MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FTISLAND

2015.05.12UPDATE

2015年05月号掲載

FTISLAND

メンバー:チェ・ジョンフン (Gt/Key) イ・ホンギ (Vo) イ・ジェジン (Ba/Vo)  チェ・ミンファン (Dr) ソン・スンヒョン (Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

-音源の話に戻しますけど、「DAYDREAMER」は明るい疾走感のある曲でストーリー性も備わってますね。

ホンギ:遊んでる曲ですね。

ジェジン:歌詞、メロディ、曲、すべてがストレートな感じがします。

ホンギ:普通に1日の生活を歌った曲なんですよ。僕らがやりたかった"自由"というイメージを入れたくて、それがうまくできたと思います。

ジェジン:他の曲は演奏が難しいし、力が入ってるけど、この曲は柔らかい曲調でシンプルだし、それもいいと思います。

-歌詞は働いている人たちに対する応援歌みたいな内容ですね。

ホンギ:はい、テーマを何にしようかと考えたときにカミングアウトみたいな内容にしたくて。毎日会社に通ってる人たちは決められた生活があり、毎日同じことの繰り返しみたいな生活を送ってる。でも1日ぐらい自分のやりたいことをやればいいじゃんって。会社員が会社をサボったり、学生なら学校をサボってみたり、極端に言うと、たまにはお酒を飲みながら仕事をしてもいいんじゃないって。普段は許されないことを夢見て、"そういう1日だったらいいのに"という気持ちを込めて書きました。

ジェジン:僕らも"そういう1日があったらいいなあ"と思ってるからだよね。

ミンファン:うん、そういう人たちに頑張って欲しいという気持ちがあるから。

-「Hourglass」はまた今作の中でも雰囲気が違いますね。とてもドラマティックな曲調です。

ホンギ:めっちゃいい曲だと思います。もともとこれがリード曲になる予定だったんですよ。僕らもすごく好きだし、自分たちらしい曲だなと。でも「Primavera」ができたときに、春らしさがあるこっちをリード曲にした方がベストだなと。「Hourglass」は早くライヴで歌いたい曲です。絶対盛り上がる曲だと思う。

-合唱系のコーラスも盛り込まれてアリーナ・ロック/スタジアム・ロックみたいな曲調ですね。

ミンファン:ああ、そうですね!

ホンギ:今回は一緒に歌える曲もあれば、一緒にロックできる曲もあるし、本当にいろんな曲があると思います。

-イントロのドラムはすごくパワフルですね。

ミンファン:あれは簡単です(笑)。この曲は自分にとって自信を持ってプレイできる得意分野ですからね。ジャズとかは苦手だけど、僕はロック・ドラマーですからね。こういう曲は今までにもあったものだけど、今後もやっていきたい曲調ですね。この曲をレコーディングしたときは楽しかった思い出しかないです。

ジェジン:ドラムで起承転結をつけたサウンドになってますからね。ドラムに始まり、ドラムに終わる曲ですね。

-それともう1曲、Takaさんとの共作曲「My Birthday」が収録されてますが、これはどういう過程でできたんですか?

ホンギ:これはTakaとサビの部分をずっと弾きながら、いろんなメロディを出し合ったんですよ。この曲はサビが1回しか出てこないので、アレンジを面白くしようと。歌詞は"自分の大事な人が遠くにいる"という設定で、その気持ちをどうアレンジで表現しようかなと。それでサビを1回だけにして、本当に言いたいことを何度も言おうと思ったんですよ。"I still, I love you I still, I love you"の歌詞を悲しく叫ぼうと。アレンジはTakaが任せてくれました。

-"Your Birthday"ではなく、"My Birthday"という曲名もポイントですね。

ホンギ:そうでしょ?"今日は僕の誕生日だけど、覚えてますか?"って。これはサムギョプサルを食べながら作りました(笑)。"My Birthday"というテーマで書いた曲はあまり聴いたことから、それがいいなと。突然、閃いたんですよ。

-切ないラヴ・ソングですね。

ホンギ:ほんとに大切な人を失った経験がある人にとっては、泣きそうになる曲かもしれない。悲しいラヴ・ソングです。

-では、最後に今作のツアーはどんなことを考えてますか?

ホンギ:遊ぶところは遊んで、リラックスできるところも作りたいですね。ゆっくりノれる場面もないと、僕らも大変だから(笑)。メリハリのあるパフォーマンスを見せたいですね。