MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UNDEAD CORPORATION

2015.07.10UPDATE

2015年07月号掲載

UNDEAD CORPORATION

メンバー:朱美 (Vo) 窪田道元 (Vo) 仁耶 (Gt) 松ケンスケ (Ba) 森下フミヤ (Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-2号連続となりますので、まずは前回参加されなかったおふたりに自己紹介をお願いします。

森下:ドラムス担当の森下フミヤです。手数、足数の多いドラムを得意としています。

仁耶:ギターの仁耶と申します。

窪田:21歳のハードロックおじさんです(笑)。

仁耶:です(笑)。

-TwitterでPaul Gilbertのフレーズをそのまんま弾ききってる映像を観てて、めちゃくちゃ上手いなと思いました。

仁耶:ああいうのが好きなんです。Paul Gilbertってリフがうまいんで、そういうとこでリフ・ワークに影響を受けたところがあって、それを聴かせらればいいなって。

-森下さんも、自己紹介通り手数もすごく多くて。

森下:みたいですね(笑)。だいぶ減らしてはいるんですけど。UNDEAD CORPORATIONって歌モノというか、主旋律、メロディ・ライン、曲の良さを重視したくて、もともと僕が提出したドラムよりも、ここはメロディを大事にしたいからといって、結構減らしたりはしています。それでも多めには感じられるのでないかなとは思いますが。

-一瞬で全開まで上げて、またスパッと戻るみたいな。

森下:そうですね、作品的にもそういうニュアンスですね。入れるところは入れているけど、入れないところは入れてないっていう、自分がもともと詰め詰めだった分、新機軸がそこで見えたかなっていうのはありますね。

-前のインタビューで、ドラマ性を大事にしているという話があって、そういう意味で静と動というか、ほんとに要所要所で手数を使うなっていうのを感じましたね。

森下:たしかにやってる側もそれは思います。常にフル・スロットルじゃなくて、引くところは引いてるからフル・スロットルが活きる。そういうニュアンスは作品全体で感じてもらえるんじゃないかなと思います。

-おふたりが揃ったんで、前回はあまり触れなかった、テクニック面だったり、みなさん個々の力量についてそれぞれの相互評価をうかがいたいなと思いますが、それぞれどう思っていますか?

松:それ聞かれるともう、最高のひと言ですよ(笑)。

一同:(笑)

朱美:めちゃめちゃうまいです。揺るぎない感じで、何も心配いらないですね。

窪田: 1stアルバム(2013年1月リリース『O.D』)のときは社長(松)がギターを弾いてて、仁耶はいなかったんですけど、仁耶はリズムがソリッドなんですよね。ソリッドだけどグルーヴも効いてるっていう。そういう面でバンド・サウンドにいい緊張感とギターが本来持っているエッジをつけ加えてくれたかな、と。

松:前作にはギター・ソロが1回もなかったんですけど、Track.6「Blow」って曲で彼がハードロックなソロを入れてくれて。それも彼がいなかったらできないんで、入ってくれて良かったなって。

仁耶:ライヴもできないでしょ(笑)。

松:彼がいないとできないんですよ。自分のリフが難しくて、自分で作ったのに自分で弾けない(笑)。

一同:(笑)

窪田:ドラムに関しては、"森下フミヤ節"みたいなものが随所に見えて、そこは相変わらず嬉しいのもありますし、今回はさっきお話しした通り引き算の美学みたいなものも魅力が出ているというか......良かったなって(笑)。

松:他でやってるドラムとまた違うよね。

窪田:そうそうそう。そこに"森下節"があるからすごくいいなって。

森下:主に金物がなってる感じとか?

窪田:あと、キックを"ドルルッ"って入れてみたり。

松:三連で入れるってことね。

-逆におふたりからはいかがですか。

森下:もうみんな天才です。松ケンさんは昔から作曲センスの塊でとんでもなくて、パッと聴いてすごく耳馴染みもいいのに、アグレッションもあるっていう。聴き飽きないっていうのはなかなかないなって結構前から思っていました。道元とは別のバンドでもやってますけど、ここまで叫び系のヴォーカルで感情を発せられるやつはこいつしかいないなって思います。朱美は何よりこの人の声なんですよ、このバンドは。こういうバンドらしからぬ声、声質というか。もともと通って来たジャンルも違うし、そういう性質の違いがいい感じにマッチしてて、その声も含めてみんなリスペクトですね、完全に。こいつ(仁耶)はこいつで一緒にやっていたのが、17歳ぐらいのときだったんですよ。そのときから完成されていたので、誰ひとり欠けずリスペクトしっ放しです。

仁耶:同じく(笑)。でもまぁ特に道元さんに関しては、普段ライヴやりまくってるから、心配はひとつもない。ライヴをやるって決まったときも道元さんはもう(リハに)呼ばなくてもいいかな、って。

一同:(爆笑)

-ちなみにみなさんが揃うまでは、どういった経緯だったんですか。

松:最初にこのふたり(朱美、窪田)に声をかけて、1stを作る前なんですけど曲を作ったりしてて。そのあと1stアルバムを作るときに、さすがにドラマーがいないとかっこ悪いと思って。誰かいないかなと思っていたときに、最高のドラマーがいたんで彼しかいないと思って"やる?"って聞いたら"もちろん"ってすぐに言ってくれたんですよ。そしたら自分よりうまいギタリスト欲しいなって思って、最高のギタリストがいたんで、彼(仁耶)に声をかけて、バンドとして形になりました。

-ではすべて松さんが声がけをしてたってことですか。

松:そうですね。