽でしたし、ほとんど洋楽から影響を受けていますね。

Jun:MOTIONLESS IN WHITEもMARILYN MANSONから影響を受けていますし、影響を受けた元が同じということだと思いますね。なので、洋楽っぽいね、と言われても、そうですね、という感じですね。ありがとうございます、というか。