MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FROM DAWN TO FALL

2015.05.19UPDATE

2015年05月号掲載

FROM DAWN TO FALL

メンバー:Johannes Herbst (Gt/Vo) 

インタビュアー:山本 真由

-ニュー・アルバム『Blvrs』(読み:ビリーバーズ)の完成、おめでとうございます!制作を振り返って、仕上がった作品にはどんな感想を持ちましたか?

ありがとう。今回の作品を誇りに思うし、日本でのリリースを楽しみにしているよ。レコーディングはバンドにとって大きな経験だったね。音楽的にも歌詞的にも、リスクを覚悟で冒険したんだけど、いい結果になったと思っているよ。

-ここ日本でも注目を浴びた前作『Rising』から約4年が経ちましたが、ここ数年の活動について教えてください。

2年ぐらい前に曲を書いていたんだけど、大体がツアー中で曲作りに100%かけられなかった。それでも何度も練り直して、自分たちがいいと思うまで作り込んだよ。前作も好きだけど同じ物は作りたくなかった。それこそがミュージシャンとしての成長だと思うからね。だから今作はとても重要だったんだ。

-前作は、ポップ・パンク色の強いアッパーな曲調の楽曲がメインでしたが、新作はガラッと雰囲気を変えて、やさしい曲調のエモ・ロック色が強いアルバムとなりましたね。この変化の背景には、何かきっかけや影響を受けたものがあったのでしょうか?

平凡になるのは嫌だった。また同じような物を作って満足はしたくないよね。ファンのみんなにも新作の新しいサウンドを一緒に感じて欲しかった。きっとそれは上手くいくよね。音楽はひとつのジャンルに留まり続けることなく、常に発展や進化をしていくべきだと思うんだ。

-前作ではイタリアのポップ・パンク・バンド、VANILLA SKYのDaniele(Brian Autore /Vo/Gt)がプロデュースを務めていましたが、今作はENTER SHIKARIやYOUNG GUNSのアルバムを手掛けているDan Wellerがプロデュースをしているようですね。彼を選んだ理由は?

彼は天才だよ。特にYOUNG GUNSやENTER SHIKARIの作品。それで連絡したら僕らのことにも興味を持ってくれたんだ。いい決断をしたと思っているよ。

-また、彼との制作はいかがでしたか?

新しい経験になったね。彼には多才な表現方法があって、僕らはいつも驚かされたよ。僕らの曲に新しい何かを吹き込んでくれたんだ。

-今作では、高い歌唱力が求められるスローな楽曲もあり、これまで以上に繊細なヴォーカルの魅力が引き立つ作品となりましたが、練習やレコーディングに苦労はありましたか?

ヴォーカル・パートが1番大変だったね。いつものことではあるけど、メッセージを伝えるためにちゃんとした表現をするべきだから。とても重要なことだよね。

-個人的には、エモーショナルでありながら力強さを感じるTrack.4「Feel」がお気に入りの楽曲なのですが、特にいち押しの楽曲はありますか?

バンドとしては決めるの難しいな。あれもこれもいいなってなるからね(笑)。あえて選ぶなら「Hymn」(Track.2)と「To The Deep」(Track.10)かな? あれはバンドの新しい側面が出ていると思うんだ。

-今作のテーマや一貫したコンセプトは、何かありますか?また、歌詞ではどのような内容を歌っているのでしょうか?

テーマは"自分自身と夢を信じろ"ということ。作品を通して、聴き手には音楽の旅へと誘い、その中で自分自身の夢と対峙して立ち上がって欲しいんだ。「You're Not Alone」(Track.1)一緒に立ち上がろうという気持が込められているし、前向きなメッセージを感じて欲しいんだ。だめだと思ったときでも決して諦めない、そういう気持さ。