MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FTISLAND

2015.05.12UPDATE

2015年05月号掲載

FTISLAND

メンバー:チェ・ジョンフン (Gt/Key) イ・ホンギ (Vo) イ・ジェジン (Ba/Vo)  チェ・ミンファン (Dr) ソン・スンヒョン (Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-今年はメジャー・デビュー5年目に突入ですね。振り返って、どんな期間でした?

ホンギ:いつも思うのは、僕らはまだ若いのでアルバムと一緒に歳を取ってる感覚です。だから、アルバムごとに成長が刻まれてると思います。毎年、音楽に対する気持ちも変化するので、そのときにやりたい曲、そのときに伝えたい言葉を出していきたいですね。

-毎年、やりたいことは変化しますか?

ホンギ:そうですね。いろんな経験を積むことで音楽や考え方も変わりますからね。ただ、僕らがやりたい音楽のジャンルはそのままなので、歌詞やメロディは特に成長していると思います。

-FTISLANDとして最初にやりたかった音楽は?

ホンギ:いろんな音楽をやりたくて、最初に"みんなでカメレオンになろう"と話し合ったんですよ。僕らは「Flower Rock」という曲でデビューしたんですけど、華があるロックみたいなイメージで付けたんですよ。改めて曲を聴くと、恥ずかしい部分もありますけど、今もライヴでやってますからね。いろんなジャンルを行ったり来たりするバンドになりたいです。

ジェジン:メジャー・デビュー以降は周りにいいスタッフやエンジニアの方にも囲まれて、環境的にも恵まれていると思います。いろいろやりたいという考えが最初からあったけど、それをひとつずつ実現できてるのかなと。

-昨年は横浜アリーナでライヴを行うなど、会場の規模もどんどん大きくなっています。自分たちが日本でなぜこれだけ受け入れられてると思います?

ホンギ:正直言うと、最初はイメージや雰囲気でファンになった人が多かったと思うんですよ。でも最近は"SUMMER SONIC"とか大きなフェスに出る機会も多くなって、男性ファンも増えてきたし、そういう光景を見ると嬉しいですね。

-日本の音楽やロック・シーンに対する見方は変わりました?

ホンギ:日本のバンド・シーンは広いじゃないですか。いろんなジャンルがあるから、それは韓国人として羨ましいんですよ。韓国はバンドが少ないし、自分の国でもバンド・ブームが起きて欲しいですね。たまにリハーサル・スタジオで練習して、タバコを吸いに出ると、他のバンドが僕らのことを知ってたりして電話番号を交換することもあるんですよ。それは嬉しいですね。韓国では音楽のことを話す仲間が少ないけど、日本にはそういう仲間がたくさんいますからね。TOTALFATのメンバーともONE OK ROCKのTakaの誕生日で会ったんですけど、そこで話しかけてくれて、それから連絡を取り合うようになりました。

-日本のバンドに対しては、どんな印象を持ってます?

ジェジン:日本のバンドは本当にかっこいいバンドが多いですね。

スンヒョン:自由ですよね。最近、UVERworldのライヴを観てきたんですけど、ほんとに自分たちが好きな音楽をちゃんとやってるなと。僕らも同じバンドとして刺激を受けますね。そういう意味でも自分たちがなりたいバンド像に近づいていると思います。

-そして、今回は5枚目のアルバムになります。より自分たちのやりたいことを突き詰めることができました?

ホンギ:そうですね。いろんなメッセージや世界観を楽曲に込められましたし、アレンジも大人っぽくできたし、春にピッタリの曲もあります。

-それはTrack.2「Primavera」のことですよね?

ホンギ:そうです。

-これはTakaさんとの共作曲ですね。これはどういう流れで一緒にやることになったんですか?

ホンギ:普通に友達なんですよ。5年前に知り合って、"いつか一緒に曲を作ろう""一緒にライヴをやりたいね"という話をしてたんですよ。こういう音楽を作ろうという具体的な話は特にしていなくて、いつか一緒にやろうという軽いノリでした。

-このタイミングで一緒に作ることになった理由は?

ホンギ:リハーサル・スタジオが偶然一緒だったんですよ(笑)。じゃあ、今日作ろうかって。