MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

VILLES

2014.10.08UPDATE

2014年10月号掲載

VILLES

メンバー:Dominic Tan(Vo) Bryan Ulric(Vo/Gt) Harith Shah(Gt) Agung Anakagunggde(Ba)

インタビュアー:田村 公平

-はじめまして!激ロックです。初めての掲載となりますので、最初に自己紹介をお願いします。

Domimic(以下D):日本のみんな、こんにちは!ヴォーカルのDomimic、ベースのAgung、ギター・ヴォーカルのBrayan、それからギターのHarithでやってるシンガポールのVILLES(ヴィルズ)だよ。激ロックで初めて日本に向けてのインタビューをしてもらえて嬉しいよ。

-VILLESはまだ若いバンドですが、ざっと今までの共演バンドを調べてみると日本でも有名なバンドの名前がたくさん出てきました。ライヴ活動はかなり積極的に行っているのでしょうか?

D:そうだね、俺たちはラッキーだと思うよ。インドネシアでEYES SET TO KILL、マレーシアでMEMPHIPH MAY FIRE、フィリピンでISSUESと一緒にライヴできたことには本当に感謝しているよ。俺たちは2ヶ月前にオーストラリア・ツアーから帰ってきたところなんだけど、7本あったライヴのうち2本はオーストラリアのPREPARED LIKE A BRIDEと一緒だったんだけど、最高だったよ。それで彼らとはすごく仲良くなったんだけど、音楽も人間も最高なバンドさ。世界中で音楽を通じてたくさん友達ができて、彼らのおかげで今の俺たちがあると思っている。幸運な星の下に生まれたことに感謝しなきゃね。

-VILLESを始める前は各自他のバンド活動はしてらっしゃったのですか?

Bryan(以下B):Domimic以外はみんな前にバンドをやっていたよ。面白いことに俺たちはずっと友だちだったんだけど、彼がスクリームできることなんて全然知らなかったんだ。彼が叫べるって話を聞いたときは本当にびっくりしたんだから。HarithとAgungと俺はそれぞれポップ・パンクからデスコアまでみんな別のジャンルの音楽をやってたんだ。ちなみに、実は俺がギターを弾き始めたのはVILLESが初めてで、それまではドラムをしていたんだ。

-今回、日本でのリリースが決まりましたが、みなさんは日本に来たことはありますか?また、どのような印象をもっていますか?

B:俺たちはまだ誰も日本に行ったことがないんだよ。だから、俺たちの音楽に対する日本の反応が本当に楽しみなんだ。欧米でのアジア出身バンドに対する認知度がどんどん上がっているのは日本のバンドが頑張っているからだと思う。日本にはたくさん良いバンドがいて、個人的にはCRYSTAL LAKE、Crossfaith、Survive Said The Prophet、tricotが大好きだよ。日本のバンドのレベルの高さとプロ意識は、本当に尊敬しているし、憧れているところさ。

-すでに本国では発売済みのこの作品ですが、まわりの反響はいかがでしたでしょうか?

Harith(以下H):EPをリリースしたときのみんなの反応には正直びっくりしたよ。レコ発のライヴではオーストラリアからWE ARE THE EMERGENCYとマレーシアからI,REVIVALを招いてソールド・アウトのショウをすることができたんだ。シーン自体は決して大きいとはいえないし、いつも集まる顔ぶれも決まってる。でもそこで生まれてるユニティとか共存意識は本当に強くて、みんな心の底から音楽を愛し、一緒に歌ってくれるのは最高だよ。いつもみんなのおかげで俺たちがいると感謝してるよ。